Previous Next

ビュースクリプト

コントローラが変数を代入して render() をコールすると、 指定されたビュースクリプトを Zend_View が読み込み、Zend_View インスタンスのスコープでそれを実行します。したがって、 ビュースクリプトの中で $this を参照すると、 実際には Zend_View のインスタンスを指すことになります。

コントローラからビューに代入された変数は、 ビューインスタンスのプロパティとして参照できます。例えば、 コントローラで変数 'something' を代入したとすると、 ビュースクリプト内ではそれを $this->something で取得できます (これにより、どの値がコントローラから代入されたもので、 どの値がスクリプト内部で作成されたものなのかを追いかけられるようになります)。

Zend_View の導入の部分で示したビュースクリプトの例を思い出してみましょう。

books): ?>

    
    books as $key => $val): ?>
        
著者 タイトル
escape($val['author']) ?> escape($val['title']) ?>

表示する本がありません。

出力のエスケープ

ビュースクリプトで行うべき仕事のうち最も重要なもののひとつは、 出力を適切にエスケープすることです。これは、 クロスサイトスクリプティング攻撃を防ぐのを助けます。 それ自身がエスケープを行ってくれるような関数、メソッド、 あるいはヘルパーを使用しているのでない限り、 変数を出力する際には常にそれをエスケープしなければなりません。

Zend_View の escape() というメソッドが、このエスケープを行います。

// ビュースクリプトの悪い例
echo $this->variable;

// ビュースクリプトのよい例
echo $this->escape($this->variable);

デフォルトでは、escape() メソッドは PHP の htmlspecialchars() 関数でエスケープを行います。しかし環境によっては、 別の方法でエスケープしたくなることもあるでしょう。 コントローラから setEscape() メソッドを実行することで、 エスケープに使用するコールバックを Zend_View に通知することができます。

// Zend_View のインスタンスを作成します
$view = new Zend_View();

// エスケープに htmlentities を使用するように通知します
$view->setEscape('htmlentities');

// あるいは、クラスの静的メソッドを使用するように通知します
$view->setEscape(array('SomeClass', 'methodName'));

// あるいは、インスタンスメソッドを指定することもできます
$obj = new SomeClass();
$view->setEscape(array($obj, 'methodName'));

// そして、ビューをレンダリングします
echo $view->render(...);

コールバック関数あるいはメソッドは、 エスケープする値を最初のパラメータとして受け取ります。 それ以外のパラメータはオプションとなります。

別のテンプレートシステムの使用

PHP 自身も強力なテンプレートシステムではありますが、 開発者の多くは、デザイナにとっては高機能すぎる/複雑すぎる と感じており、別のテンプレートエンジンをほしがっているようです。 Zend_View では、そのような目的のために二種類の仕組みを提供します。 ビュースクリプトを使用することによるものと、 Zend_View_Interface 実装することによるものです。

ビュースクリプトを使用したテンプレートシステム

ビュースクリプトを使用して、PHPLIB 形式のテンプレートのような 別のテンプレートオブジェクトのインスタンスを作成し、 それを操作することができます。ビュースクリプトをこのように使用する方法は、 以下のようになります。

include_once 'template.inc';
$tpl = new Template();

if ($this->books) {
    $tpl->setFile(array(
        "booklist" => "booklist.tpl",
        "eachbook" => "eachbook.tpl",
    ));

    foreach ($this->books as $key => $val) {
        $tpl->set_var('author', $this->escape($val['author']);
        $tpl->set_var('title', $this->escape($val['title']);
        $tpl->parse("books", "eachbook", true);
    }

    $tpl->pparse("output", "booklist");
} else {
    $tpl->setFile("nobooks", "nobooks.tpl")
    $tpl->pparse("output", "nobooks");
}

関連するテンプレートファイルは、このようになります。



    {books}
著者 タイトル
{author} {title}

表示する本がありません。

Zend_View_Interface を使用したテンプレート

Zend_View 互換のテンプレートエンジンを使用するほうが簡単だという人もいるでしょう。 Zend_View_Interface では、 互換性を保つために最低限必要なインターフェイスを定義しています。

/**
 * テンプレートエンジンオブジェクトを返します
 */
public function getEngine();

/**
 * ビュースクリプト/テンプレートへのパスを設定します
 */
public function setScriptPath($path);

/**
 * すべてのビューリソースへのベースパスを設定します
 */
public function setBasePath($path, $prefix = 'Zend_View');

/**
 * ビューリソースへのベースパスを追加します
 */
public function addBasePath($path, $prefix = 'Zend_View');

/**
 * 現在のスクリプトのパスを取得します
 */
public function getScriptPaths();

/**
 * テンプレート変数をオブジェクトのプロパティとして代入するためのオーバーロードメソッド
 */
public function __set($key, $value);
public function __isset($key);
public function __unset($key);

/**
 * テンプレート変数を手動で代入したり、複数の変数を
 * 一括設定したりします
 */
public function assign($spec, $value = null);

/**
 * 代入済みのテンプレート変数を削除します
 */
public function clearVars();

/**
 * $name というテンプレートをレンダリングします
 */
public function render($name);

