Previous Next

Picasa Web Albums の使用法

Picasa Web Albums は、自分の写真のアルバムを管理したり 他人のアルバムや写真を閲覧したりするサービスです。 API を使用すると、このサービスをプログラムから操作できるようになります。 たとえばアルバムへの追加や更新、削除、 そして写真へのタグ付けやコメントを行うことができます。

公開されているアルバムや写真へのアクセスについては、 アカウントによる制限はありません。 しかし、読み込み専用以外のアクセスを行うにはログインする必要があります。

API についての詳細な情報、 たとえば API へのアクセスを有効にする方法などは » Picasa Web Albums Data API の概要 を参照ください。

Note: 認証

この API は、AuthSub (推奨) および ClientAuth による認証に対応しています。 書き込みを行うには認証済みの HTTP 接続が必須ですが、 認証していない接続でも読み込み専用のアクセスは可能です。

サービスへの接続

Picasa Web Albums API は、その他の GData API と同様に Atom Publishing Protocol (APP) を使用しています。これは、XML ベースのフォーマットでウェブのリソースを管理するための仕組みです。 クライアントと Google Calendar サーバとの間のやり取りは HTTP で行われ、認証済みの接続と未認証の接続の両方が利用できます。

何らかのトランザクションが発生する際には、 必ず接続を確立する必要があります。 Picasa サーバとの接続は、まず HTTP クライアントを作成して Zend_Gdata_Photos サービスのインスタンスをそこにバインドするという手順で行います。

認証

Google Picasa API を使用すると、公開カレンダーだけでなく プライベートカレンダーのフィードにもアクセスすることができます。 公開フィードには認証は不要ですが、 認証しない場合は読み込み専用となり、機能が制限されます。 プライベートフィードでは完全な機能が使用できますが、 Picasa サーバとの認証が必要になります。 Google Picasa がサポートしている認証方式は、次の 3 通りです。

  • ClientAuth は、Picasa サーバとの間で直接 ユーザ名/パスワード による認証を行います。この方式では ユーザ自身がアプリケーションにパスワードを教える必要があるので、 これは他の方式が使えない場合にのみ使用するようにしましょう。

  • AuthSub は、Gooble のプロキシサーバを経由して Picasa サーバとの認証を行ないます。 これは ClientAuth と同じくらい便利に使用でき、 セキュリティリスクもありません。 ウェブベースのアプリケーションでは、 これは最適な選択肢となります。

Zend_Gdata ライブラリは、 これらのすべての方式に対応しています。 これ以降の説明は、認証方式については理解しており 適切な認証方式で接続できるようになっていることを前提として進めていきます。 詳細な情報は、このマニュアルの 認証に関するセクション か、あるいは » Google Data API Developer's Guide の Authentication Overview を参照ください。

サービスのインスタンスの作成

サーバとのやりとりを行うためのクラスとして、このライブラリでは Zend_Gdata_Photos サービスクラスを用意しています。 このクラスは Google Data や Atom Publishing Protocol モデルへの共通インターフェイスを提供し、 サーバとのリクエストのやりとりを支援します。

使用する認証方式を決めたら、次に Zend_Gdata_Photos のインスタンスを作成します。 このクラスのコンストラクタには、引数として Zend_Http_Client のインスタンスを渡します。 これは、AuthSub 認証および ClientAuth 認証へのインターフェイスを提供します。 これらの認証を使用する場合には、認証済みの HTTP クライアントが必要です。 引数を省略した場合は、未認証の Zend_Http_Client のインスタンスを自動的に作成して使用します。

以下の例は、ClientAuth 認証を使用してサービスクラスを作成するものです。



            
            

AuthSub を使用するサービスを作成するのもほぼ同様ですが、 少々長めになります。



            
            

未認証のサーバを作成して、公開フィードへのアクセスに使用することができます。



        

クエリの仕組みと作成方法

サービスに対してデータを要求するために最初にやることは、 クエリを作成することです。以下の形式用のクエリクラスが用意されています。

  • User は、誰のデータを探すのかをユーザ名で指定します。 省略した場合は "default" を使用します。 これは、現在認証されているユーザ (認証済みの場合) を表します。

