Previous Next

導入

Zend_Validate コンポーネントは、一般的に必要となるバリデータを提供します。 シンプルなバリデータチェイン機能も持っており、 ひとつのデータに対して複数のバリデータを指定した順に適用することができます。

バリデータとは?

バリデータは、入力が何らかの要件を満たしているかどうかを調べ、 結果を boolean 値で返します。これは、入力が要件を満たしているかどうかを表します。 入力が要件を満たさなかった場合、バリデータは その入力がどのように要件を満たさなかったのかについての追加情報も提供します。

たとえば、あるウェブアプリケーションでは 「ユーザ名は 6 文字から 12 文字、かつ英数字のみが使用可能」 という要件があるものとします。 このような場合に入力がそれを満たしているかどうかを調べるために バリデータを使用できます。 選択したユーザ名がいずれかひとつあるいは両方の要件を満たしていない場合に、 どちらの条件に反していたのかを知ることができるので便利です。

バリデータの基本的な使用法

ここで考えたバリデータについての定義をもとにして Zend_Validate_Interface が作成されました。これは、 isValid() および getMessages() のふたつのメソッドを定義するものです。 isValid() メソッドは指定した値に対する検証を行います。 値が検証条件を満たしている場合にのみ true を返します。

isValid()false を返した場合、 getMessages() がメッセージの配列を提供します。 ここには検証が失敗した理由が含まれます。 配列のキーは、検証に失敗した原因を表す短い文字列となります。 配列の値は、それに対応する人間が読むためのメッセージです。 キーと値はクラスに依存します。 個々のバリデーションクラス内で、 検証失敗時のメッセージとそれを表す一意なキーを定義しています。 個々のクラスでは、検証失敗の原因を表す定数も用意しています。

Note:

getMessages() メソッドが返す情報は、 直近の isValid() コールに関するもののみです。 isValid() をコールすると、それまでに実行された isValid() によるメッセージはすべて消去されます。 なぜなら、通常は、毎回異なる値に対して isValid() をコールするであろうと考えられるからです。

以下の例では、電子メールアドレスの検証方法を説明します。

isValid($email)) {
    // email は妥当な形式です
} else {
    // email は無効な形式です。理由を表示します
    foreach ($validator->getMessages() as $messageId => $message) {
        echo "バリデーションエラー '$messageId': $message\n";
    }
}

メッセージのカスタマイズ

バリデータクラスの setMessage() メソッドを使用すると、 検証に失敗した場合に getMessages() が返すメッセージの書式を設定することができます。 最初の引数にはエラーメッセージを文字列で指定します。 このメッセージに特定のトークンを含めると、 バリデータがそれを実際の値に置き換えます。 トークン %value% はすべてのバリデータがサポートしており、 これは isValid() に渡した値に置き換えられます。 その他、バリデーションクラスによっていろいろなトークンをサポートしています。 たとえば、Zend_Validate_LessThan では %max% というトークンをサポートしています。 getMessageVariables() メソッドは、 そのバリデータがサポートする変数トークンの配列を返します。

オプションの 2 番目の引数は、 使用する検証エラーメッセージテンプレートを表す文字列です。 これはバリデーションクラスで複数の原因を定義している場合に便利です。 この引数を省略すると、バリデーションクラス内で最初に宣言されているメッセージテンプレートを使用します。 多くのバリデーションクラスはエラーメッセージをひとつだけしか持っていないので、 あえてどのメッセージを使用するかを指定する必要はありません。

setMessage(
    '文字列 \'%value%\' は短すぎます。最低 %min% 文字以上必要です',
    Zend_Validate_StringLength::TOO_SHORT);

if (!$validator->isValid('word')) {
    $messages = $validator->getMessages();
    echo current($messages);

    // 出力は "文字列 'word' は短すぎます。最低 8 文字以上必要です" となります
}

複数のメッセージを setMessages() メソッドで設定することもできます。 その場合の引数は、キー/メッセージ のペアの配列です。

setMessages( array(
    Zend_Validate_StringLength::TOO_SHORT => '文字列 \'%value%\' は短すぎます',
    Zend_Validate_StringLength::TOO_LONG  => '文字列 \'%value%\' は長すぎます'
));

より柔軟な検証失敗報告をしたい場合のために、 バリデーションクラスがサポートするメッセージトークンと同じ名前のプロパティを使用することができます。 どのバリデータでも常に使用可能なプロパティは value です。 これは、isValid() の引数として渡した値を返します。 その他のプロパティについては、バリデーションクラスによって異なります。

isValid('word')) {
    echo 'これは、単語として無効です: '
        . $validator->value
        . '。その長さが '
        . $validator->min
        . ' から '
        . $validator->max
        . " までの間ではありません\n";
}

静的メソッド is() の使用法

指定したバリデーションクラスを読み込んでそのインスタンスを作成するというのが面倒ならば、 もうひとつの方法として、静的メソッド Zend_Validate::is() を実行する方法もあります。このメソッドの最初の引数には、 isValid() メソッドに渡す入力値を指定します。 二番目の引数は文字列で、バリデーションクラスのベースネーム (Zend_Validate 名前空間における相対的な名前) を指定します。 is() メソッドは自動的にクラスを読み込んでそのインスタンスを作成し、 指定した入力に対して isValid() メソッドを適用します。




        

バリデータクラスのコンストラクタにオプションを指定する必要がある場合は、 それを配列で渡すことができます。




        

is() メソッドは boolean 値を返します。これは isValid() メソッドと同じです。静的メソッド is() を使用した場合は、検証失敗メッセージの内容は使用できません。

この静的な使用法は、その場限りの検証には便利です。 ただ、複数の入力に対してバリデータを適用するのなら、 最初の例の方式、つまりバリデータオブジェクトのインスタンスを作成して その isValid() メソッドをコールする方式のほうがより効率的です。

また、Zend_Filter_Input クラスでも、特定の入力データのセットを処理する際に 複数のフィルタやバリデータを必要に応じて実行させる機能も提供しています。 詳細は Zend_Filter_Input を参照ください。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
Introduction
Captcha Operation
Captcha Adapters
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ: Zend_Controller_Router_Rewrite
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
Introduction
Zend_Dojo_Data: dojo.data Envelopes
Dojo View Helpers
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Validators for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
YouTube Data API の使用法
Picasa Web Albums の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
ロケールがサポートする言語
ロケールがサポートする地域
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
Introduction
Usage
Configuration
Advanced usage
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery. Introduction
Class autodiscovering.
Functions autodiscovering.
Autodiscovering. Datatypes.
Zend_Test
Introduction
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
著作権に関する情報