Previous Next

Zend_Test_PHPUnit_Db(日本語)

データ・アクセスとドメインモデルを組み合わせると、 目標をテストするために、データベースを使う必要がしばしばあります。 しかし、データベースはそれぞれのテスト全体で永続的です。 そして、それは互いに影響を及ぼすことができるテスト結果に至ります。 さらにまた、テストが動作できるようにするためにデータベースを準備することは、 相当な作業です。 PHPUnitデータベース機能拡張では、 それぞれのテストの間でデータベースを準備したり、取り外したりするための、 きわめて単純な手法を提供することにより、 データベースを用いたテストを単純化します。 Zend Frameworkアプリケーションに対する データベース・テストを書くことが単純化されるように、 このコンポーネントは、Zend Frameworkに依存したコードでPHPUnitデータベース機能拡張を拡張します。

データベース・テストは、2つの概念上の実体、DataSets及びDataTablesで説明できます。 内部的には、PHPUnitデータベース機能拡張は、データベース、そのテーブルと、 構成ファイルまたは本当のデータベース内容からなる列を含むオブジェクト構造を構築できます。 そこで、この抽象的なオブジェクト・グラフは、位置指定子を使用して比較できます。 データベース・テストの一般的なユース・ケースは、 種となるデータで一部のテーブルを準備し、 それから操作を一部実行して、 データベース階層で操作されたことが、 あらかじめ定義された期待される、とある状態と等しいことを最終的に示すことです。 Zend_Test_PHPUnit_Dbは、 既存のZend_Db_Table_Abstract またはZend_Db_Table_Rowset_Abstract インスタンスからDataSets及びDataTablesを生成できるようにして、 この作業を単純化します。

さらにまた、このコンポーネントは、どんなZend_Db_Adapter_Abstractでも テストのために統合できるようにします。 ところが、本来の機能拡張は、PDOで機能するだけです。 Zend_Db_Adapter_Abstractのためのテスト・アダプタ実装は、 このコンポーネントにも含まれます。 APIメソッドによって使われる SQLと結果スタックの働きをするDBアダプタを データベースを全く必要としないで、 インスタンス化できるようにします。

Quickstart

Setup a Database TestCase

We are now writting some database tests for the Bug Database example in the Zend_Db_Table documentation. First we begin to test that inserting a new bug is actually saved in the database correctly. First we have to setup a test-class that extends Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase. This class extends the PHPUnit Database Extension, which in turn extends the basic PHPUnit_Framework_TestCase. A database testcase contains two abstract methods that have to be implemented, one for the database connection and one for the initial dataset that should be used as seed or fixture.

注意:

You should be familiar with the PHPUnit Database extension to follow this quickstart easily. Although all the concepts are explained in this documentation it may be helpful to read the PHPUnit documentation first.

class BugsTest extends Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase
{
    private $_connectionMock;

    /**
     * Returns the test database connection.
     *
     * @return PHPUnit_Extensions_Database_DB_IDatabaseConnection
     */
    protected function getConnection()
    {
        if($this->_connectionMock == null) {
            $connection = Zend_Db::factory(...);
            $this->_connectionMock = $this->createZendDbConnection(
                $connection, 'zfunittests'
            );
            Zend_Db_Table_Abstract::setDefaultAdapter($connection);
        }
        return $this->_connectionMock;
    }

    /**
     * @return PHPUnit_Extensions_Database_DataSet_IDataSet
     */
    protected function getDataSet()
    {
        return $this->createFlatXmlDataSet(
            dirname(__FILE__) . '/_files/bugsSeed.xml'
        );
    }
}

Here we create the database connection and seed some data into the database. Some important details should be noted on this code:

  • You cannot directly return a Zend_Db_Adapter_Abstract from the getConnection() method, but a PHPUnit specific wrapper which is generated with the createZendDbConnection() method.

  • The database schema (tables and database) is not re-created on every testrun. The database and tables have to be created manually before running the tests.

  • Database tests by default truncate the data during setUp() and then insert the seed data which is returned from the getDataSet() method.

  • DataSets have to implement the interface PHPUnit_Extensions_Database_DataSet_IDataSet. There is a wide range of XML and YAML configuration file types included in PHPUnit which allows to specifiy how the tables and datasets should look like and you should look into the PHPUnit documentation to get the latest information on these dataset specifications.

