Previous Next

WSDLアクセッサ

Note:

WSDL文書による操作を行なうために、 内部的にZend_Soap_ServerコンポーネントによってZend_Soap_Wsdlが使われます。 それでも、このクラスにより提供される機能を独自の必要性によって使うこともできます。 Zend_Soap_Wsdlパッケージは、パーサーとWSDL文書のビルダーを含みます。

あなたに使う予定がなければ、この節を読み飛ばすことができます。

Zend_Soap_Wsdlコンストラクタ

Zend_Soap_Wsdlコンストラクタは3つのパラメータをとります:

  1. $name - 記述されたウェブサービスの名前。
  2. $uri - WSDLが利用できるURI (ファイルシステムのファイルへのリファレンスでも可)
  3. $strategy - 複雑な型(オブジェクト)を検出する方策を 識別するために用いられるオプションのフラグです。 これはバージョン1.7以前はブール値 $extractComplexTypesでしたが、 後方互換性のためにまだブール値として設定できます。 デフォルトで、1.6の検出動作が設定されます。 複雑な型の検出の方策について詳しくは、この節をご覧下さい: 複雑な型の情報を追加する

addMessage()メソッド

addMessage($name, $parts)メソッドは、新しいメッセージの説明をWSDL文書に加えます。 (/definitions/message 要素)

Zend_Soap_ServerおよびZend_Soap_Clientの機能に関して、 各々のメッセージはメソッドと対応します。

$nameパラメータはメッセージの名前を示します。

$partsパラメータはSOAP呼び出しパラメータを表すメッセージ部分の配列です。 それは連想配列です: 'part name' (SOAP呼び出しパラメータ名) => 'part type'.

型マッピングの管理はaddTypes()addTypes()、 およびaddComplexType()メソッド(下記参照)を用いて実行されます。

Note:

メッセージ部分は 'element' または 'type' 属性を型決定のために使います。 (http://www.w3.org/TR/wsdl#_messagesをご覧ください).

'element' 属性は、データ型定義の対応する要素を参照しなければなりません。 'type' 属性は、対応するcomplexType項目を参照します。

標準XSD型のすべてで 'element' および 'complexType' 定義の両方があります。 (http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/参照)

Zend_Soap_Wsdl::addComplexType()メソッドを用いて追加されるであろう、 標準ではない型のすべてがWSDL文書の '/definitions/types/schema/' セクションの 'complexType' ノードで記述されます。

そしてaddMessage()メソッドは型を表現するために、 常に 'type' 属性を使います。

addPortType()メソッド

addPortType($name)メソッドは指定されたポートタイプ名で WSDL文書 (/definitions/portType) に新規のポートタイプを追加します。

Zend_Soap_Serverの実装に関して定義されるウェブサービスメソッドのセットと結びつきます。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_porttypesをご覧ください。

addPortOperation()メソッド

addPortOperation($portType, $name, $input = false, $output = false, $fault = false) メソッドは、新しいポート・オペレーションをWSDL文書 (/definitions/portType/operation) の 指定されたポート・タイプに加えます。

各々のポート・オペレーションはZend_Soap_Server実装では、 クラス・メソッド(ウェブサービスがクラスに基づくならば) または関数(ウェブサービスがメソッドセットに基づくならば)に対応します。

それも、指定されたパラメータ、$input$outputおよび$faultに従って、 対応するポート・オペレーション・メッセージを加えます。

Note:

Zend_Soap_Serverクラスに基づいてサービスを記述するために、 Zend_Soap_Serverコンポーネントは各々のポート・オペレーションのために2つのメッセージを生成します:

  • $methodName . 'Request'という名前で入力メッセージ。

  • $methodName . 'Response'という名前で出力メッセージ。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_request-responseをご覧ください。

addBinding()メソッド

addBinding($name, $portType)メソッドは、新しいバインディングをWSDL文書 (/definitions/binding) に加えます。

'binding' WSDL文書ノードでは、 メッセージ形式と特定のportTypeによって定義されるオペレーションとメッセージに関するプロトコル詳細を定義します。 (http://www.w3.org/TR/wsdl#_bindingsをご覧ください)

メソッドはバインディング・ノードをつくって、それを返します。 それから、実際のデータで満たすために使われるかもしれません。

Zend_Soap_Serverの実装ではWSDL文書の 'binding' 要素のために$serviceName . 'Binding' の名前が使われます。

addBindingOperation()メソッド

addBindingOperation($binding, $name, $input = false, $output = false, $fault = false) メソッドはバインディング要素 (/definitions/binding/operation) に指定された名前で操作を追加します。

指定されたパラメータに従って、 入力・出力・false値を持つ 'operation' 要素を加えるために、 入力($bindingパラメータ)としてaddBinding()によって返される XML_Tree_Nodeオブジェクトをそのメソッドは取得します。

