Previous Next

導入

Zend_TimeSync は、インターネット時刻 あるいはネットワーク時刻をタイムサーバから取得するものです。 プロトコルとして NTP あるいは SNTP を使用します。 Zend_TimeSync を使用すれば、 Zend Framework が稼動しているサーバの時刻設定を気にせずに動作させられるようになります。

サーバの実際の時刻とは独立した立場でいるために、 Zend_TimeSync は内部的に NTP や SNTP 経由の実際の時刻とサーバの時刻との差を考慮して動作します。

Note: 背景

Zend_TimeSync はサーバの時刻を変更することはできません。 しかし、実際の時刻とサーバの時刻との差を表す Zend_Date のインスタンスを返します。

なぜ Zend_TimeSync ?

いったいなぜ Zend_TimeSync を使うのでしょう?

複数のサーバで運用されている環境では、通常はタイムサーバを用いて 各サーバの時刻を同期させていることでしょう。 そのようなごく普通の環境なら、必ずしも Zend_TimeSync を使う必要はありません。 しかし、タイムサーバを使用できない環境であったり そのようなサービスを実行する権限がなかったりする場合などには便利です。

Zend_TimeSync の使用に適した例をいくつかあげてみます。

  • タイムサービスのないサーバ

    アプリケーションを動作させているサーバ上でタイムサービスが稼動していない場合は、 アプリケーション内で Zend_TimeSync を実装するとよいでしょう。

  • 独立したデータベースサーバ

    データベースが別のサーバ上で動作しており、 そのサーバとアプリケーションサーバが NTPSNTP で接続されていない場合、 データベースにタイムスタンプを格納しようとすると問題が発生する可能性があります。

  • 複数サーバ環境

    アプリケーションが複数サーバ環境で動作しており、 サーバ間の時刻が同期していない場合、 あるサーバで実行したアプリケーションと 別のサーバで実行したアプリケーションの間で問題が発生する可能性があります。

  • バッチ処理

    バッチファイルやコマンドラインアプリケーションで タイムサービスを使用したい場合、Zend_TimeSync が使えるでしょう。

これらのすべての場合について Zend_TimeSync は最適なソリューションであり、 サーバ上で何らかのサービスを実行することができない場合にも使用できます。

NTP とは?

Network Time Protocol (NTP) は、ネットワーク上のパケット交換によってコンピュータシステムの時刻を同期させるプロトコルです。 NTP は UDP ポート 123 を使用します。このプロトコルについての詳細は » wikipedia の記事 (» 日本語) を参照ください。

SNTP とは?

Simple Network Time Protocol (SNTP) は、ネットワーク上のパケット交換によってコンピュータシステムの時刻を同期させるプロトコルです。 SNTP は UDP ポート 37 を使用します。NTP プロトコルに似ていますが、よりシンプルです。

問題のある使用法

Zend_TimeSync を使用する際は、 時刻同期の仕組みやウェブ自体の仕組みを考慮するようにしましょう。 問題を回避する方法についてここで説明するので、 Zend_TimeSync を使う前に熟読しておきましょう。

どのサーバを使用するか

どのタイムサーバを使用するかは注意して決めなければいけません。 これには、次のような理由があります。

  • 距離

    アプリケーションが稼動しているサーバと 使用するタイムサーバの距離です。 ヨーロッパにあるサーバで動作させているのにタヒチのタイムサーバを使用するなんて意味がありません。 常に近場のサーバを選択するようにしましょう。 これにより、リクエストの時間とネットワーク負荷を軽減させることができます。

  • 速度

    リクエストが処理されるまでの所要時間も重要です。 いくつかのサーバを試し、いちばんよい結果を得られるサーバを見つけましょう。 到達できない場所にあるサーバにリクエストを送ったりしたら、 無駄に時間をロスしてしまうことになります。

  • 負荷分散

    同じサーバを使い続けないようにしましょう。 あまり頻繁に使用し続けると、タイムサーバからリクエストを遮断されてしまうことがあります。 ひとつのアプリケーションでタイムサーバを頻繁に使用するのなら、 ひとつのタイムサーバだけを使うのではなく 後で説明するような (プールを使用する) 方法を使用しましょう。

どうやってタイムサーバを見つけたらいいのでしょう? 一般には、どのタイムサーバでも使用することができます。 LAN 内にあるものであってもかまいませんし、 公開されているタイムサーバを使用してもかまいません。 公開されているタイムサーバを使用する場合は、サーバプールを使用しましょう。 サーバプールは、公開されているタイムサーバのアドレスをまとめたもので、 そこにリクエストを送るとプール内のアドレスをランダムに取得することができます。 これを使用すれば、リクエストを分散させることができます。 公開サーバプールは各地域ごとに用意されているので、 上に挙げたようなような問題が発生することもありません。

まずは » pool.ntp.org で一番近いサーバプールを見つけましょう。たとえばサーバがドイツ国内にあるのなら 0.europe.pool.ntp.org を使用することになるでしょう。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application Quick Start
Theory of Operation
Examples
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
Introduction
画面
Containers
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2: Regions and Availability Zones
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
Introduction
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
Introduction
Using the CLI Tool
Architecture
Creating Providers to use with Zend_Tool_Framework
Shipped System Providers
Zend_Tool_Project
Zend_Tool_Project導入
Create A Project
Zend Tool Project Providers
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報