Previous Next

HTTP 認証アダプタ

導入

Zend_Auth_Adapter_Http は、 » RFC-2617» ベーシック» ダイジェスト HTTP 認証にほぼ準拠した実装を提供します。ダイジェスト認証とは HTTP 認証方式のひとつで、パスワードを平文でネットワークに送信する必要がないという点で ベーシック認証より優れています。

主な機能

  • ベーシック認証およびダイジェスト認証の両方のサポート

  • サポートしているすべてのスキームを試みるので クライアントは、サポートする任意のスキームで応答可能

  • プロキシ認証のサポート

  • テキストファイルを用いた認証のサポート、 あるいはデータベースなどのその他のソースによる認証用インターフェイスの提供

RFC-2617 の機能のうち、以下についてはまだ実装されていません。

  • nonce 値を追いかけることによる "stale" のサポート、 および再試行攻撃への防御

  • 整合性チェックを含む認証 "auth-int"

  • Authentication-Info HTTP ヘッダ

設計の概要

このアダプタはふたつのサブコンポーネントで構成されています。 ひとつは HTTP 認証クラス自身、そしてもうひとつはいわゆる "リゾルバ" です。 HTTP 認証クラスは、ベーシック認証およびダイジェスト認証を扱うロジックをカプセル化します。 このクラスは、リゾルバを使用してなんらかの保存データ (デフォルトはテキストファイル) からクライアントの ID を探します。認証データが "解決" されると、クライアントから送信された値に基づいて認証が成功したかどうかを判断します。

設定オプション

Zend_Auth_Adapter_Http クラスのコンストラクタには、 設定配列を渡す必要があります。使用可能なオプションはいくつかあり、 その中には必須のものもあります。

設定オプション
オプション名 必須かどうか 説明
accept_schemes Yes そのアダプタがクライアントからどの認証スキームを受け取るのかを設定します。 'basic''digest' を含む空白区切りの文字列でなければなりません。
realm Yes 認証レルムを設定します。ユーザ名は、指定したレルム内で一意でなければなりません。
digest_domains 'accept_schemes''digest' を含む場合は Yes 空白区切りの URI のリストで、同じ認証情報が有効となる場所を指定します。 URL は同一サーバ上でなくてもかまいません。
nonce_timeout 'accept_schemes''digest' を含む場合は Yes nonce の有効期限を秒数で指定します。以下の注意を参照ください。
proxy_auth No デフォルトでは無効です。有効にすると、 元のサーバの認証のかわりにプロキシで認証を行います。

Note:

現在の nonce_timeout の実装には、いくつかの副作用があります。 この設定は、指定した nonce の有効期限、 つまり事実上はクライアントの認証情報の有効期限を指定するためのものです。 現在は、これを (たとえば) 3600 に設定すると、 一時間ごとに新しい認証をクライアントに要求するようアダプタに設定します。 これは将来のリリースで nonce の追跡と stale のサポートを実装した時点で解決する予定です。

リゾルバ

リゾルバの仕事は、ユーザ名とレルムを受け取って何らかの証明を返すことです。 ベーシック認証では、ユーザのパスワードを Base64 でエンコードしたものを受け取ります。 ダイジェスト認証では、ユーザ名、レルムおよびパスワード (をコロンでつなげたもの) のハッシュを受け取ります。 現在サポートしているハッシュアルゴリズムは MD5 のみです。

Zend_Auth_Adapter_Http Zend_Auth_Adapter_Http_Resolver_Interface を実装したオブジェクトを使用しています。 このアダプタにはテキストファイル用のリゾルバクラスが含まれていますが、 リゾルバインターフェイスを実装することで、 その他のリゾルバも簡単に作成できます。

File リゾルバ

ファイルリゾルバは、非常にシンプルなクラスです。 ファイル名を指定するプロパティを保持しており、 コンストラクタでこれを指定することができます。 resolve() メソッドはテキストファイルを走査し、 ユーザ名とレルムにマッチする行を探します。テキストファイルのフォーマットは Apache の htpasswd ファイルと似た形式で

::\n
のようになります。個々の行は ユーザ名、レルムおよび認証情報の三つのフィールドで構成されており、 それらがコロンで区切られています。リゾルバは認証情報フィールドの内容を理解することはできません。 取得した値をそのまま呼び出し元に返します。したがって、 同じ形式でベーシック認証およびダイジェスト認証の両方に対応できます。 ベーシック認証では、このフィールドはユーザのパスワードを Base64 でエンコードしたものになります。 ダイジェスト認証では、これは先ほど説明したような MD5 ハッシュとなります。

ファイルリゾルバを作成する方法は次の二通りで、どちらも同じくらい簡単です。まずは

$path     = 'files/passwd.txt';
$resolver = new Zend_Auth_Adapter_Http_Resolver_File($path);
もうひとつは
$path     = 'files/passwd.txt';
$resolver = new Zend_Auth_Adapter_Http_Resolver_File();
$resolver->setFile($path);
指定したパスが空だったり読み込みできなかったりした場合は、 例外をスローします。

基本的な使用法

まず、必須設定項目を含む配列を作成します。

$config = array(
    'accept_schemes' => 'basic digest',
    'realm'          => 'My Web Site',
    'digest_domains' => '/members_only /my_account',
    'nonce_timeout'  => 3600,
);
この配列は、アダプタに対してベーシック認証およびダイジェスト認証の両方を受け付けるように指定します。 また、/members_only および /my_account の配下では認証済みアクセスが必要となるようにします。 realm の値は、通常はブラウザのパスワードダイアログボックスに表示されます。 nonce_timeout は、もちろん、先ほど説明したとおりの振る舞いをします。

次に、Zend_Auth_Adapter_Http オブジェクトを作成します。

require_once 'Zend/Auth/Adapter/Http.php';
$adapter = new Zend_Auth_Adapter_Http($config);

ベーシック認証およびダイジェスト認証の両方をサポートしているので、 ふたつのリゾルバオブジェクトを作成する必要があります。 これは、単にふたつの異なるクラスを作成するだけの簡単なことです。

$basicResolver = new Zend_Auth_Adapter_Http_Resolver_File();
$basicResolver->setFile('files/basicPasswd.txt');

$digestResolver = new Zend_Auth_Adapter_Http_Resolver_File();
$digestResolver->setFile('files/digestPasswd.txt');

$adapter->setBasicResolver($basicResolver);
$adapter->setDigestResolver($digestResolver);

最後に、認証を行います。このアダプタは、 リクエストオブジェクトおよびレスポンスオブジェクトの両方を参照する必要があります。

assert($request instanceof Zend_Controller_Request_Http);
assert($response instanceof Zend_Controller_Response_Http);

$adapter->setRequest($request);
$adapter->setResponse($response);

$result = $adapter->authenticate();
if (!$result->isValid()) {
    // ユーザ名/パスワードが間違っている、あるいはパスワード入力をキャンセルした
}

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
Captcha アダプタ
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
以前のバージョンからの移行
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
以前のバージョンからの移行
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Migrating from previous versions
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Performance Guide
Introduction
Class Loading
Internationalization (i18n) and Localization (l10n)
View Rendering
著作権に関する情報