Previous Next

Zend_Db_Table_Row

導入

Zend_Db_Table_Row は、Zend_Db_Table オブジェクトの個々の行を含むクラスです。 テーブルクラスに対してクエリを実行すると、返される結果は Zend_Db_Table_Row オブジェクトのセットとなります。 このオブジェクトを使用して新しい行を作成し、 それをデータベースのテーブルに追加することもできます。

Zend_Db_Table_Row は、 »  行データゲートウェイパターンを実装したものです。

行の取得

Zend_Db_Table_Abstractfind()fetchAll() といったメソッドを提供します。 これらはそれぞれ Zend_Db_Table_Rowset 型のオブジェクトを返します。 また fetchRow() メソッドは、 Zend_Db_Table_Row 型のオブジェクトを返します。

Example #1 行の取得の例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow($bugs->select()->where('bug_id = ?', 1));

Zend_Db_Table_Rowset オブジェクトには、複数の Zend_Db_Table_Row オブジェクトが含まれます。 Zend_Db_Table_Rowset を参照ください。

Example #2 行セット内の行を読み込む例

$bugs = new Bugs();
$rowset = $bugs->fetchAll($bugs->select()->where('bug_status = ?', 1));
$row = $rowset->current();

行からのカラムの値の読み込み

Zend_Db_Table_Row_Abstract にはアクセサがあり、 行のカラムをオブジェクトのプロパティとして参照できます。

Example #3 行からカラムを読み込む例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow($bugs->select()->where('bug_id = ?', 1));

// bug_description カラムの値を出力します
echo $row->bug_description;

Note:

初期のバージョンの Zend_Db_Table_Row では、 これらのアクセサをデータベースのカラムと対応させる際に inflection (変形) と呼ばれる文字列変換を行っていました。

現在の Zend_Db_Table_Row では変形を実装していません。 使用するアクセサ名は、データベース内のカラム名と正確に一致します。

行データの配列としての取得

行のデータに対して配列としてアクセスするには、行オブジェクトの toArray() メソッドを使用します。 これは、カラム名とその値を関連付けた連想配列を返します。

Example #4 toArray() メソッドの使用例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow($bugs->select()->where('bug_id = ?', 1));

// 行オブジェクトから カラム名/値 の連想配列を取得します
$rowArray = $row->toArray();

// 通常の配列と同様に使用します
foreach ($rowArray as $column => $value) {
    echo "カラム: $column\n";
    echo "値:  $value\n";
}

toArray() が返す配列は、更新できません。 配列内の値を変更することは可能ですが、 それをデータベースに保存することはできません。

関連するテーブルからのデータの取得

Zend_Db_Table_Row_Abstract クラスには、関連するテーブルから 行や行セットを取得するメソッドが存在します。 テーブルのリレーションについての詳細な情報は 導入 を参照ください。

データベースへの行の書き込み

行のカラムの値の変更

個々のカラムの値をアクセサで設定する方法は、 カラムを読み込む場合と同様で、オブジェクトのプロパティを使用します。

カラムのアクセサによる値の設定は、アプリケーション内の行データのカラムの値は変更しますが、 それだけではまだデータベースにコミットされていません。コミットするには save() メソッドを使用します。

Example #5 行のカラムの内容を変更する例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow($bugs->select()->where('bug_id = ?', 1));

// ひとつあるいは複数のカラムの値を変更します
$row->bug_status = 'FIXED';

// データベース内の行を、新しい値で UPDATE します
$row->save();

新しい行の挿入

指定したテーブルに新しい行を作成するには、テーブルクラスの createRow() メソッドを使用します。 取得した行のフィールドに対してはオブジェクト指向のインターフェイスでアクセスできますが、 save() メソッドをコールするまでは 実際にデータベースの内容が変更されることはありません。

Example #6 テーブルに新しい行を作成する例

$bugs = new Bugs();
$newRow = $bugs->createRow();

// アプリケーションに応じて適切にカラムの値を設定します
$newRow->bug_description = '...説明...';
$newRow->bug_status = 'NEW';

// 新しい行をデータベースに INSERT します
$newRow->save();

createRow() メソッドのオプションの引数として、連想配列を渡すことができます。 この連想配列では、新しい行のフィールドに代入する値を指定します。

Example #7 テーブルに新しい行を作成し、値を代入する例

$data = array(
    'bug_description' => '...説明...',
    'bug_status'      => 'NEW'
);

$bugs = new Bugs();
$newRow = $bugs->createRow($data);

// 新しい行をデータベースに INSERT します
$newRow->save();

Note:

Zend_Db_Table の初期のリリースでは、createRow() メソッドは fetchNew() という名前でした。 今後は新しい名前を用いることを推奨しますが、 過去との互換性を確保するため古い名前も使用できるようになっています。

