Previous Next

Zend_XmlRpc_Server

導入

Zend_XmlRpc_Server は、完全な機能を有した XML-RPC サーバです。 »  www.xmlrpc.com で提示されている仕様 に準拠しています。 さらに system.multicall() メソッドを実装しており、 リクエストをまとめる (boxcarring of requests) ことができます。

基本的な使用法

もっとも基本的な使用例は次のとおりです。

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('My_Service_Class');
echo $server->handle();

サーバの構造

Zend_XmlRpc_Server はさまざまなコンポーネントで構成されています。 サーバ自身からリクエスト、レスポンス、fault オブジェクトなど広範囲に広がっています。

Zend_XmlRpc_Server を起動するには、 まずサーバにひとつ以上のクラスか関数をアタッチする必要があります。 アタッチするには setClass() メソッドおよび addFunction() メソッドを使用します。

起動させたら、次に Zend_XmlRpc_Request オブジェクトを Zend_XmlRpc_Server::handle() に渡します。 もし渡さなかった場合は、Zend_XmlRpc_Request_Http のインスタンスを作成して php://input からの入力を受け取ります。

Zend_XmlRpc_Server::handle() は、 リクエストメソッドに応じて適切なハンドラに処理を振り分けます。 そして、 Zend_XmlRpc_Response を継承したオブジェクトか Zend_XmlRpc_Server_Fault オブジェクトを返します。 これらのオブジェクトはどちらも __toString() メソッドを実装しており、妥当な XML-RPC XML レスポンスを直接出力することができます。

規約

Zend_XmlRpc_Server では、開発者が関数やクラスメソッドを XML-RPC メソッドとしてアタッチできるようになっています。 アタッチされるメソッドの情報は Zend_Server_Reflection を使用して取得し、関数やメソッドのコメントブロックから メソッドのヘルプ文とシグネチャを取得します。

XML-RPC の型は必ずしも PHP の型と一対一対応しているわけではありません。 しかし、@param や @return の行をもとに、できるだけ適切な型を推測しようとします。 XML-RPC の型の中には、直接対応する PHP の型がないものもありますが、 その場合は PHPDoc の中で XML-RPC の型のヒントを指定します。 たとえば次のような型が該当します。

  • dateTime.iso8601 ... 'YYYYMMDDTHH:mm:ss' 形式の文字列

  • base64 ... base64 エンコードされたデータ

  • struct ... 任意の連想配列

ヒントを指定するには、次のようにします。

/**
* これはサンプル関数です
*
* @param base64 $val1 Base64 エンコードされたデータ
* @param dateTime.iso8601 $val2 ISO 日付
* @param struct $val3 連想配列
* @return struct
*/
function myFunc($val1, $val2, $val3)
{
}

PhpDocumentor はパラメータや返り値の型を検証しません。 そのため、これが API ドキュメントに影響を及ぼすことはありません。 しかし、このヒントは必須です。メソッドがコールされた際に、 この情報をもとにサーバで検証を行うからです。

パラメータや返り値で複数の型を指定してもかまいません。 XML-RPC の仕様では、system.methodSignature は すべてのメソッドシグネチャ (すなわちパラメータと返り値の組み合わせ) の配列を返すことになっています。 複数指定する方法は、通常の PhpDocumentor の場合と同様に '|' 演算子を使用します。

/**
* This is a sample function
*
* @param string|base64 $val1 文字列あるいは base64 エンコードされたデータ
* @param string|dateTime.iso8601 $val2 文字列あるいは ISO 日付
* @param array|struct $val3 Normal 数値添字配列あるいは連想配列
* @return boolean|struct
*/
function myFunc($val1, $val2, $val3)
{
}

しかし、注意すべきことがあります。複数のシグネチャを定義すると、 それを利用する開発者を混乱させてしまいます。 一般論として、XML-RPC のメソッドは複数のシグネチャを持たないほうがいいでしょう。

名前空間の活用

XML-RPC には名前空間の概念があります。基本的に、これは 複数の XML-RPC メソッドをドット区切りの名前空間でまとめるものです。 これにより、さまざまなクラスで提供されるメソッド名の衝突を避けることができます。 例として、XML-RPC サーバは 'system' 名前空間でこれらのメソッドを提供することが期待されています。

  • system.listMethods

  • system.methodHelp

  • system.methodSignature

内部的には、これらは Zend_XmlRpc_Server の同名のメソッドに対応しています。

自分が提供するメソッドに名前空間を追加したい場合は、 関数やクラスをアタッチする際のメソッドで名前空間を指定します。

// My_Service_Class のパブリックメソッドは、すべて
// myservice.メソッド名 でアクセスできるようになります
$server->setClass('My_Service_Class', 'myservice');