  • Album は、検索対象のアルバムを ID あるいはアルバム名で指定します。

  • Photo は、検索対象の写真を ID で指定します。

新しい UserQuery を作成するには次のようにします。

setUser("sample.user");

各クエリで検索結果を絞り込むために使用するパラメータを取得したり設定したりするには、 それぞれ get(Parameter) および set(Parameter) を使用して次のようにします。

  • Projection は、フィードで返されるデータのフォーマットを指定します。 "api" あるいは "base" のいずれかです。通常は "api" を指定することになるでしょう。デフォルトは "api" です。

  • Type は返される要素の型を指定します。"feed" あるいは "entry" のいずれかで、デフォルトは "feed" です。

  • Access は、返されるアイテムの可視性を指定します。 "all"、"public" あるいは "private" のいずれかで、 デフォルトは "all" です。 public 以外の要素が返されるのは、 認証済みのユーザに対するクエリの場合のみです。

  • Tag は、返されるアイテムのタグを指定します。 タグを指定した場合は、その内容のタグがつけられている項目のみを返します。

  • Kind は、返される要素の種類を指定します。 指定した場合は、この値にマッチするエントリのみを返します。

  • ImgMax は、返されるエントリの最大画像サイズを指定します。 この値より小さい画像エントリのみを返します。

  • Thumbsize は、返されるエントリのサムサイズを指定します。 返されたエントリのサムサイズはこの値に等しくなります。

  • User は、検索対象のユーザを指定します。 デフォルトは "default" です。

  • AlbumId は、検索対象のアルバムの ID を指定します。 この要素は、アルバムや写真の問い合わせに対してのみ適用されます。 写真に対するクエリの場合、 ここで指定したアルバムに含まれる写真が対象となります。 アルバム ID は アルバム名とは互いに排他的です。 一方を指定すると、もう一方は取り消されます。

  • AlbumName は、検索対象のアルバムの名前を指定します。 この要素は、アルバムや写真の問い合わせに対してのみ適用されます。 写真に対するクエリの場合、 ここで指定したアルバムに含まれる写真が対象となります。 アルバム名は アルバム ID とは互いに排他的です。 一方を指定すると、もう一方は取り消されます。

  • PhotoId は、検索対象の写真の ID を指定します。 この要素は、写真の問い合わせに対してのみ適用されます。

フィードやエントリの取得

このサービスには、ユーザやアルバムそして写真に関する フィードや個々のエントリを取得する機能があります。

ユーザの取得

このサービスは、ユーザのフィードおよびユーザのコンテンツ一覧の取得をサポートしています。 指定したユーザが認証済みユーザである場合は、 "hidden" とマークされているエントリも返されます。

ユーザのフィードにアクセスするには、ユーザ名を getUserFeed メソッドに渡します。

getUserFeed("sample.user");
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

あるいは、クエリを作成してフィードにアクセスすることもできます。この場合は、まず次のようにします。

setUser("sample.user");

    try {
        $userFeed = $service->getUserFeed(null, $query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

クエリを作成すると、ユーザエントリオブジェクトも取得できるようになります。

setUser("sample.user");
    $query->setType("entry");

    try {
        $userEntry = $service->getUserEntry($query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

アルバムの取得

このサービスには、アルバムのフィードやアルバムのコンテンツ一覧を取得する機能があります。

アルバムのフィードにアクセスするには、クエリオブジェクトを作成してそれを getAlbumFeed に渡します。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");

    try {
        $albumFeed = $service->getAlbumFeed($query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

あるいは、setAlbumName でクエリオブジェクトにアルバム名を指定することもできます。 アルバム名は アルバム ID とは互いに排他的です。 一方を指定すると、もう一方は取り消されます。

クエリを作成すると、アルバムエントリオブジェクトも取得できるようになります。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");
    $query->setType("entry");

    try {
        $albumEntry = $service->getAlbumEntry($query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

