Previous Next

Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する

一般的に、プロバイダそれ自体は、 コマンドラインでクライアント(またはそれ以外)をディスパッチすることを求めるいくらかの能力をバンドルするための、 開発者のためのシェル以外の何物でもありません。 MVCアプリケーションの中での「コントローラ」と似ています。

Zend_Tool はどのようにプロバイダを見つけるか

By default Zend_Tool uses the IncludePathLoader to find all the providers that you can run. It recursivly iterates all include path directories and opens all files that end with "Manifest.php" or "Provider.php". All classes in these files are inspected if they implement either Zend_Tool_Framework_Provider_Interface or Zend_Tool_Framework_Manifest_ProviderManifestable. Instances of the provider interface make up for the real functionality and all their public methods are accessible as provider actions. The ProviderManifestable interface however requires the implementation of a method getProviders() which returns an array of instantiated provider interface instances.

The following naming rules apply on how you can access the providers that were found by the IncludePathLoader:

  • The last part of your classname split by underscore is used for the provider name, e.g. "My_Provider_Hello" leads to your provider being accessible by the name "hello".

  • If your provider has a method getName() it will be used instead of the previous method to determine the name.

  • If your provider has "Provider" as prefix, e.g. it is called My_HelloProvider it will be stripped from the name so that the provider will be called "hello".

注意:

The IncludePathLoader does not follow symlinks, that means you cannot link provider functionality into your include paths, they have to be physically present in the include paths.

例1 Exposing Your Providers with a Manifest

You can expose your providers to Zend_Tool by offering a manifest with a special filename ending with "Manifest.php". A Provider Manifest is an implementation of the Zend_Tool_Framework_Manifest_ProviderManifestable and requires the getProviders() method to return an array of instantiated providers. In anticipation of our first own provider My_Component_HelloProvider we will create the following manifest:

class My_Component_Manifest
    implements Zend_Tool_Framework_Manifest_ProviderManifestable
{
    public function getProviders()
    {
        return array(
            new My_Component_HelloProvider()
        );
    }
}

プロバイダを作成するための基本命令

例えば、サード・パーティのコンポーネントが働かせる データファイルのバージョンを示す能力を開発者が加えたければ、 開発者が実装する必要があるクラスが1つだけあります。 もしコンポーネントがMy_Componentと呼ばれるなら、 include_path上のどこかにHelloProvider.phpという名前のファイルで My_Component_HelloProviderという名のクラスを作成するでしょう。 このクラスはZend_Tool_Framework_Provider_Interfaceを実装します、 そして、このファイルの本体は以下のように見えなければならないだけです:

class My_Component_HelloProvider
    implements Zend_Tool_Framework_Provider_Interface
{
    public function say()
    {
        echo 'Hello from my provider!';
    }
}

上記のコードが与えられて、 コンソール・クライアントを通じて開発者がこの機能にアクセスしたけれ、 呼び出しはこのように見えるでしょう:

% zf say hello
Hello from my provider!

レスポンスオブジェクト

As discussed in the architecture section Zend_Tool allows to hook different clients for using your Zend_Tool providers. To keep compliant with different clients you should use the response object to return messages from your providers instead of using echo() or a similiar output mechanism. Rewritting our hello provider with this knowledge it looks like:

class My_Component_HelloProvider
    extends Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract
{
    public function say()
    {
        $this->_registry->getResponse
                        ->appendContent("Hello from my provider!");
    }
}

As you can see one has to extend the Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract to gain access to the Registry which holds the Zend_Tool_Framework_Client_Response instance.

先進の開発情報

プロバイダに変数を渡す

上記の例の "Hello World" は、単純なコマンドとして有名です、 しかし、より進んだ何かについてはどうでしょうか? スクリプトを書くこととツーリングの必要性が高まるにつれ、 変数を扱う能力を必要とすると気付くかもしれません。 だいたいのファンクション・シグニチャにはパラメータがあるように、 ツーリング・リクエストはパラメータを受け入れることもできます。

各々のツーリング・リクエストがクラス内でメソッドに分離されることができると、 ツーリング・リクエストのパラメータはきわめて周知の立場で分離されることもできます。 プロバイダのアクション・メソッドのパラメータは、 クライアントがそのプロバイダとアクションの組合せを呼ぶとき、 利用することを望む同じパラメータを含むことができます。 たとえば、あなたが上記の例で名前を扱いたいならば、 あなたは多分オブジェクト指向コードでこうするでしょう:

class My_Component_HelloProvider
    implements Zend_Tool_Framework_Provider_Interface
{
    public function say($name = 'Ralph')
    {
        echo 'Hello' . $name . ', from my provider!';
    }
}

それから上記の例は、コマンドラインzf say hello Joeによって呼ぶことができます。 "Joe" は、メソッド呼び出しのパラメータとして、プロバイダに供給されます。 また注意すべきこととして、 パラメータが任意だとあなたがわかるように、 zf say helloがさらに機能して、名前 "Ralph" にデフォルト設定するように、 コマンドライン上で選択できることを意味します。

Prompt the User for Input

There are cases when the workflow of your provider requires to prompt the user for input. This can be done by requesting the client to ask for more the required input by calling:

class My_Component_HelloProvider
    extends Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract
{
    public function say($name = 'Ralph')
    {
        $nameResponse = $this->_registry
                             ->getClient()
                             ->promptInteractiveInput("Whats your name?");
        $name = $nameResponse->getContent();

        echo 'Hello' . $name . ', from my provider!';
    }
}

This command throws an exception if the current client is not able to handle interactive requests. In case of the default Console Client however you will be asked to enter the name.