// 関数 'somefunc' は funcs.somefunc としてアクセスするようにします
$server->addFunction('somefunc', 'funcs');

独自のリクエストオブジェクト

ほとんどの場合は、 Zend_XmlRpc_ServerZend_XmlRpc_Request_Http に含まれるデフォルトのリクエスト型を使用するでしょう。 しかし、XML-RPCCLIGUI 環境などで動かしたい場合もあるでしょうし、 リクエストの内容をログに記録したい場合もあるでしょう。 そのような場合には、Zend_XmlRpc_Request を継承した独自のリクエストオブジェクトを作成します。 注意すべき点は、 getMethod() メソッドと getParams() メソッドを必ず実装しなければならないということです。 これらは、XML-RPC サーバがリクエストを処理する際に必要となります。

独自のレスポンス

リクエストオブジェクトと同様、Zend_XmlRpc_Server は独自のレスポンスオブジェクトを返すこともできます。 デフォルトでは Zend_XmlRpc_Response_Http オブジェクトが返されます。 これは、XML-RPC で使用される適切な Content-Type HTTP ヘッダを送信します。独自のオブジェクトを使用する場面としては、 レスポンスをログに記録したり、 あるいはレスポンスを標準出力に返したりといったことが考えられます。

独自のレスポンスクラスを使用するには、 handle() をコールする前に Zend_XmlRpc_Server::setResponseClass() を使用します。

Fault による例外の処理

Zend_XmlRpc_Server は、配送先のメソッドで発生した例外を捕捉します。 例外を捕捉した場合は、XML-RPC の fault レスポンスを生成します。 しかし、デフォルトでは、例外メッセージとコードは fault レスポンスで用いられません。これは、 あなたのコードを守るための判断によるものです。 たいていの例外は、コードや環境に関する情報を必要以上にさらけ出してしまいます (わかりやすい例だと、データベースの抽象化レイヤの例外を想像してみてください)。

しかし、例外クラスをホワイトリストに登録することで、 fault レスポンス内で例外を使用することもできます。 そうするには、 Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException() を使用して例外クラスをホワイトリストに渡します。

Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException('My_Project_Exception');

他のプロジェクトの例外を継承した例外クラスを利用するのなら、 一連のクラス群を一度にホワイトリストに登録することもできます。 Zend_XmlRpc_Server_Exceptions は常にホワイトリストに登録されており、 固有の内部エラー (メソッドが未定義であるなど) を報告することができます。

ホワイトリストに登録されていない例外が発生した場合は、 コード '404'、メッセージ 'Unknown error' の falut レスポンスを生成します。

リクエスト間でのサーバ定義のキャッシュ

たくさんのクラスを XML-RPC サーバインスタンスにアタッチすると、 リソースを大量に消費してしまいます。各クラスを調べるために リフレクション API を (Zend_Server_Reflection 経由で) 使用する必要があり、 使用できるすべてのメソッドのシグネチャをサーバクラスに提供します。

使用するリソースの量を軽減するために、Zend_XmlRpc_Server_Cache を用いてリクエスト間でサーバ定義をキャッシュすることができます。 __autoload() と組み合わせることで、これはパフォーマンスを劇的に向上させます。

使用例は次のようになります。

function __autoload($class)
{
    Zend_Loader::loadClass($class);
}

$cacheFile = dirname(__FILE__) . '/xmlrpc.cache';
$server = new Zend_XmlRpc_Server();

if (!Zend_XmlRpc_Server_Cache::get($cacheFile, $server)) {
    require_once 'My/Services/Glue.php';
    require_once 'My/Services/Paste.php';
    require_once 'My/Services/Tape.php';

    $server->setClass('My_Services_Glue', 'glue');   // glue. 名前空間
    $server->setClass('My_Services_Paste', 'paste'); // paste. 名前空間
    $server->setClass('My_Services_Tape', 'tape');   // tape. 名前空間

    Zend_XmlRpc_Server_Cache::save($cacheFile, $server);
}

echo $server->handle();

この例では、スクリプトと同じディレクトリにある xmlrpc.cache からサーバの定義を取得しようとします。取得できなかった場合は、 必要なサービスクラスを読み込み、 それをサーバのインスタンスにアタッチし、 そしてその定義を新しいキャッシュファイルに記録します。

使用例

以下のいくつかの使用例で、開発者が使用できるオプションを説明します。 各使用例は、それまでに紹介した例に追加していく形式になります。

基本的な使用法

次の例は関数を XML-RPC メソッドとしてアタッチし、 受け取ったコールを処理します。

/**
 * 値の MD5 sum を返します
 *
 * @param string $value md5sum を計算する値
 * @return string 値の MD5 sum
 */
function md5Value($value)
{
    return md5($value);
}

