Previous Next

日付および時刻の扱い

Zend_Locale_Format では、日付や時刻を扱うためのメソッドを提供しています。 これらを使用して、さまざまなロケールのさまざまな書式間での変換や正規化を行います。 日付データや Zend_Date がサポートする、さまざまな標準書式や地域化された日付書式 を満たす日付文字列の操作には Zend_Date を使用します。 既存の定義済み書式を使用すると、「十分にテストされたコードが使用できる」 「(一般的な使用法に従う限り) 可搬性や相互運用性を保証できる」といった利点があります。 以下の例は、ここで推奨した内容に従っていません。しかし、 非標準の書式を使用することで、これらの例は不必要にわかりにくくなってしまっています。

日付および時刻の正規化

getDate() メソッドは、地域化された書式の日付を含む文字列をパースします。 結果は構造化された配列で返されます。この配列のキーが、日付の各部分を表します。 さらに、この配列には 'date_format' というキーがあり、 入力日付文字列をパースする際に使用する書式文字列がここに含まれます。 地域化された日付文字列が日付/時刻のすべての要素を含んでいるとは限らないので、 配列のすべてのキーが存在するとは限りません。 たとえば年月日のみが指定された場合は、時刻に関する情報は配列から取り除かれます。 逆に時分秒のみが指定された場合も同様です。 入力に日付や時刻が含まれない場合は、例外がスローされます。

setOption(array('fix_date' => true)) が設定されると、 getDate() メソッドは 'fixed' というキーを追加します。ここには数値が格納され、 入力の日付文字列の年月日の順序を入れ替えたりして 使用する書式にあわせるための情報を表します。

getDate() のオプション 'fix_date' のキーの値
意味
0 なにも修正しません。
1 無効な月を修正します。
2 日付と年の位置を入れ替えます。
3 月と年の位置を入れ替えます。
4 月と日の位置を入れ替えます。

日付文字列の書式を明示的に指定したい場合のために、次のような書式トークン指定子をサポートしています。 Zend_Locale_Format のメソッドでユーザ定義書式に対応しているものの中で無効な書式指定子を使用した場合、 たとえば ISO モードで PHP の 'i' 指定子を使用した場合などには例外がスローされます。

これらの (以下の) 指定子は、Zend_DatetoString() がサポートしている完全な "ISO" セットの一部です。PHP の date() 関数と同じ形式の指定子を使用したい場合は、 まず最初に setOptions(array('format_type' => 'php')) をコールしてください。 特定のひとつの書式文字列だけを PHP の date() 互換形式から "ISO" 形式に変換したい場合は convertPhpToIsoFormat() を使用します。現時点では、分の形式のみが異なっています (ISO のデフォルトでは 'm'、PHP の date 関数では 'i' を使用します)。

返り値
getDate() 書式文字 配列のキー 返される値 最小値 最大値
d day integer 1 31
M month integer 1 12
y year integer 無制限 PHP の整数型の最大値
h hour integer 0 PHP の整数型の最大値
m minute integer 0 PHP の整数型の最大値
s second integer 0 PHP の整数型の最大値

Example #1 日付の正規化

$dateString = Zend_Locale_Format::getDate('13.04.2006',
                                          array('date_format' =>
                                                    'dd.MM.yyyy')
                                         );

// この日付に対応する Zend_Date オブジェクトを作成します
$dateObject = Zend_Date('13.04.2006',
                         array('date_format' => 'dd.MM.yyyy'));

print_r($dateString); // 出力は、このようになります

Array
(
    [format] => dd.MM.yyyy
    [day] => 13
    [month] => 4
    [year] => 2006
)

// 入力値に何らかの問題がある場合に、自動的に修正します
$date = Zend_Locale_Format::getDate('04.13.2006',
                                    array('date_format' => 'dd.MM.yyyy',
                                          'fix_date' => true)
                                   );

print_r($date); // 出力は、このようになります

Array
(
    [format] => dd.MM.yyyy
    [day] => 13
    [month] => 4
    [year] => 2006
    [fixed] => 4
)

getDate() は "ロケール対応" なので、 $locale を指定することで そのロケールの書式の日付文字列を使用できます。 オプション 'fix_date' は、簡単なテストを行って 日付や月の妥当性を確認します。問題が見つかったら、 経験則によってそれを何とか修正しようとします。 'Zend_Locale_Format::STANDARD' を 'date_format' の値として指定すると、setOptions() で設定されているクラス全体のデフォルト日付書式を使用しないようにできます。 これにより、getDate は $locale のデフォルトの日付書式を使用するようになります。

Example #2 ロケールを指定した日付の正規化

$locale = new Zend_Locale('de_AT');
$date = Zend_Locale_Format::getDate('13.04.2006',
                                    array('date_format' =>
                                              Zend_Locale_Format::STANDARD,
                                          'locale' => $locale)
                                   );

print_r ($date);