Zend_Soap_Serverの実装で、 'soap:body' 要素を '<soap:body use="encoded" encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"/> として定義している入出力エントリで、 ウェブサービス・メソッドごとに対応するバインディング・エントリを加えます。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_bindingsをご覧ください。

addSoapBinding()メソッド

addSoapBinding($binding, $style = 'document', $transport = 'http://schemas.xmlsoap.org/soap/http') メソッドは、指定されたスタイルとトランスポート(Zend_Soap_Serverの実装では、HTTPについてRPCスタイルを使用します)で SOAPバインディング項目 ('soap:binding') をバインディング要素(それは、あるポートタイプにすでにリンクされます)に追加します。

'/definitions/binding/soap:binding' 要素は、 バインディングがSOAPプロトコル形式に束縛されることを示すのに用いられます。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_bindingsをご覧ください。

addSoapOperation()メソッド

addSoapOperation($binding, $soap_action)メソッドは、 SOAP操作項目 ('soap:operation') を指定されたアクションでバインディング要素に加えます。 'soap:operation' 要素の 'style' 属性は、(RPC指向か文書指向の)プログラミング・モデルが addSoapBinding()メソッドを使用しているかもしれないので使われません。

'/definitions/binding/soap:operation' 要素の 'soapAction' 属性は、 この操作のためにSOAPActionヘッダの値を指定します。 この属性はHTTPを通じたSOAPで必須です。 他のトランスポートのために指定してはいけません

Zend_Soap_Serverの実装では、SOAP操作アクション名のために $serviceUri . '#' . $methodNameを使います。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_soap:operationをご覧ください。

addService()メソッド

addService($name, $port_name, $binding, $location)メソッドは 指定したウェブサービス名やポートタイプ及びバインディング、ロケーションとともに WSDL文書に '/definitions/service' 要素を追加します。

WSDL 1.1では、サービスごとにいくつかのポートタイプ(操作のセット)を持つことができます。 この能力はZend_Soap_Serverの実装では使われず、 Zend_Soap_Wsdlクラスでサポートされません。

Zend_Soap_Serverの実装に使用します:

  • ウェブサービス名として$name . 'Service'

  • ポートタイプ名として$name . 'Port'

  • バインディング名として'tns:' . $name . 'Binding' [1] 'tns:' namespace'http://' .$_SERVER['HTTP_HOST'] . $_SERVER['SCRIPT_NAME']

  • クラスを使うウェブサービスの定義のためのサービスURIとしてスクリプトのURI [2]'http://' .$_SERVER['HTTP_HOST'] . $_SERVER['SCRIPT_NAME']

$nameがクラスを使うウェブサービス定義モードのためのクラス名と 関数のセットを使うウェブサービス定義モードのためのスクリプト名前であるところ。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_servicesをご覧ください。

型のマッピング

Zend_Soap WSDLアクセッサの実装では、PHPとSOAP型の間で以下の型マッピングを使用します:

  • PHP文字列 <-> xsd:string

  • PHP integer <-> xsd:int

  • PHP floatおよびdouble値 <-> xsd:float

  • PHPブール値 <-> xsd:boolean

  • PHP配列 <-> soap-enc:Array

  • PHPオブジェクト <-> xsd:struct

  • PHPクラス <-> 複雑な型のストラテジーに基づいた (複雑な型の情報を追加する参照) [3] Zend_Soap_WsdlZend_Soap_Wsdl_Strategy_DefaultComplexTypeZend_Soap_Wsdl_Strategy_Interface$extractComplexTypeZend_Soap_Wsdl_Strategy_DefaultComplexTypeZend_Soap_Wsdl_Strategy_AnyType

  • PHP void <-> 空の型

  • なんらかの理由でこれらの型のいずれとも型が一致しなければ、xsd:anyTypeが使われます。

xsd: が "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" ネームスペースであるところでは、 soap-enc: は "http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" ネームスペースで、 tns: はサービスのための "target namespace" です。

型情報の取得

getType($type)メソッドは、指定されたPHP型をマップするために用いられるかもしれません:

...
$wsdl = new Zend_Soap_Wsdl('My_Web_Service', $myWebServiceUri);

...
$soapIntType = $wsdl->getType('int');

...
class MyClass {
    ...
}
...
$soapMyClassType = $wsdl->getType('MyClass');

複雑な型の情報を追加する

addComplexType($type)メソッドは、 複雑な型(PHPクラス)をWSDL文書に追加するために使われます。

メソッド・パラメータの対応する複雑な型を追加するか、型を返すために、 getType()メソッドによってそれは自動的に使われます。

その検出とビルドのアルゴリズムは、複雑な型に対して現在実装中の検出ストラテジーに基づきます。 文字列でのクラス名指定、 または、コンストラクタの第3パラメータとしてZend_Soap_Wsdl_Strategy_Interfaceを実装したインスタンス、 または、Zend_Soap_WsdlのsetComplexTypeStrategy($strategy)関数の利用のいずれかにより、 検出ストラテジーを設定できます。 以下の検出ストラテジーが、現在存在します:

  • クラスZend_Soap_Wsdl_Strategy_DefaultComplexType: デフォルトで許可されます(第3のコンストラクタ・パラメータが設定されないとき)。 クラス型の public 属性項目を反復して、 複雑なオブジェクト型のサブタイプとして登録します。

