Previous Next

Zend_Layout の高度な使用法

Zend_Layout には、高度な使用法がいろいろあります。 たとえばさまざまなビューの実装やファイルシステム上のレイアウトに対応させたりといったことです。

主な拡張ポイントは次のとおりです。

  • ビューオブジェクトのカスタマイズZend_Layout は、 Zend_View_Interface を実装した任意のクラスを使用することができます。

  • フロントコントローラプラグインのカスタマイズZend_Layout に標準で含まれているフロントコントローラプラグインは、 レイアウトを自動的にレンダリングしてからレスポンスを返します。 これを独自のプラグインで置き換えることができます。

  • アクションヘルパーのカスタマイズZend_Layout に標準で含まれているアクションヘルパーは、 ほとんどの場合にそのまま使えるでしょう。 これは、レイアウトオブジェクト自信へのプロキシとなっています。

  • レイアウトスクリプトのパス解決方法のカスタマイズZend_Layout では、独自の インフレクタ を使用してレイアウトスクリプトのパス解決方法を行うことができます。 あるいは、標準のインフレクタを設定して独自のルールを指定することもできます。

ビューオブジェクトのカスタマイズ

Zend_Layout では、 Zend_View_Interface を実装した任意のクラスや Zend_View_Abstract を継承した任意のクラスを用いて レイアウトスクリプトをレンダリングすることができます。 独自のビューオブジェクトを単純に constructor/startMvc() のパラメータとして渡すか、 あるいはアクセサ setView() で設定します。

setView($view);
?>

Note: Zend_View の実装がすべて同じというわけではない

Zend_Layout では Zend_View_Interface を実装した任意のクラスを使用できますが、 その中で様々な Zend_View ヘルパー (特にレイアウトヘルパーや プレースホルダ ヘルパー) が使用できなければ問題となることもあるでしょう。 これは、Zend_Layout がオブジェクトの中の変数を自分自身と プレースホルダ で使えるようにしているからです。

これらのヘルパーをサポートしていない Zend_View の実装を使用する場合は、レイアウト変数をビューに取り込む方法を見つける必要があります。 たとえば Zend_Layout オブジェクトを継承して render() メソッドにビューへの変数を渡すようにするか、 あるいは独自のプラグインクラスを作成して レイアウトのレンダリングの前に変数を渡すようにするといった方法があります。

あるいは、もしあなたの使用するビュー実装が何らかのプラグイン機構をサポートしているのなら、 'Zend_Layout' プレースホルダ経由で プレースホルダヘルパー を使用して変数にアクセスすることができます。

placeholder('Zend_Layout')->getArrayCopy();
?>

フロントコントローラプラグインのカスタマイズ

MVC コンポーネントと組み合わせて使用するときに、 Zend_Layout はフロントコントローラプラグインを登録します。 このプラグインは、ディスパッチループを抜ける前の最後のアクションで レイアウトをレンダリングします。 ほとんどの場合はデフォルトのプラグインで十分でしょうが、 もし独自のプラグインを作成したい場合は、 作成したプラグインクラスの名前を startMvc() メソッドの pluginClass オプションで指定します。

ここで使用するプラグインクラスは Zend_Controller_Plugin_Abstract を継承したものでなければなりません。また、コンストラクタの引数で レイアウトオブジェクトのインスタンスを受け取れるようにする必要があります。 それ以外の実装内容については自由に決めることができます。

デフォルトのプラグインは Zend_Layout_Controller_Plugin_Layout です。

アクションヘルパーのカスタマイズ

MVC コンポーネントと組み合わせて使用するときに、 Zend_Layout はアクションコントローラヘルパーを ヘルパーブローカに登録します。デフォルトのヘルパーである Zend_Layout_Controller_Action_Helper_Layout は、レイアウトオブジェクトのインスタンス自身に対する (何もしない) プロキシとしてはたらきます。 たいていの場合はこれで十分でしょう。