入力に日付と時刻の両方が含まれている場合に、 完全な日付と時刻が返されます。

Example #3 日付と時刻の正規化

$locale = new Zend_Locale('de_AT');
$date = Zend_Locale_Format::getDate('13.04.2005 22:14:55',
                                    array('date_format' =>
                                                Zend_Locale_Format::STANDARD,
                                          'locale' => $locale)
                                    );

print_r ($date);

書式を指定したい場合は、 $locale ではなく $format 引数を指定します。 $format としてサポートされるのは、一文字のコード (H, m, s, y, M, d) および MMMM、EEEE だけです。

Example #4 ユーザ定義の日付書式への正規化

$date = Zend_Locale_Format::getDate('13200504T551422',
                                    array('date_format' =>
                                              'ddyyyyMM ssmmHH')
                                   );

print_r ($date);

書式には次の記号が使用できます。

書式定義
書式指定文字 説明
d あるいは dd 1 桁あるいは 2 桁の日
M あるいは MM 1 桁あるいは 2 桁の月
y あるいは yy 1 桁あるいは 2 桁の年
yyyy 4 桁の年
h 1 桁あるいは 2 桁の時
m 1 桁あるいは 2 桁の分
s 1 桁あるいは 2 桁の秒

適切な書式の例は、次のようになります。

書式の例
書式 入力 出力
dd.MM.yy 1.4.6 ['day'] => 1, ['month'] => 4, ['year'] => 6
dd.MM.yy 01.04.2006 ['day'] => 1, ['month'] => 4, ['year'] => 2006
yyyyMMdd 1.4.6 ['day'] => 6, ['month'] => 4, ['year'] => 1

Note: データベースの日付書式

データベース (たとえば MySql や MsSql など) の日付値をパースするには、 getDate() のかわりに Zend_Date の ISO_8601 書式を使用します。

オプション 'fix_date' は、簡単なテストを行って 日付や月の妥当性を確認します。問題が見つかったら、 経験則によってそれを何とか修正しようとします。 getDate() は、 入力に問題がある場合にそれを自動で検出し、訂正します。 たとえば年の位置が違っている場合などがこれにあたります。

Example #5 入力された日付の訂正処理

$date = Zend_Locale_Format::getDate('41.10.20',
                                    array('date_format' => 'ddMMyy',
                                          'fix_date' => true)
                                   );

// 41 は、日付ではなく年として返されます
print_r ($date);

日付かどうかの確認

checkDateFormat($inputString, array('date_format' => $format, $locale)) を使用して、 指定した文字列が期待通りの日付を含むかどうかを調べます。 checkDateFormat() メソッドは getDate() を使用します。 しかし、オプション 'fixdate' は使用しません。これを使用すると、 入力が日付書式を満たしていない場合にも true を返してしまうからです。 月と日の位置が入れ替わっているなどのエラーが入力で検出された場合、 オプション 'fixdate' は 経験則によってそれを "修正" してから検証します。

Example #6 日付かどうかの確認

$locale = new Zend_Locale('de_AT');
if (Zend_Locale_Format::checkDateFormat('13.Apr.2006',
                                        array('date_format' =>
                                                  Zend_Locale_Format::STANDARD,
                                              $locale)
                                       ) {
    print "日付です";
} else {
    print "日付ではありません";
}

時刻の正規化

通常、入力に日付と時刻が両方含まれている場合は、 時刻は日付とともに返されます。 適切な書式はわからないが、ユーザの入力のロケールがわかるという場合に getTime() を使用します。 これは、選択したロケールに対するデフォルトの時刻書式を使用するからです。

Example #7 未知の時刻の正規化

$locale = new Zend_Locale('de_AT');
if (Zend_Locale_Format::getTime('13:44:42',
                                array('date_format' =>
                                          Zend_Locale_Format::STANDARD,
                                      'locale' => $locale)) {
    print "時刻です";
} else {
    print "時刻ではありません";
}

時刻かどうかの確認

checkDateFormat() を使用して、 指定した文字列が有効な時刻を含むかどうかを調べます。 使用法は、日付の確認の場合と同じです。ただし、 date_format には期待するパーツを指定しなければなりません。

Example #8 時刻かどうかの確認

$locale = new Zend_Locale('de_AT');
if (Zend_Locale_Format::checkDateFormat('13:44:42',
                                        array('date_format' => 'HH:mm:ss',
                                              'locale' => $locale)) {
    print "時刻です";
} else {
    print "時刻ではありません";
}
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application Quick Start
Theory of Operation
Examples
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
Introduction
画面
Containers
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2: Regions and Availability Zones
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
Introduction
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
Introduction
Using the CLI Tool
Architecture
Creating Providers to use with Zend_Tool_Framework
Shipped System Providers
Zend_Tool_Project
Zend_Tool_Project導入
Create A Project
Zend Tool Project Providers
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報