  • クラスZend_Soap_Wsdl_Strategy_AnyType: 単純なXSD型 xsd:anyType に、すべての複雑な型を投げます。 複雑な型検出のこのショートカットが PHPのような型検査の弱い言語により、うまく取り扱われるかどうか注意してください。

  • クラスZend_Soap_Wsdl_Strategy_ArrayOfTypeSequence: このストラテジーにより、以下のようにタイプの戻りパラメータを指定できます: int[]またはstring[]. Zend Framework バージョン 1.9 以降、 それは単純なPHP型(例えばint)、文字列、ブール値、floatなどを取り扱えるばかりではなく、 オブジェクトおよびオブジェクトの配列も指定できます。

  • クラスZend_Soap_Wsdl_Strategy_ArrayOfTypeComplex: このストラテジーにより、非常に複雑な多数のオブジェクトを見つけることができます。 オブジェクト型はZend_Soap_Wsdl_Strategy_DefaultComplexTypeに基づいて 検出されます。配列はその定義の周囲を包まれます。

  • クラスZend_Soap_Wsdl_Strategy_Composite: このストラテジーは、connectTypeToStrategy($type, $strategy)メソッドを通じて 希望するストラテジーにPHPの複雑な型(クラス名)を接続することによって、 すべてのストラテジーを結合することができます。 完全なタイプマップを、$type -> $strategy のペアを持つ配列として コンストラクタに与えられます。 もし未知の型の追加が必要であれば、第2パラメータで使われるデフォルト・ストラテジーを指定します。 このパラメータのデフォルトは、Zend_Soap_Wsdl_Strategy_DefaultComplexTypeです。

addComplexType()メソッドは、指定されたPHPクラスの名前で、 記述された複雑な型ごとに '/definitions/types/xsd:schema/xsd:complexType' 要素を生成します。

クラスのプロパティは、プロパティをWSDL記述にインクルードしておくために、記述されたPHP型でdocblock部を持っていなければなりません

addComplexType()は型がWSDL文書の型セクションの範囲内ですでに記述されるかどうか調べます。

このメソッドが型定義部で2回以上再帰で呼ばれると、それは重複を防ぎます。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_typesをご覧ください。

addDocumentation()メソッド

addDocumentation($input_node, $documentation)メソッドは、 オプションの 'wsdl:document' 要素を用いて人間の読める文書を追加します。

'/definitions/binding/soap:binding' 要素は、 バインディングがSOAPプロトコル構成にバインドされることを示すために使われます。

詳しくはhttp://www.w3.org/TR/wsdl#_documentationをご覧ください。

確定したWSDL文書を取得

toXML()toDomDocument()およびdump($filename = false)メソッドは、 WSDL文書をXMLやDOMの構造もしくはファイルとして取得するために使われるかもしれません。

WSDL文書をパース

Zend_Soap_WsdlはSOAPウェブサービス(クライアントとサーバー)をユニットテストおよびコード生成する際に、 その主要なアプリケーションがあるWSDL文書のためのパーサーも有します。 下記にどのようにパーサーを使うか例を示します:

// WSDLをDOMDocumentに読み込み
$dom = new DOMDocument();
$dom->loadXML($wsdlString);

// パーサ作成
$parser = Zend_Soap_Wsdl_Parser::factory($dom);
$result = $parser->parse();

// ウェブサービス名
echo $result->getName();

// 接続ポートと内部要素
foreach($result->ports AS $port) {
    echo $port->getName();
    foreach($port->bindings AS $binding) {
        echo $binding->getName();

        foreach($binding->operations AS $operation) {
            echo $operation->getName();
            echo $operation->inputMessage->getName();
            echo $operation->outputMessage->getName();
        }
    }
}
// あなたはバインディング、メッセージ、
// 操作および他の要素に直接アクセスすることもできます。
foreach($result->operations AS $operation) {
    // 処理
}
foreach($result->bindings AS $binding {
    // 処理
}
foreach($result->messages AS $message) {
    // 処理
}
foreach($result->services AS $service) {
    // 処理
}
foreach($result->types AS $type) {
    // 処理
}

それぞれの要素および文書を一意に識別する getName()およびgetDocumentation()関数を代理する インターフェースZend_Soap_Wsdl_Element_Interfaceをすべての要素は実装します。 すべての要素はより詳細な状態を示す public プロパティーを持ち、 さらに簡単に反復してアクセスできる入れ子の依存関係も有します。

[1]はスクリプトのURI () として定義されます。
[3] デフォルトで、は複雑な型のための検出アルゴリズムとして クラスで生成されます。 AutoDiscoverコンストラクタの最初のパラメータは、 を実装した、 どんな複雑な型ストラテジーでも、クラスの名前を持つ文字列でもとります。 との後方互換性のために、 ブール変数は、以下の方法で解析されます: もしtrueなら、、 もしfalseなら、。
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Db_Table_Definition
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
前バージョンからの移行
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
前バージョンからの移行
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Migrating from Previous Versions
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Test_PHPUnit_Db
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend Toolプロジェクトプロバイダー
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Documentation Standard
Overview
Documentation File Formatting
Recommendations
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報