写真の取得

このサービスには、写真のフィードやコメント・タグ一覧を取得する機能があります。

写真のフィードにアクセスするには、クエリオブジェクトを作成してそれを getPhotoFeed に渡します。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");
    $query->setPhotoId("100");

    try {
        $photoFeed = $service->getPhotoFeed($query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

クエリを作成すると、写真エントリオブジェクトも取得できるようになります。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");
    $query->setPhotoId("100");
    $query->setType("entry");

    try {
        $photoEntry = $service->getPhotoEntry($query);
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

コメントの取得

このサービスには、さまざまな形式のフィードからのコメントの取得をサポートしています。 クエリが返す結果の種類として "comment" を指定することで、 指定したユーザやアルバム、写真に関連づけられたコメントを取得できるようになります。

指定した写真のコメントを処理するには、次のようにします。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");
    $query->setPhotoId("100");
    $query->setKind("comment");

    try {
        $photoFeed = $service->getPhotoFeed($query);
    
        foreach ($photoFeed as $entry) {
            if ($entry instanceof Zend_Gdata_Photos_CommentEntry) {
                // コメントに対して何らかの処理をします
            }
        }
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

タグの取得

このサービスには、さまざまな形式のフィードからのタグの取得をサポートしています。 クエリが返す結果の種類として "tag" を指定することで、 指定した写真に関連づけられたタグを取得できるようになります。

指定した写真のタグを処理するには、次のようにします。

setUser("sample.user");
    $query->setAlbumId("1");
    $query->setPhotoId("100");
    $query->setKind("tag");

    try {
        $photoFeed = $service->getPhotoFeed($query);
    
        foreach ($photoFeed as $entry) {
            if ($entry instanceof Zend_Gdata_Photos_TagEntry) {
                // タグに対して何らかの処理をします
            }
        }
    } catch (Zend_Gdata_App_Exception $e) {
        echo "エラー: " . $e->getResponse();
    }

エントリの作成

このサービスには、アルバムや写真、コメント、そしてタグを作成する機能があります。

アルバムの作成

このサービスは、認証済みユーザ用の新しいアルバムの作成をサポートしています。

setTitle($service->newTitle("test album"));

    $service->insertAlbumEntry($entry);

写真の作成

このサービスは、認証済みユーザ用の新しい写真の作成をサポートしています。

newMediaFileSource($photo["tmp_name"]);
    $fd->setContentType($photo["type"]);

    $entry = new Zend_Gdata_Photos_PhotoEntry();
    $entry->setMediaSource($fd);
    $entry->setTitle($service->newTitle($photo["name"]));

    $albumQuery = new Zend_Gdata_Photos_AlbumQuery;
    $albumQuery->setUser("sample.user");
    $albumQuery->setAlbumId("1");

    $albumEntry = $service->getAlbumEntry($albumQuery);

    $service->insertPhotoEntry($entry, $albumEntry);

コメントの作成

このサービスは、写真への新しいコメントの作成をサポートしています。

setTitle($service->newTitle("comment"));
    $entry->setContent($service->newContent("comment"));

    $photoQuery = new Zend_Gdata_Photos_PhotoQuery;
    $photoQuery->setUser("sample.user");
    $photoQuery->setAlbumId("1");
    $photoQuery->setPhotoId("100");
    $photoQuery->setType('entry');

    $photoEntry = $service->getPhotoEntry($photoQuery);

    $service->insertCommentEntry($entry, $photoEntry);

タグの作成

このサービスは、写真への新しいタグの作成をサポートしています。

setTitle($service->newTitle("tag"));

    $photoQuery = new Zend_Gdata_Photos_PhotoQuery;
    $photoQuery->setUser("sample.user");
    $photoQuery->setAlbumId("1");
    $photoQuery->setPhotoId("100");
    $photoQuery->setType('entry');

    $photoEntry = $service->getPhotoEntry($photoQuery);

    $service->insertTagEntry($entry, $photoEntry);