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->addFunction('md5Value');
echo $server->handle();

クラスのアタッチ

次の例は、クラスのパブリックメソッドを XML-RPC メソッドとしてアタッチします。

require_once 'Services/Comb.php';

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('Services_Comb');
echo $server->handle();

名前空間を用いた複数のクラスのアタッチ

次の例は、複数のクラスをそれぞれの名前空間でアタッチします。

require_once 'Services/Comb.php';
require_once 'Services/Brush.php';
require_once 'Services/Pick.php';

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('Services_Comb', 'comb');   // メソッドをコールするには comb.* とします
$server->setClass('Services_Brush', 'brush'); // メソッドをコールするには brush.* とします
$server->setClass('Services_Pick', 'pick');   // メソッドをコールするには pick.* とします
echo $server->handle();

fault レスポンス用に使用する例外の指定

次の例は、Services_Exception の派生クラスに対して そのコードとメッセージを falut レスポンスで報告させるようにします。

require_once 'Services/Exception.php';
require_once 'Services/Comb.php';
require_once 'Services/Brush.php';
require_once 'Services/Pick.php';

// Services_Exceptions を fault レスポンスで報告させるようにします
Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException('Services_Exception');

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('Services_Comb', 'comb');   // メソッドをコールするには comb.* とします
$server->setClass('Services_Brush', 'brush'); // メソッドをコールするには brush.* とします
$server->setClass('Services_Pick', 'pick');   // メソッドをコールするには pick.* とします
echo $server->handle();

独自のリクエストオブジェクトの利用

次の例は、独自のリクエストオブジェクトを作成し、 それをサーバに渡して処理します。

require_once 'Services/Request.php';
require_once 'Services/Exception.php';
require_once 'Services/Comb.php';
require_once 'Services/Brush.php';
require_once 'Services/Pick.php';

// Services_Exceptions を fault レスポンスで報告させるようにします
Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException('Services_Exception');

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('Services_Comb', 'comb');   // メソッドをコールするには comb.* とします
$server->setClass('Services_Brush', 'brush'); // メソッドをコールするには brush.* とします
$server->setClass('Services_Pick', 'pick');   // メソッドをコールするには pick.* とします

// リクエストオブジェクトを作成します
$request = new Services_Request();

echo $server->handle($request);

独自のレスポンスオブジェクトの利用

次の例は、独自のレスポンスクラスを作成し、 それをレスポンスとして返します。

require_once 'Services/Request.php';
require_once 'Services/Response.php';
require_once 'Services/Exception.php';
require_once 'Services/Comb.php';
require_once 'Services/Brush.php';
require_once 'Services/Pick.php';

// Services_Exceptions を fault レスポンスで報告させるようにします
Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException('Services_Exception');

$server = new Zend_XmlRpc_Server();
$server->setClass('Services_Comb', 'comb');   // メソッドをコールするには comb.* とします
$server->setClass('Services_Brush', 'brush'); // メソッドをコールするには brush.* とします
$server->setClass('Services_Pick', 'pick');   // メソッドをコールするには pick.* とします

// リクエストオブジェクトを作成します
$request = new Services_Request();

// 独自のレスポンスを使用します
$server->setResponseClass('Services_Response');

echo $server->handle($request);

リクエスト間でのサーバ定義のキャッシュ

次の例は、リクエスト間でサーバ定義をキャッシュします。

// キャッシュファイルを指定します
$cacheFile = dirname(__FILE__) . '/xmlrpc.cache';

// Services_Exceptions を fault レスポンスで報告させるようにします
Zend_XmlRpc_Server_Fault::attachFaultException('Services_Exception');

$server = new Zend_XmlRpc_Server();

// サーバ定義をキャッシュから取得しようとします
if (!Zend_XmlRpc_Server_Cache::get($cacheFile, $server)) {
    $server->setClass('Services_Comb', 'comb');   // メソッドをコールするには comb.* とします
    $server->setClass('Services_Brush', 'brush'); // メソッドをコールするには brush.* とします
    $server->setClass('Services_Pick', 'pick');   // メソッドをコールするには pick.* とします

    // キャッシュに保存します
    Zend_XmlRpc_Server_Cache::save($cacheFile, $server);
}

// リクエストオブジェクトを作成します
$request = new Services_Request();

// 独自のレスポンスを使用します
$server->setResponseClass('Services_Response');

echo $server->handle($request);
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Db_Table_Definition
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
前バージョンからの移行
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
前バージョンからの移行
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Migrating from Previous Versions
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Test_PHPUnit_Db
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend Toolプロジェクトプロバイダー
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Documentation Standard
Overview
Documentation File Formatting
Recommendations
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報