Previous Next

導入

Zend_View は、モデル - ビュー - コントローラ パターンにおける 「ビュー」として働くクラスです。 ビューのスクリプトを、モデルおよびコントローラから分離するために存在します。 このクラスでは、 ヘルパーシステム、出力のフィルタリングおよび変数のエスケープ機能を提供します。

Zend_View は、テンプレートシステムに対しては特にこだわりはありません。 テンプレート言語として PHP を使用するか、 あるいは他のテンプレートエンジンのインスタンスを作成して、 それをビュースクリプトの中で操作することができます。

基本的に、Zend_View を使用する際には 2 つの段階をとることになります。 1. コントローラスクリプトが Zend_View のインスタンスを作成し、 そのインスタンスに変数を代入します。 2. コントローラが Zend_View に対して適切なビューをレンダリングするように指示し、 それによってコントローラがビュースクリプトを制御します。 そこでビューの出力が作成されます。

コントローラスクリプト

単純な例として、本の一覧を扱うコントローラがあることにしましょう。 そのデータをビューに表示することを考えます。 コントローラスクリプトは、おそらくこのようになるでしょう。

// 本の著者およびタイトルを取得するためにモデルを使用します
$data = array(
    array(
        'author' => 'Hernando de Soto',
        'title' => 'The Mystery of Capitalism'
    ),
    array(
        'author' => 'Henry Hazlitt',
        'title' => 'Economics in One Lesson'
    ),
    array(
        'author' => 'Milton Friedman',
        'title' => 'Free to Choose'
    )
);

// 本のデータを Zend_View インスタンスに代入します
Zend_Loader::loadClass('Zend_View');
$view = new Zend_View();
$view->books = $data;

// "booklist.php" というビュースクリプトをレンダリングします
echo $view->render('booklist.php');

ビュースクリプト

次に必要なのは、関連付けるビュースクリプト "booklist.php" です。 これは一般的な PHP スクリプトと同じですが、ひとつだけ違いがあります。 Zend_View インスタンスのスコープで実行されるということです。 つまり $this への参照は、Zend_View のインスタンスのプロパティやメソッドを指すことになるのです (コントローラによってインスタンスに代入された変数は、 Zend_View インスタンスの public プロパティとなります)。 したがって、基本的なビュースクリプトはこのようになります。

if ($this->books): ?>

    
    books as $key => $val): ?>
        
著者 タイトル
escape($val['author']) ?> escape($val['title']) ?>

表示する本がありません。

変数の出力時に、"escape()" メソッドでエスケープ処理をしていることに注意しましょう。

オプション

Zend_View のオプションを設定すると、 ビュースクリプトの振る舞いを変更することができます。

  • basePath は スクリプトやヘルパー、そしてフィルタを配置する基底パスを指定します。 次のようなディレクトリ構成を想定しています。

    base/path/
        helpers/
        filters/
        scripts/

    これを設定するには setBasePath()addBasePath()、あるいはコンストラクタのオプション basePath を使用します。

  • encodinghtmlentities()htmlspecialchars() などで使用する文字エンコーディングを表します。 デフォルトは ISO-8859-1 (latin1) です。 setEncoding() か、コンストラクタのオプション encoding で設定します。

  • escapeescape() で使用するコールバックを表します。setEscape() か、コンストラクタのオプション escape で設定します。

  • filter は、ビュースクリプトをレンダリングした後で使用するフィルタを表します。 setFilter()addFilter()、 あるいはコンストラクタのオプション filter で設定します。

  • strictVars: は、初期化していない変数に Zend_View からアクセスしようとした際に notice や warning を発生させるようにします。 strictVars(true) か、あるいはコンストラクタのオプション strictVars で設定します。

ビュースクリプトでの短いタグ

我々が用意する例やドキュメントでは、PHP の短いタグ <?<?= を用いています。 さらに、»  制御構造に関する別の構文 も使用しています。 これらはビュースクリプトを書く際に便利なものです。 より簡潔に書くことができ、文を 1 行にまとめられるからです。

多くの開発者は、可搬性などを考慮して完全なタグの使用を好むと言われています。 実際、php.ini.recommended ファイルでは short_open_tag が無効になっていますし、 ビュースクリプト内で XML のテンプレートを使用する場合など、 短い形式の開始タグは検証エラーの元となります。

さらに、もし短いタグが使用できない設定のときに短いタグを使用してしまうと、 ビュースクリプトでエラーが発生したり コードの内容がユーザに丸見えになってしまったりします。

後者の場合のように「短いタグを使いたいけれど設定でそれが無効になっている」 場合は、次のいずれかの方法を使用します。

  • 短いタグを、.htaccess ファイルで有効にします。

    php_value "short_open_tag" "on"

    これは、.htaccess ファイルの作成と使用を許可されている場合にのみ可能です。 この項目は、httpd.conf ファイルに記述することもできます。

  • オプションのストリームラッパーを有効にして、 短いタグを逐次長いタグに変換します。

    $view->setUseStreamWrapper(true);

    これは、Zend_View_Stream をビュースクリプトのストリームラッパーとして登録します。 そして、まるで短いタグが有効になっているかのようにコードを動作させることができます。

Note: ビューストリームラッパーによるパフォーマンスの低下

ストリームラッパーを使用すると、アプリケーションのパフォーマンスは おそらく 低下するでしょう。 しかし、実際のところどれくらい低下するのかについては はっきりと数値化することはできません。 短いタグを有効にしてしまうか、 スクリプトを書き換えてすべて完全なタグにしてしまう、 あるいはコンテンツのキャッシュをうまく行うなどの対策を推奨します。

ユーティリティメソッド

通常は、assign()render()、 あるいはフィルタ、ヘルパー、スクリプトのパス用の設定メソッドだけで十分事足りるでしょう。 しかし、Zend_View を独自に拡張したい場合や その内部にアクセスしたい場合のために、さらにいくつかのメソッドを用意しています。

  • getVars() は、設定されているすべての変数を返します。

  • clearVars() は、すべての変数の値を消去します。 ビュースクリプトを再利用する際に、 これまで使用していた変数を残しておきたいときなどに便利です。

  • getScriptPath($script) は、指定したビュースクリプトのパスを取得します。

  • getScriptPaths() は、登録されているすべてのスクリプトパスを取得します。 script paths.

  • getHelperPath($helper) は、指定したヘルパークラスのパスを取得します。

  • getHelperPaths() は、登録されているすべてのヘルパーパスを取得します。

  • getFilterPath($filter) は、指定したフィルタクラスのパスを取得します。

  • getFilterPaths() は、登録されているすべてのフィルタパスを取得します。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application Quick Start
Theory of Operation
Examples
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
Introduction
画面
Containers
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2: Regions and Availability Zones
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
Introduction
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
Introduction
Using the CLI Tool
Architecture
Creating Providers to use with Zend_Tool_Framework
Shipped System Providers
Zend_Tool_Project
Zend_Tool_Project導入
Create A Project
Zend Tool Project Providers
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報