Previous Next

概要

Zend_Log は、ログ出力用の汎用コンポーネントです。 複数のバックエンドに対応しており、ログに出力するメッセージをフォーマットしたり 記録するメッセージをフィルタリングしたりすることができます。 これらの関数は、以下のオブジェクトに分けられています。

  • ログ (Zend_Log のインスタンス) は、 アプリケーション内でもっともよく使用するオブジェクトです。 いくつでも望みの数だけのログオブジェクトを保持することができます。 それらが互いに影響しあうことはありません。 ログオブジェクトには最低ひとつのライターが含まれる必要があり、 オプションでひとつあるいは複数のフィルタを含むことができます。

  • ライター (Zend_Log_Writer_Abstract を継承したもの) は、データを保存する役割を受け持ちます。

  • フィルタ (Zend_Log_Filter_Interface を実装したもの) は、保存するログデータをブロックします。 フィルタは個々のライターに適用することもできますし、 ログに適用することもできます。ログに適用した場合は、 すべてのライターの前に適用されます。どちらの場合についても、 複数のフィルタを連結することが可能です。

  • フォーマッタ (Zend_Log_Formatter_Interface を実装したもの) は、ログのデータをライターに書き出す前に書式設定できます。 個々のライターは、それぞれひとつのフォーマッタを保持しています。

ログの作成

ログの記録を開始するには、ライターのインスタンスを作成し、 それをログのインスタンスに渡します。

addWriter($writer);
注意すべき点は、ログには最低ひとつのライターが必要であるということです。 ライターはお好みの数だけ追加することができます。追加するには ログの addWriter() メソッドを使用します。

一方、ログのコンストラクタで直接ライターを指定することも可能です。




        これで、ログが使用できるようになりました。
      

メッセージの記録

メッセージをログに記録するには、ログのインスタンスの log() メソッドを実行し、メッセージと優先度を渡します。

log('Informational message', Zend_Log::INFO);
log() メソッドの最初のパラメータはメッセージを表す文字列で、 二番目のパラメータは優先度を表す整数値です。 優先度は、ログのインスタンスが理解できる形式の値のいずれかでなければなりません。 これについては次の節で説明します。

こちらも別の方法が使用できます。log() メソッドをコールするかわりに、 優先度と同じ名前のメソッドをコールできます。

log('Informational message', Zend_Log::INFO);
$logger->info('Informational message');

$logger->log('Emergency message', Zend_Log::EMERG);
$logger->emerg('Emergency message');

ログの破棄

ログオブジェクトが不要になったら、ログオブジェクトを指す変数に null を代入してそれを破棄しましょう。これは、 アタッチされている各ライターのインスタンスメソッド shutdown() をコールしてからログオブジェクトを破棄します。




      このように明示的にログを破棄することは必須ではありません。
      PHP の終了時に、この処理が自動的に行われます。
    

組み込みの優先度の使用

Zend_Log クラスでは以下の優先度を定義しています。

EMERG   = 0;  // 緊急事態 (Emergency): システムが使用不可能です
ALERT   = 1;  // 警報 (Alert): 至急対応が必要です
CRIT    = 2;  // 危機 (Critical): 危機的な状況です
ERR     = 3;  // エラー (Error): エラーが発生しました
WARN    = 4;  // 警告 (Warning): 警告が発生しました
NOTICE  = 5;  // 注意 (Notice): 通常動作ですが、注意すべき状況です
INFO    = 6;  // 情報 (Informational): 情報メッセージ
DEBUG   = 7;  // デバッグ (Debug): デバッグメッセージ
これらの優先度は常に使用可能で、それぞれについて 同じ名前のメソッドが用意されています。

これらの優先度は適当に指定しているわけではありません。 もとは BSD の syslog プロトコルに由来するもので、 » RFC-3164 で示されています。それぞれの名前と優先度番号は、PHP におけるもうひとつのログ記録システムである » PEAR Log とも互換性があります。おそらく、これと Zend_Log は相互運用できるでしょう。

優先度の数値が小さいほど優先度が高くなります。EMERG (0) が最重要な優先度で、DEBUG (7) は 組み込みの優先度の中ではもっとも優先度が低いものです。 DEBUG より低い優先度を定義することもできます。 メッセージをログに記録する際には、この優先度の階層に注意し、適切なものを選択するようにしましょう。

ユーザ定義の優先度の追加

ユーザ定義の優先度を実行時に追加するには、ログの addPriority() メソッドを使用します。

addPriority('FOO', 8);
上の例では、新しい優先度 FOO8 という値で定義しています。これで、次のようにして新しい優先度でログ出力できるようになります。
log('Foo message', 8);
$logger->foo('Foo Message');
新しい優先度は、既存のものを上書きすることはできません。

ログのイベントについて理解する

log() メソッドやその仲間をコールした際に、 ログのイベントが作成されます。これは単純な連想配列で、 ライターに渡されるイベントの内容を表します。この配列には、 timestampmessagepriority および priorityName のキーが常に存在します。

event 配列の作成は完全に透過的です。 しかし、event 配列について知っておかないと、 上で示した既存のセットに含まれない項目を追加できません。

将来のイベントにたいして常に特定の項目を追加するようにするには、 setEventItem() メソッドをコールしてキーと値を指定します。

setEventItem('pid', getmypid());
上の例は、pid という名前の新しい項目を作成して現在のプロセスの PID を格納します。新しい値が設定されると、他のすべてのイベントデータと同様に すべてのライターから自動的にアクセス可能となります。項目を上書きするには、 もう一度好きなときに setEventItem() メソッドをコールします。

新しいイベント項目を setEventItem() で設定すると、 ロガーのすべてのライターに新しい項目を送信します。しかし、 これはそれらのライターが実際にその項目を書き出すことを保証するものではありません。 フォーマッタオブジェクトがその新しい項目のことを教えない限り、 ライターはそれをどう扱っていいのかわからないからです。 さらに詳しく学ぶには、フォーマッタの節を参照ください。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
Introduction
Captcha Operation
Captcha Adapters
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ: Zend_Controller_Router_Rewrite
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
Introduction
Zend_Dojo_Data: dojo.data Envelopes
Dojo View Helpers
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Validators for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
YouTube Data API の使用法
Picasa Web Albums の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
ロケールがサポートする言語
ロケールがサポートする地域
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
Introduction
Usage
Configuration
Advanced usage
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery. Introduction
Class autodiscovering.
Functions autodiscovering.
Autodiscovering. Datatypes.
Zend_Test
Introduction
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
著作権に関する情報