複数のカラムの値の変更

Zend_Db_Table_Row_AbstractsetFromArray() メソッドを使用すると、 ひとつの行の複数のカラムを一度に設定することができます。 このメソッドには、カラム名と値を関連付けた連想配列を指定します。 このメソッドは、新しい行の値を設定する場合や 既存の行を更新する場合のどちらでも有用でしょう。

Example #8 setFromArray() で新しい行の値を設定する例

$bugs = new Bugs();
$newRow = $bugs->createRow();

// データを連想配列形式にします
$data = array(
    'bug_description' => '...説明...',
    'bug_status'      => 'NEW'
);

// すべてのカラムの値を一度に設定します
$newRow->setFromArray($data);

// 新しい行をデータベースに INSERT します
$newRow->save();

行の削除

行オブジェクトで delete() メソッドをコールすることができます。 これは、その行オブジェクトの主キーに対応するデータベースの行を削除します。

Example #9 行の削除の例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow('bug_id = 1');

// この行を DELETE します
$row->delete();

変更を適用するのに save() をコールする必要はありません。 これは、データベースに対して即時に適用されます。

行のシリアライズと復元

データベースの行の内容を保存しておき、 あとで使用するということはよくありがちです。 オブジェクトの内容を、オフラインで保存しやすい形式 (たとえばファイルなど) に変換するような処理のことを シリアライズ といいます。 Zend_Db_Table_Row_Abstract 型のオブジェクトは、 シリアライズをすることができます。

行のシリアライズ

PHP の serialize() 関数を使用して、 行オブジェクトのバイトストリームを含む文字列を作成します。

Example #10 行のシリアライズの例

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchRow('bug_id = 1');

// オブジェクトをシリアライズします
$serializedRow = serialize($row);

// これで、$serializedRow をファイルなどに書き出すことができます

シリアライズした行データの復元

PHP の unserialize() 関数を使用して、 オブジェクトのバイトストリームを含む文字列を復元します。 この関数は、もとのオブジェクトを返します。

返された行オブジェクトは、 接続が切断された 状態であることに注意しましょう。 行オブジェクトやそのプロパティを読み込むことはできますが、 その値を変更することはできません。また、データベース接続を必要とするようなメソッド (たとえば従属テーブルに対するクエリなど) も実行できません。

Example #11 シリアライズした行の復元の例

$rowClone = unserialize($serializedRow);

// これでオブジェクトのプロパティを使用できますが、読み込み専用です
echo $rowClone->bug_description;

Note: 復元した行は、なぜ切断された状態なのですか?

シリアライズしたオブジェクトは、可読形式の文字列となります。 データベースのアカウントやパスワードといった情報を 暗号化せずにプレーンテキストにシリアライズして保存すると、 セキュリティ上問題となります。 そのようなデータを無防備な状態でテキストファイルに保存したりしたくはないでしょう。 またメールなどで攻撃者に覗き見られることも好まないはずです。 シリアライズされたオブジェクトは、 正しい認証情報を知らない限りデータベースにアクセスすることはできません。

生きたデータとしての行の復活

切断された行の接続を復活させるには、 setTable() メソッドを使用します。このメソッドへの引数としては、 Zend_Db_Table_Abstract 型のオブジェクトを作成して渡します。 テーブルオブジェクトを作成するには、データベースとの接続が必要です。 そのテーブルと行を関連付けることで、行がデータベースにアクセスできるようになります。 それ以降は、行オブジェクトの値を変更してデータベースに保存できるようになります。

Example #12 行の復活の例

$rowClone = unserialize($serializedRow);

$bugs = new Bugs();

// この行をテーブルに再接続し、
// データベースとの接続を復活させます
$rowClone->setTable($bugs);

// これで、行の内容を変更して保存することができます
$rowClone->bug_status = 'FIXED';
$rowClone->save();

行クラスの拡張

Zend_Db_Table_Row は、Zend_Db_Table_Row_Abstract を継承したデフォルトの具象クラスです。 Zend_Db_Table_Row_Abstract を継承した具象クラスを新たに作成し、 それを用いて行のインスタンスを作成することができます。 独自の行クラスを指定するには、テーブルクラスの protected メンバである $_rowClass を使用するか、 テーブルオブジェクトのコンストラクタの引数の配列で指定します。

Example #13 独自の行クラスの指定

class MyRow extends Zend_Db_Table_Row_Abstract
{
    // ...独自の処理
}

// 独自の行を、テーブルクラスの全インスタンスで
// デフォルトとして使用するように設定します
class Products extends Zend_Db_Table_Abstract
{
    protected $_name = 'products';
    protected $_rowClass = 'MyRow';
}

// あるいは、テーブルクラスの特定のインスタンスでのみ
// 独自の行クラスを使用するように設定します
$bugs = new Bugs(array('rowClass' => 'MyRow'));

行の初期化

行を作成する際にアプリケーション固有のロジックを初期化したい場合は、 その作業を init() メソッドに移動します。 このメソッドは、行のメタデータの処理がすべて終わった後にコールされます。 メタデータを変更するつもりがないのなら、 __construct メソッドを使うよりもこちらのほうを推奨します。