このインターフェイスを使用すると、 サードパーティのテンプレートエンジンをラップして Zend_View 互換のクラスを作成することが簡単になります。 例として、Smarty 用のラッパーはこのようになります。

class Zend_View_Smarty implements Zend_View_Interface
{
    /**
     * Smarty object
     * @var Smarty
     */
    protected $_smarty;

    /**
     * コンストラクタ
     *
     * @param string $tmplPath
     * @param array $extraParams
     * @return void
     */
    public function __construct($tmplPath = null, $extraParams = array())
    {
        $this->_smarty = new Smarty;

        if (null !== $tmplPath) {
            $this->setScriptPath($tmplPath);
        }

        foreach ($extraParams as $key => $value) {
            $this->_smarty->$key = $value;
        }
    }

    /**
     * テンプレートエンジンオブジェクトを返します
     *
     * @return Smarty
     */
    public function getEngine()
    {
        return $this->_smarty;
    }

    /**
     * テンプレートへのパスを設定します
     *
     * @param string $path パスとして設定するディレクトリ
     * @return void
     */
    public function setScriptPath($path)
    {
        if (is_readable($path)) {
            $this->_smarty->template_dir = $path;
            return;
        }

        throw new Exception('無効なパスが指定されました');
    }

    /**
     * 現在のテンプレートディレクトリを取得します
     *
     * @return string
     */
    public function getScriptPaths()
    {
        return array($this->_smarty->template_dir);
    }

    /**
     * setScriptPath へのエイリアス
     *
     * @param string $path
     * @param string $prefix Unused
     * @return void
     */
    public function setBasePath($path, $prefix = 'Zend_View')
    {
        return $this->setScriptPath($path);
    }

    /**
     * setScriptPath へのエイリアス
     *
     * @param string $path
     * @param string $prefix Unused
     * @return void
     */
    public function addBasePath($path, $prefix = 'Zend_View')
    {
        return $this->setScriptPath($path);
    }

    /**
     * 変数をテンプレートに代入します
     *
     * @param string $key 変数名
     * @param mixed $val 変数の値
     * @return void
     */
    public function __set($key, $val)
    {
        $this->_smarty->assign($key, $val);
    }

    /**
     * empty() や isset() のテストが動作するようにします
     *
     * @param string $key
     * @return boolean
     */
    public function __isset($key)
    {
        return (null !== $this->_smarty->get_template_vars($key));
    }

    /**
     * オブジェクトのプロパティに対して unset() が動作するようにします
     *
     * @param string $key
     * @return void
     */
    public function __unset($key)
    {
        $this->_smarty->clear_assign($key);
    }

    /**
     * 変数をテンプレートに代入します
     *
     * 指定したキーを指定した値に設定します。あるいは、
     * キー => 値 形式の配列で一括設定します
     *
     * @see __set()
     * @param string|array $spec 使用する代入方式 (キー、あるいは キー => 値 の配列)
     * @param mixed $value (オプション) 名前を指定して代入する場合は、ここで値を指定します
     * @return void
     */
    public function assign($spec, $value = null)
    {
        if (is_array($spec)) {
            $this->_smarty->assign($spec);
            return;
        }

        $this->_smarty->assign($spec, $value);
    }

    /**
     * 代入済みのすべての変数を削除します
     *
     * Zend_View に {@link assign()} やプロパティ
     * ({@link __get()}/{@link __set()}) で代入された変数をすべて削除します
     *
     * @return void
     */
    public function clearVars()
    {
        $this->_smarty->clear_all_assign();
    }

    /**
     * テンプレートを処理し、結果を出力します
     *
     * @param string $name 処理するテンプレート
     * @return string 出力結果
     */
    public function render($name)
    {
        return $this->_smarty->fetch($name);
    }
}

この例では、Zend_View ではなく Zend_View_Smarty クラスのインスタンスを作成し、 それを使用して Zend_View と同じようなことをしています。

//例1. InitializerのinitView()で
require_once ('Zend/View/Smarty.php');
$view = new Zend_View_Smarty('/path/to/templates');
$viewRenderer = new Zend_Controller_Action_Helper_ViewRenderer($view);
$viewRenderer->setViewBasePathSpec($view->_smarty->template_dir)
->setViewScriptPathSpec(':controller/:action.:suffix')
->setViewScriptPathNoControllerSpec(':action.:suffix')
->setViewSuffix('tpl');
Zend_Controller_Action_HelperBroker::addHelper($viewRenderer);

//例1. アクションコントローラーで
$this->view->book = 'Zend PHP 5 Certification Study Guide';
$this->view->author = 'Davey Shafik and Ben Ramsey'

//例2. アクションコントローラーで
$this->_helper->viewRenderer->setNoRender();
require_once ('Zend/View/Smarty.php');
$this->view = new Zend_View_Smarty('/path/to/templates');
$this->view->book = 'Zend PHP 5 Certification Study Guide';
$this->view->author = 'Davey Shafik and Ben Ramsey'
$this->view->render('bookinfo.tpl');
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
Captcha アダプタ
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Migrating from previous versions
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
Introduction
Class Loading
Internationalization (i18n) and Localization (l10n)
View Rendering
著作権に関する情報