独自の機能を書きたい場合は、 Zend_Controller_Action_Helper_Abstract を継承したアクションヘルパークラスを作成します。 そして、そのクラス名を startMvc() メソッドの helperClass オプションに指定します。 実装の詳細は自由に決められます。

レイアウトスクリプトのパス解決方法のカスタマイズ: インフレクタの使用法

Zend_Layout は、Zend_Filter_Inflector を使用して確立したフィルタチェインで レイアウト名からレイアウトスクリプトのパスへの変換を行います。 デフォルトで使用するルールは、まず 'CamelCaseToDash'、 その後に 'StringToLower'、そして最後にサフィックス 'phtml' を追加してパスを作成します。たとえば次のようになります。

  • 'foo' は 'foo.phtml' に変換されます。

  • 'FooBarBaz' は 'foo-bar-baz.phtml' に変換されます。

これを変更するには三通りの手段があります。 インフレクションのターゲットやビューのサフィックスを Zend_Layout のアクセサで変更すること、 Zend_Layout のインスタンスに関連づけられている インフレクタのルールを変更すること、 あるいは独自のインフレクタのインスタンスを作成してそれを Zend_Layout::setInflector() で渡すことです。

Example #1 Zend_Layout のアクセサでインフレクタを変更する

デフォルトの Zend_Layout のインフレクタは、 ターゲットやビュースクリプトのサフィックスに静的な参照を用い、 それらの値を設定するためのアクセサを提供しています。

setInflectorTarget('layouts/:script.:suffix');

// レイアウトビュースクリプトのサフィックスを設定します
$layout->setViewSuffix('php');
?>

Example #2 Zend_Layout のインフレクタを直接変更する

インフレクタは、ターゲットと (ひとつあるいは複数の) ルールを持っています。Zend_Layout が使用するデフォルトのターゲットは ':script.:suffix' です。':script' には登録されているレイアウト名、そして ':suffix' にはインフレクタの静的なルールが渡されます。

たとえば、レイアウトスクリプトのサフィックスを 'html' に変更して、MixedCase および camelCase 形式の名前をダッシュではなくアンダースコアで区切るようにし、 かつ小文字への変換もやめてみましょう。 さらに、スクリプトの格納先を 'layouts' サブディレクトリに変更します。

getInflector()->setTarget('layouts/:script.:suffix')
                       ->setStaticRule('suffix', 'html')
                       ->setFilterRule(array('CamelCaseToUnderscore'));
?>

Example #3 インフレクタのカスタマイズ

ほとんどの場合は、既存のインフレクタを修正するだけで十分でしょう。 しかし、さまざまな場所で別の形式のオブジェクトを使い分けたいこともあります。 Zend_Layout はそんな場合にも対応しています。

addRules(array(
    ':script' => array('CamelCaseToUnderscore'),
    'suffix'  => 'html'
));
$layout->setInflector($inflector);
?>

Note: インフレクションを無効にできます

インフレクションを無効にしたり有効にしたりするには、 Zend_Layout オブジェクトのアクセサを使用します。 これは、たとえばレイアウトビュースクリプトを絶対パスで指定したい場合などに便利です。 また、レイアウトスクリプトを指定するためのインフレクションが特に不要な場合にも便利です。 有効にしたり無効にしたりするには、単純に enableInflection() メソッドおよび disableInflection() メソッドを使用します。

Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
Introduction
Captcha Operation
Captcha Adapters
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ: Zend_Controller_Router_Rewrite
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
Introduction
Zend_Dojo_Data: dojo.data Envelopes
Dojo View Helpers
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Validators for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
YouTube Data API の使用法
Picasa Web Albums の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
ロケールがサポートする言語
ロケールがサポートする地域
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
Introduction
Usage
Configuration
Advanced usage
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery. Introduction
Class autodiscovering.
Functions autodiscovering.
Autodiscovering. Datatypes.
Zend_Test
Introduction
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
著作権に関する情報