Example #14 init() メソッドの使用例

class MyApplicationRow extends Zend_Db_Table_Row_Abstract
{
    protected $_role;

    public function init()
    {
        $this->_role = new MyRoleClass();
    }
}

Zend_Db_Table_Row における Insert、Update および Delete の独自ロジックの定義

行クラスは、INSERTUPDATEDELETE の操作の前に、対応する protected メソッド _insert()_update() および _delete() をコールします。 行クラスのサブクラスで、これらのメソッドに独自ロジックを追加することができます。

特定のテーブルに対して独自のロジックを必要とし、 それがそのテーブル上のすべての操作に対して発生するのなら、 その処理はテーブルクラスの insert()update() および delete() で実装したほうがよいでしょう。 しかし、独自のロジックを行クラスで実装したほうがよい場合もあります。

独自ロジックの実装を テーブルクラスよりも行クラスで行ったほうがよい例を、 以下にいくつか示します。

Example #15 行クラスでの独自ロジックの例

独自ロジックが、そのテーブルのすべての操作に適用されるとは限りません。 状況に応じて独自ロジックを適用するには、 そのロジックを行クラスで実装し、 その行クラスを指定してテーブルクラスのインスタンスを作成します。 指定しなければ、テーブルクラスはデフォルトの行クラスを使用します。

このテーブルでは、データに対する操作内容を Zend_Log オブジェクトに記録する必要があります。 ただし、それはアプリケーションの設定でログ記録を有効にしている場合のみとします。

class MyLoggingRow extends Zend_Db_Table_Row_Abstract
{
    protected function _insert()
    {
        $log = Zend_Registry::get('database_log');
        $log->info(Zend_Debug::dump($this->_data,
                                    "INSERT: $this->_tableClass",
                                    false)
                  );
    }
}

// $loggingEnabled はサンプルとして使用するプロパティで、
// これはアプリケーションの設定によって決まるものとします
if ($loggingEnabled) {
    $bugs = new Bugs(array('rowClass' => 'MyLoggingRow'));
} else {
    $bugs = new Bugs();
}

Example #16 挿入するデータの記録を複数のテーブルで行う行クラスの例

複数のテーブルで、共通の独自ロジックを使用することもあるでしょう。 同じロジックをすべてのテーブルクラスで実装するのではなく、 その場合はその動作を行クラスで定義しましょう。 そして各テーブルでその行クラスを使用するのです。

この例では、ログ記録用のコードは全テーブルクラスで同一です。

class MyLoggingRow extends Zend_Db_Table_Row_Abstract
{
    protected function _insert()
    {
        $log = Zend_Registry::get('database_log');
        $log->info(Zend_Debug::dump($this->_data,
                                    "INSERT: $this->_tableClass",
                                    false)
                  );
    }
}

class Bugs extends Zend_Db_Table_Abstract
{
    protected $_name = 'bugs';
    protected $_rowClass = 'MyLoggingRow';
}

class Products extends Zend_Db_Table_Abstract
{
    protected $_name = 'products';
    protected $_rowClass = 'MyLoggingRow';
}

Zend_Db_Table_Row における変形の定義

テーブルのクラス名を RDBMS のテーブル名とあわせるために、 inflection (変形) と呼ばれる文字列変換を使用することを好む方もいます。

Zend_Db クラス群は、デフォルトでは変形をサポートしていません。 この方針については Zend_Db_Table における語尾変化の定義 で説明しています。

変形をさせたい場合は、変換処理を自前で実装する必要があります。そのためには、 独自の行クラスで _transformColumn() メソッドをオーバーライドし、 テーブルクラスでクエリを実行する際にその独自行クラスを使用します。

Example #17 変換処理の定義例

これにより、カラム名を変形させたものでアクセスできるようになります。 行クラスの _transformColumn() メソッドを使用して、データベースのテーブル内のカラム名を変更しています。

class MyInflectedRow extends Zend_Db_Table_Row_Abstract
{
    protected function _transformColumn($columnName)
    {
        $nativeColumnName = myCustomInflector($columnName);
        return $nativeColumnName;
    }
}

class Bugs extends Zend_Db_Table_Abstract
{
    protected $_name = 'bugs';
    protected $_rowClass = 'MyInflectedRow';
}

$bugs = new Bugs();
$row = $bugs->fetchNew();

// キャメルケース形式のカラム名を使用します。
// 変換関数により、これをデータベース内での実際の形式に
// 変換します。
$row->bugDescription = 'New description';

変換関数を書くのはあなたの役割です。 Zend Framework では、そのような関数は用意していません。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application Quick Start
Theory of Operation
Examples
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
Introduction
画面
Containers
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2: Regions and Availability Zones
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
Introduction
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
Introduction
Using the CLI Tool
Architecture
Creating Providers to use with Zend_Tool_Framework
Shipped System Providers
Zend_Tool_Project
Zend_Tool_Project導入
Create A Project
Zend Tool Project Providers
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報