プロバイダ・アクションを実行するための擬態

あなたが実装したいかもしれないもう一つの面白い特徴は、擬態性です。 擬態性は、 まるでそれがリクエストされたアクションとプロバイダの組み合わせを実行しているように擬態して、 実際にそれを実行せずに、それが実行するであろうことについて沢山の情報をユーザーに与えることを プロバイダでできるようにします。 これ以外の場合にはユーザーが実行したくないかもしれない重いデータベースや、 ファイルシステム修正をするときに重要な小道具であるかもしれません。

擬態性は簡単に実装できます。 このフィーチャーには2つの要素があります: 1) プロバイダが「擬態する」能力を持つことを示します。 2) 現在のリクエストが本当に、 「擬態する」よう要求されたことを確実にするために、リクエストをチェックします。 このフィーチャーは下記のコードサンプルで示されます。

class My_Component_HelloProvider
    extends    Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract
    implements Zend_Tool_Framework_Provider_Pretendable
{
    public function say($name = 'Ralph')
    {
        if ($this->_registry->getRequest()->isPretend()) {
            echo 'I would say hello to ' . $name . '.';
        } else {
            echo 'Hello' . $name . ', from my provider!';
        }
    }
}

擬態モードでプロバイダを実行してちょっと呼び出し

% zf --pretend say hello Ralph
I would say hello Ralph.

冗長及びデバッグモード

You can also run your provider actions in "verbose" or "debug" modes. The semantics in regard to this actions have to be implemented by you in the context of your provider. You can access debug or verbose modes with:

class My_Component_HelloProvider
    implements Zend_Tool_Framework_Provider_Interface
{
    public function say($name = 'Ralph')
    {
        if($this->_registry->getRequest()->isVerbose()) {
            echo "Hello::say has been called\n";
        }
        if($this->_registry->getRequest()->isDebug()) {
            syslog(LOG_INFO, "Hello::say has been called\n");
        }
    }
}

ユーザーの構成及びストレージにアクセス

Using the Enviroment variable ZF_CONFIG_FILE or the .zf.ini in your home directory you can inject configuration parameters into any Zend_Tool provider. Access to this configuration is available via the registry that is passed to your provider if you extend Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract.

class My_Component_HelloProvider
    extends Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract
{
    public function say()
    {
        $username = $this->_registry->getConfig()->username;
        if(!empty($username)) {
            echo "Hello $username!";
        } else {
            echo "Hello!";
        }
    }
}

The returned configuration is of the type Zend_Tool_Framework_Client_Config but internally the __get and __set magic methods proxy to a Zend_Config of the given configuration type.

The storage allows to save arbitrary data for later reference. This can be useful for batch processing tasks or for re-runs of your tasks. You can access the storage in a similar way like the configuration:

class My_Component_HelloProvider
    extends Zend_Tool_Framework_Provider_Abstract
{
    public function say()
    {
        $aValue = $this->_registry->getStorage()->get("myUsername");
        echo "Hello $aValue!";
    }
}

ストレージ API はとても簡単です。

class Zend_Tool_Framework_Client_Storage
{
    public function setAdapter($adapter);
    public function isEnabled();
    public function put($name, $value);
    public function get($name, $defaultValue=null);
    public function has($name);
    public function remove($name);
    public function getStreamUri($name);
}
重要

When designing your providers that are config or storage aware remember to check if the required user-config or storage keys really exist for a user. You won't run into fatal errors when none of these are provided though, since empty ones are created upon request.

