Previous Next

Zend_CodeGeneratorリファレンス

抽象クラスとインターフェース

Zend_CodeGenerator_Abstract

すべてのCodeGeneratorクラスが継承する基底のクラスは、 必要な最小限の機能性を提供します。 そのAPIは下記の通りです。:

abstract class Zend_CodeGenerator_Abstract
{
    final public function __construct(Array $options = array())
    public function setOptions(Array $options)
    public function setSourceContent($sourceContent)
    public function getSourceContent()
    protected function _init()
    protected function _prepare()
    abstract public function generate();
    final public function __toString()
}

コンストラクタは最初に _init()を呼び出します。 (それは、具体的に拡張するクラスを実装するために空のままにされます) それから setOptions()$optionsパラメータを渡し、 最後に _prepare()を呼び出します。 (again, クラスの拡張によって実装されます。)

Zend Frameworkのほとんどのクラスのように、 setOptions()ではクラスの既存のセッターへのオプション・キーを比較して、 見つかったら、メソッドに値を渡します。

__toString()は最後に指定され、 generate()の代わりをします。

setSourceContent()及び getSourceContent()は デフォルト・コンテンツを生成されたコードに設定するか、 一旦すべての生成作業が完了した前述のコンテンツと入れ替えることを目的とします。

Zend_CodeGenerator_Php_Abstract

Zend_CodeGenerator_Php_AbstractZend_CodeGenerator_Abstractを拡張し、 生成されたコンテンツの前に現れなければならないインデントの量だけでなく、 コンテンツが変わったかどうか追跡するための若干のプロパティも加えます。 そのAPIは下記の通りです。:

abstract class Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
    extends Zend_CodeGenerator_Abstract
{
    public function setSourceDirty($isSourceDirty = true)
    public function isSourceDirty()
    public function setIndentation($indentation)
    public function getIndentation()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstract

Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstractは クラスのメンバー - プロパティとメソッド - を生成するための基底クラスで、 可視性を確立するためのアクセッサとミューテータを提供します; メンバーやメンバー名がabstract、staticまたはfinalのいずれにせよ。 そのAPIは下記の通りです。:

abstract class Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstract
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public function setAbstract($isAbstract)
    public function isAbstract()
    public function setStatic($isStatic)
    public function isStatic()
    public function setVisibility($visibility)
    public function getVisibility()
    public function setName($name)
    public function getName()
}

Concrete CodeGenerator Classes

Zend_CodeGenerator_Php_Body

Zend_CodeGenerator_Php_Bodyは、 ファイルの中に含む任意の手続き的なコードを生成することを目的とします。 そのように、単にコンテンツをオブジェクトに設定し、 generate()を実施すると、それはそのコンテンツを返します。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Body extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public function setContent($content)
    public function getContent()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Class

Zend_CodeGenerator_Php_Classは、 PHPクラスを生成することを目的とします。 基本的機能ではPHPクラスそのものを生成し、 また、任意で関連したPHP DocBlockも生成します。 クラスは他のクラスを実装するかもしれませんし、継承するかもしれません。 またはabstractと指定されるかもしれません。 他のコード・ジェネレーター・クラスを利用して、 クラスの定数やプロパティ、メソッドを付与することもできます。

そのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Class extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Class $reflectionClass
    )
    public function setDocblock(Zend_CodeGenerator_Php_Docblock $docblock)
    public function getDocblock()
    public function setName($name)
    public function getName()
    public function setAbstract($isAbstract)
    public function isAbstract()
    public function setExtendedClass($extendedClass)
    public function getExtendedClass()
    public function setImplementedInterfaces(Array $implementedInterfaces)
    public function getImplementedInterfaces()
    public function setProperties(Array $properties)
    public function setProperty($property)
    public function getProperties()
    public function getProperty($propertyName)
    public function setMethods(Array $methods)
    public function setMethod($method)
    public function getMethods()
    public function getMethod($methodName)
    public function hasMethod($methodName)
    public function isSourceDirty()
    public function generate()
}

setProperty()メソッドは、 Zend_CodeGenerator_Php_Propertyインスタンスを生成するために 用いられるかもしれない情報の配列、 またはただ単にZend_CodeGenerator_Php_Propertyインスタンス、 を受け入れます。 同様に setMethod()は、 Zend_CodeGenerator_Php_Methodインスタンスを生成するための、 情報の配列またはそのクラスの具体化したインスタンスを受け入れます。

setDocBlock()Zend_CodeGenerator_Php_DocBlockの インスタンスを期待することも注意してください。

Zend_CodeGenerator_Php_Docblock

Zend_CodeGenerator_Php_Docblockは、 すべての標準的なdocblock機能を含む任意のPHP docblockを生成することで使うことができます: 短い、または長い説明や注釈タグ。

注釈タグは setTag()setTags()メソッドを用いてセットされるかもしれません; これらはZend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tagコンストラクタに渡されるかもしれないタグを記述している配列、 またはそのクラスのインスタンスどちらもそれぞれ take

そのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Docblock extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Docblock $reflectionDocblock
    )
    public function setShortDescription($shortDescription)
    public function getShortDescription()
    public function setLongDescription($longDescription)
    public function getLongDescription()
    public function setTags(Array $tags)
    public function setTag($tag)
    public function getTags()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag

Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tagは、 PHP docblockに含む任意の注釈タグを作成することを目的とします。 タグは、名前(@記号にすぐ続く部分)と説明(タグ名に続いているすべて)を含むことになっています。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Docblock_Tag $reflectionTag
    )
    public function setName($name)
    public function getName()
    public function setDescription($description)
    public function getDescription()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_DocBlock_Tag_Param