エントリの削除

このサービスには、アルバムや写真、コメント、そしてタグを削除する機能があります。

アルバムの削除

このサービスは、認証済みユーザ用のアルバムの削除をサポートしています。

setUser("sample.user");
    $albumQuery->setAlbumId("1");
    $albumQuery->setType('entry');

    $entry = $service->getAlbumEntry($albumQuery);

    $service->deleteAlbumEntry($entry, true);

写真の削除

このサービスは、認証済みユーザ用の写真の削除をサポートしています。

setUser("sample.user");
    $photoQuery->setAlbumId("1");
    $photoQuery->setPhotoId("100");
    $photoQuery->setType('entry');

    $entry = $service->getPhotoEntry($photoQuery);

    $service->deletePhotoEntry($entry, true);

コメントの削除

このサービスは、認証済みユーザのコメントの削除をサポートしています。

setUser("sample.user");
    $photoQuery->setAlbumId("1");
    $photoQuery->setPhotoId("100");
    $photoQuery->setType('entry');

    $path = $photoQuery->getQueryUrl() . '/commentid/' . "1000";

    $entry = $service->getCommentEntry($path);

    $service->deleteCommentEntry($entry, true);

タグの削除

このサービスは、認証済みユーザのタグの削除をサポートしています。

setUser("sample.user");
    $photoQuery->setAlbumId("1");
    $photoQuery->setPhotoId("100");
    $photoQuery->setKind("tag");
    $query = $photoQuery->getQueryUrl();

    $photoFeed = $service->getPhotoFeed($query);

    foreach ($photoFeed as $entry) {
        if ($entry instanceof Zend_Gdata_Photos_TagEntry) {
            if ($entry->getContent() == $tagContent) {
                $tagEntry = $entry;
            }
        }
    }

    $service->deleteTagEntry($tagEntry, true);

楽観的な同時並行性 (削除時の注意)

Picasa Web Albums サービスを含めた GData のフィードは、 楽観的な同時並行性 (optimistic concurrency) を実装しています。 これは、変更内容を不意に上書きしてしまうことを防ぐバージョン管理システムです。 サービスクラスでエントリを削除する際に、 もし最後に取得した後でそのエントリが変更されていた場合は例外がスローされます。 ただし明示的にその他の設定をしている場合は別です (この場合、更新後のエントリに対して削除を試みます)。

削除時のバージョン管理の処理方法については deleteAlbumEntry で見ることができます。

delete($album);
    } catch (Zend_Gdata_App_HttpException $e) {
        if ($e->getResponse->getStatus() === 409) {
            $entry = new Zend_Gdata_Photos_AlbumEntry($e->getResponse()->getBody());
            $this->delete($entry->getLink('edit')->href);
        } else {
            throw $e;
        }
    }
Previous Next
Introduction to Zend Framework
概要
インストール
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
Zend_Captcha
Introduction
Captcha Operation
Captcha Adapters
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Console_Getopt
Getopt について
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ: Zend_Controller_Router_Rewrite
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
以前のバージョンからの移行
Zend_Currency
Zend_Currency について
通貨の操作方法
以前のバージョンからの移行
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
Introduction
Zend_Dojo_Data: dojo.data Envelopes
Dojo View Helpers
Dojo Form Elements and Decorators
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_File
Zend_File_Transfer
Validators for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
Gdata について
AuthSub による認証
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
YouTube Data API の使用法
Picasa Web Albums の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
Zend_Http_Client - 導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
JSON オブジェクト
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPC server
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
ロケールがサポートする言語
ロケールがサポートする地域
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
Introduction
Usage
Configuration
Advanced usage
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ドキュメントのページ
描画
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDL Accessor
AutoDiscovery. Introduction
Class autodiscovering.
Functions autodiscovering.
Autodiscovering. Datatypes.
Zend_Test
Introduction
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
Zend Framework のシステム要件
PHP のバージョン
PHP の拡張モジュール
Zend Framework のコンポーネント
Zend Framework の依存性
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
著作権に関する情報