Previous Next
Zend Framework の紹介
概要
インストール
Zend Framework を学ぶ(主に英語)
クイックスタート(ごく一部のみ日本語)
Zend Framework & MVC Introduction
プロジェクトを作成
Create A Layout
モデルとデータベーステーブルの作成
Create A Form
おめでとう!
オートローディング(英語)
Introduction
Goals and Design
Basic Autoloader Usage
Resource Autoloading
Conclusion
プラグイン(英語)
Introduction
Using Plugins
Conclusion
Zend_Layout 入門(英語)
Introduction
Using Zend_Layout
Zend_Layout: Conclusions
Zend_View プレイスフォルダ入門(英語)
Introduction
Basic Placeholder Usage
Standard Placeholders
View Placeholders: Conclusion
Zend Form デコレータを理解して使う(ごく一部のみ日本語)
Introduction
Decorator Basics
Layering Decorators
Rendering Individual Decorators
Creating and Rendering Composite Elements
結論
Zend_Session, Zend_Auth, Zend_Acl 入門(英語)
Building Multi-User Applications With Zend Framework
Managing User Sessions In ZF
Authenticating Users in Zend Framework
Building an Authorization System in Zend Framework
Zend_Search_Lucene 入門(一部日本語)
Zend_Search_Lucene Introduction
Lucene Index Structure
インデックスのオープンと生成
索引付け
検索
サポートされるクエリー
検索結果のページ化
Zend_Paginator 入門(英語)
Introduction
Simple Examples
Pagination Control and ScrollingStyles
Putting it all Together
Zend Framework リファレンス
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server(日本語)
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Barcode
導入
Barcode creation using Zend_Barcode class
Zend_Barcode Objects
Zend_Barcode Renderers
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
The Cache Manager
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
SimpleCloud API: Zend_Cloud
Document Service Introduction
Queue Service Introduction
StorageService Introduction
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGenerator リファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini(日本語)
Zend_Config_Json
Zend_Config_Xml(日本語)
Zend_Config_Yaml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer(日本語)
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
Zend_Currency
Zend_Currency について
Using Zend_Currency
Options for currencies
What makes a currency?
Where is the currency?
How does the currency look like?
How much is my currency?
Calculating with currencies
Exchanging currencies
Additional informations on Zend_Currency
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter(日本語)
Zend_Db_Statement(日本語)
Zend_Db_Profiler(日本語)
Zend_Db_Select(日本語)
Zend_Db_Table(日本語)
Zend_Db_Table_Row(日本語)
Zend_Db_Table_Rowset(日本語)
導入
Zend_Db_Table_Definition(日本語)
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query(日本語)
Zend_Exception
例外の使用法
基本的な使用法
Previous Exceptions (前の例外)
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_Feed_Writer
Zend_Feed_Pubsubhubbub
Zend_File
Zend_File_Transfer(日本語)
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input(日本語)
Zend_Filter_Inflector(日本語)
Zend_Form
Zend_Form(日本語)
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response(日本語)
Zend_Http_UserAgent
The UserAgent Device Interface
The UserAgent Features Adapter
The WURFL UserAgent Features Adapter
The DeviceAtlas UserAgent Features Adapter
The TeraWurfl UserAgent Features Adapter
The UserAgent Storage Interface
The Session UserAgent Storage Adapter
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Using the Factory to Create a Log
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Markup
導入
さあ始めましょう
Zend_Markup パーサー
Zend_Markup レンダラー
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime(日本語)
Zend_Mime_Message(日本語)
Zend_Mime_Part(日本語)
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Zend_Oauth
Introduction to OAuth
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider(日本語)
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar(日本語)
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp(日本語)
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client(日本語)
Zend_Rest_Server(日本語)
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Serializer
導入
Zend_Serializer_Adapter
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection(日本語)
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet(日本語)
Zend_Service_Amazon(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Storage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler(日本語)
Zend_Service_Delicious(日本語)
Zend_Service_DeveloperGarden
Zend_Service_Ebay
Zend_Service_Ebay_Finding
Zend_Service_Flickr(日本語)
Zend_Service_LiveDocx
Zend_Service_Nirvanix(日本語)
Zend_Service_ReCaptcha(日本語)
Zend_Service_ShortUrl
Zend_Service_Simpy(日本語)
Zend_Service_SlideShare(日本語)
Zend_Service_StrikeIron(日本語)
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati(日本語)
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_WindowsAzure
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Blob
Zend_Service_WindowsAzure_Diagnostics_Manager
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Queue
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Table
Zend_Service_Yahoo(日本語)
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable(日本語)
Zend_Soap
Zend_Soap_Server(日本語)
Zend_Soap_Client(日本語)
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit(日本語)
Zend_Test_PHPUnit_Db(日本語)
Zend_Text
Zend_Text_Figlet(日本語)
Zend_Text_Table(日本語)
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool
Using Zend_Tool On The Command Line
Extending Zend_Tool
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend_Tool Project Providers
Zend_Tool_Project Internals
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
Zend_Uri
Zend_Uri(日本語)
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ(一部日本語)
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract(日本語)
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire(日本語)
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server(日本語)
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_JQuery
Introduction
ZendX_JQuery View Helpers
ZendX_JQuery Form Elements and Decorators
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework 移行上の注意
Zend Framework 1.10(一部日本語)
Zend Framework 1.9(一部日本語)
Zend Framework 1.8(日本語)
Zend Framework 1.7(日本語)
Zend Framework 1.6(日本語)
Zend Framework 1.5(日本語)
Zend Framework 1.0(日本語)
Zend Framework 0.9(日本語)
Zend Framework 0.8(日本語)
Zend Framework 0.6(日本語)
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework ドキュメント標準(一部日本語)
概要
ドキュメントファイル形式
推奨事項
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework パフォーマンスガイド
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報