Zend_CodeGenerator_Php_DocBlock_Tag_ParamZend_CodeGenerator_Php_DocBlock_Tagの分化したバージョンで、 メソッド・パラメータを表します。 そこで、タグ名は("param")として知られています、 しかし、この注釈タグを構成するパラメータ名とデータ型を生成するために、 追加の情報が必要とされます。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag_Param
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Docblock_Tag $reflectionTagParam
    )
    public function setDatatype($datatype)
    public function getDatatype()
    public function setParamName($paramName)
    public function getParamName()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_DocBlock_Tag_Return

param docblock tag variantのように、 Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tab_Returnは メソッドの戻り値を表すための注釈tag variantです。 この場合、注釈タグ名は("return")として知られていますが、戻す型を必要とします。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag_Param
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Docblock_Tag
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Docblock_Tag $reflectionTagReturn
    )
    public function setDatatype($datatype)
    public function getDatatype()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_File

Zend_CodeGenerator_Php_Fileは、 PHPコードを含むファイルの完全なコンテンツを生成することに使われます。 ファイル・レベルのdocblockと同様に必要に応じて、 ファイルはクラスまたは任意のPHPコードを含むかもしれません。

クラスをファイルに加えるとき、 Zend_CodeGenerator_Php_Classコンストラクタに渡す情報の配列か、 そのクラスのインスタンスのどちらかを渡す必要があります。 同様にdocblockで、Zend_CodeGenerator_Php_Docblockコンストラクタが消費する情報、 またはクラスのインスタンスを渡す必要があります。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_File extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public static function fromReflectedFilePath(
        $filePath,
        $usePreviousCodeGeneratorIfItExists = true,
        $includeIfNotAlreadyIncluded = true)
    public static function fromReflection(Zend_Reflection_File $reflectionFile)
    public function setDocblock(Zend_CodeGenerator_Php_Docblock $docblock)
    public function getDocblock()
    public function setRequiredFiles($requiredFiles)
    public function getRequiredFiles()
    public function setClasses(Array $classes)
    public function getClass($name = null)
    public function setClass($class)
    public function setFilename($filename)
    public function getFilename()
    public function getClasses()
    public function setBody($body)
    public function getBody()
    public function isSourceDirty()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Member_Container

Zend_CodeGenerator_Php_Member_Containerは、 Zend_CodeGenerator_Php_Classによって、 内部的にクラスのメンバー - プロパティやメソッドなど - の経過を追う目的に使われます。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Member_Container extends ArrayObject
{
    public function __construct($type = self::TYPE_PROPERTY)
}

Zend_CodeGenerator_Php_Method

Zend_CodeGenerator_Php_Methodは、 クラス・メソッドを記述して、 メソッドのためにコードとdocblockを生成することができます。 その親クラス、Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstractの通りに、 static、abstractまたはfinalとしての可視性と状態が指示されるかもしれません。 最後に、メソッドのパラメータと戻り値は、指定されるかもしれません。

パラメータは setParameter()または setParameters()を用いて設定されるかもしれません。 それぞれの場合、パラメータはZend_CodeGenerator_Php_Parameterコンストラクタに渡す情報の配列か、 またはそのクラスのインスタンスでなければいけません。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Method
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Method $reflectionMethod
    )
    public function setDocblock(Zend_CodeGenerator_Php_Docblock $docblock)
    public function getDocblock()
    public function setFinal($isFinal)
    public function setParameters(Array $parameters)
    public function setParameter($parameter)
    public function getParameters()
    public function setBody($body)
    public function getBody()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Parameter

Zend_CodeGenerator_Php_Parameterは、 メソッドのパラメータを指定することに使われるかもしれません。 各々のパラメータは、位置やデフォルト値、データ型を持つかもしれません; パラメータ名は必須です。 位置がもし明確でなければ、それらがメソッドで記載された順序が使われます。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Parameter extends Zend_CodeGenerator_Php_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Parameter $reflectionParameter
    )
    public function setType($type)
    public function getType()
    public function setName($name)
    public function getName()
    public function setDefaultValue($defaultValue)
    public function getDefaultValue()
    public function setPosition($position)
    public function getPosition()
    public function generate()
}

Zend_CodeGenerator_Php_Property

Zend_CodeGenerator_Php_Propertyはクラスのプロパティを記述します。 それは定数か変数であるかもしれません。 どちらの場合も、プロパティには関連するデフォルト値をオプションで持つかもしれません。 さらに、親クラス(Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstract)を通じて 変数のプロパティの可視性が設定されるかもしれません。

そのクラスのAPIは下記の通りです。:

class Zend_CodeGenerator_Php_Property
    extends Zend_CodeGenerator_Php_Member_Abstract
{
    public static function fromReflection(
        Zend_Reflection_Property $reflectionProperty
    )
    public function setConst($const)
    public function isConst()
    public function setDefaultValue($defaultValue)
    public function getDefaultValue()
    public function generate()
}
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application Quick Start
Theory of Operation
Examples
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGeneratorリファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
Introduction
画面
Containers
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Stroage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2: Regions and Availability Zones
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
Introduction
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool_Framework
Introduction
Using the CLI Tool
Architecture
Creating Providers to use with Zend_Tool_Framework
Shipped System Providers
Zend_Tool_Project
Zend_Tool_Project導入
Create A Project
Zend Tool Project Providers
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
以前のバージョンからの移行
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
以前のバージョンからの移行
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報