Specify a seed dataset

In the previous setup for the database testcase we have specified a seed file for the database fixture. We now create this file specified in the Flat XML format:



    
    
    
    

We will work with this four entries in the database table "zfbugs" in the next examples. The required MySQL schema for this example is:

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `zfbugs` (
    `bug_id` int(11) NOT NULL auto_increment,
    `bug_description` varchar(100) default NULL,
    `bug_status` varchar(20) default NULL,
    `created_on` datetime default NULL,
    `updated_on` datetime default NULL,
    `reported_by` varchar(100) default NULL,
    `assigned_to` varchar(100) default NULL,
    `verified_by` varchar(100) default NULL,
PRIMARY KEY  (`bug_id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=1 ;

A few initial database tests

Now that we have implemented the two required abstract methods of the Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase and specified the seed database content, which will be re-created for each new test, we can go about to make our first assertion. This will be a test to insert a new bug.

class BugsTest extends Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase
{
    public function testBugInsertedIntoDatabase()
    {
        $bugsTable = new Bugs();

        $data = array(
            'created_on'      => '2007-03-22 00:00:00',
            'updated_on'      => '2007-03-22 00:00:00',
            'bug_description' => 'Something wrong',
            'bug_status'      => 'NEW',
            'reported_by'     => 'garfield',
            'verified_by'     => 'garfield',
            'assigned_to'     => 'mmouse',
        );

        $bugsTable->insert($data);

        $ds = new Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_QueryDataSet(
            $this->getConnection()
        );
        $ds->addTable('zfbugs', 'SELECT * FROM zfbugs');

        $this->assertDataSetsEqual(
            $this->createFlatXmlDataSet(dirname(__FILE__)
                                      . "/_files/bugsInsertIntoAssertion.xml"),
            $ds
        );
    }
}

Now up to the $bugsTable->insert($data); everything looks familiar. The lines after that contain the assertion methodname. We want to verify that after inserting the new bug the database has been updated correctly with the given data. For this we create a Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_QueryDataSet instance and give it a database connection. We will then tell this dataset that it contains a table "zfbugs" which is given by an SQL statement. This current/actual state of the database is compared to the expected database state which is contained in another XML file "bugsInsertIntoAssertions.xml". This XML file is a slight deviation from the one given above and contains another row with the expected data:



    
    

There are other ways to assert that the current database state equals an expected state. The "Bugs" table in the example already knows a lot about its inner state, so why not use this to our advantage? The next example will assert that deleting from the database is possible:

class BugsTest extends Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase
{
    public function testBugDelete()
    {
        $bugsTable = new Bugs();

        $bugsTable->delete(
            $bugsTable->getAdapter()->quoteInto("bug_id = ?", 4)
        );

        $ds = new Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_DbTableDataSet();
        $ds->addTable($bugsTable);

        $this->assertDataSetsEqual(
            $this->createFlatXmlDataSet(dirname(__FILE__)
                                      . "/_files/bugsDeleteAssertion.xml"),
            $ds
        );
    }
}

We have created a Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_DbTableDataSet dataset here, which takes any Zend_Db_Table_Abstract instance and adds it to the dataset with its table name, in this example "zfbugs". You could add several tables more if you wanted using the method addTable() if you want to check for expected database state in more than one table.

Here we only have one table and check against an expected database state in "bugsDeleteAssertion.xml" which is the original seed dataset without the row with id 4.

Since we have only checked that two specific tables (not datasets) are equal in the previous examples we should also look at how to assert that two tables are equal. Therefore we will add another test to our TestCase which verifies updating behaviour of a dataset.

class BugsTest extends Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase
{
    public function testBugUpdate()
    {
        $bugsTable = new Bugs();

        $data = array(
            'updated_on'      => '2007-05-23',
            'bug_status'      => 'FIXED'
        );

        $where = $bugsTable->getAdapter()->quoteInto('bug_id = ?', 1);

        $bugsTable->update($data, $where);

        $rowset = $bugsTable->fetchAll();

        $ds        = new Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_DbRowset($rowset);
        $assertion = $this->createFlatXmlDataSet(
            dirname(__FILE__) . '/_files/bugsUpdateAssertion.xml'
        );
        $expectedRowsets = $assertion->getTable('zfbugs');

        $this->assertTablesEqual(
            $expectedRowsets, $ds
        );
    }
}

Here we create the current database state from a Zend_Db_Table_Rowset_Abstract instance in conjunction with the Zend_Test_PHPUnit_Db_DataSet_DbRowset($rowset) instance which creates an internal data-representation of the rowset. This can again be compared against another data-table by using the $this->assertTablesEqual() assertion.

Usage, API and Extensions Points

The Quickstart already gave a good introduction on how database testing can be done using PHPUnit and the Zend Framework. This section gives an overview over the API that the Zend_Test_PHPUnit_Db component comes with and how it works internally.

注意: Some Remarks on Database Testing

Just as the Controller TestCase is testing an application at an integration level, the Database TestCase is an integration testing method. Its using several different application layers for testing purposes and therefore should be consumed with caution.

It should be noted that testing domain and business logic with integration tests such as Zend Framework's Controller and Database TestCases is a bad practice. The purpose of an Integration test is to check that several parts of an application work smoothly when wired together. These integration tests do not replace the need for a set of unit tests that test the domain and business logic at a much smaller level, the isolated class.

The Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase class

The Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase class derives from the PHPUnit_Extensions_Database_TestCase which allows to setup tests with a fresh database fixture on each run easily. The Zend implementation offers some additional convenience features over the PHPUnit Database extension when it comes to using Zend_Db resources inside your tests. The workflow of a database test-case can be described as follows.

  1. For each test PHPUnit creates a new instance of the TestCase and calls the setUp() method.

  2. The Database TestCase creates an instance of a Database Tester which handles the setting up and tearing down of the database.

  3. The database tester collects the information on the database connection and initial dataset from getConnection() and getDataSet() which are both abstract methods and have to be implemented by any Database Testcase.

  4. By default the database tester truncates the tables specified in the given dataset, and then inserts the data given as initial fixture.

  5. When the database tester has finished setting up the database, PHPUnit runs the test.

  6. After running the test, tearDown() is called. Because the database is wiped in setUp() before inserting the required initial fixture, no actions are executed by the database tester at this stage.

注意:

The Database TestCase expects the database schema and tables to be setup correctly to run the tests. There is no mechanism to create and tear down database tables.

The Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase class has some convenience functions that can help writing tests that interact with the database and the database testing extension.

The next table lists only the new methods compared to the PHPUnit_Extensions_Database_TestCase, whose » API is documented in the PHPUnit Documentation.

Zend_Test_PHPUnit_DatabaseTestCase API Methods
Method Description
createZendDbConnection(Zend_Db_Adapter_Abstract $connection, $schema) Create a PHPUnit Database Extension compatible Connection instance from a Zend_Db_Adapter_Abstract instance. This method should be used in for testcase setup when implementing the abstract getConnection() method of the database testcase.
getAdapter() Convenience method to access the underlying Zend_Db_Adapter_Abstract instance which is nested inside the PHPUnit database connection created with getConnection().
createDbRowset(Zend_Db_Table_Rowset_Abstract $rowset, $tableName = null) Create a DataTable Object that is filled with the data from a given Zend_Db_Table_Rowset_Abstract instance. The table the rowset is connected to is chosen when $tableName is NULL.
createDbTable(Zend_Db_Table_Abstract $table, $where = null, $order = null, $count = null, $offset = null) Create a DataTable object that represents the data contained in a Zend_Db_Table_Abstract instance. For retrieving the data fetchAll() is used, where the optional parameters can be used to restrict the data table to a certain subset.
createDbTableDataSet(array $tables=array()) Create a DataSet containing the given $tables, an array of Zend_Db_Table_Abstract instances.

Integrating Database Testing with the ControllerTestCase

Because PHP does not support multiple inheritance it is not possible to use the Controller and Database testcases in conjunction. However you can use the Zend_Test_PHPUnit_Db_SimpleTester database tester in your controller test-case to setup a database enviroment fixture for each new controller test. The Database TestCase in general is only a set of convenience functions which can also be accessed and used without the test case.

例1 Database integration example

This example extends the User Controller Test from the Zend_Test_PHPUnit_ControllerTestCase documentation to include a database setup.

class UserControllerTest extends Zend_Test_PHPUnit_ControllerTestCase
{
    public function setUp()
    {
        $this->setupDatabase();
        $this->bootstrap = array($this, 'appBootstrap');
        parent::setUp();
    }

    public function setupDatabase()
    {
        $db = Zend_Db::factory(...);
        $connection = new Zend_Test_PHPUnit_Db_Connection($db,
                                                      'database_schema_name');
        $databaseTester = new Zend_Test_PHPUnit_Db_SimpleTester($connection);

        $databaseFixture =
                    new PHPUnit_Extensions_Database_DataSet_FlatXmlDataSet(
                        dirname(__FILE__) . '/_files/initialUserFixture.xml'
                    );

        $databaseTester->setupDatabase($databaseFixture);
    }
}

Now the Flat XML dataset "initialUserFixture.xml" is used to set the database into an initial state before each test, exactly as the DatabaseTestCase works internally.

データベース・テスト・アダプタの使用

アプリケーションの一部を本当のデータベースでテストしたくなくても、 結合度のせいでせざるを得ないときもあります。 Zend_Test_DbAdapter では、 データベース接続を開始する必要なしに、 Zend_Db_Adapter_Abstract の実装を使う便利な方法を提供します。 さらに、それはコンストラクタ引数を必要としないので、 このアダプタではPHPUnitテストスイート内から非常に簡単にモックアップを作れます。

テスト・アダプタは、いろいろなデータベース結果のためのスタックとして動作します。 結果のその順序は実装したユーザー側の担当でなければいけません。 そして、それは多くの異なるデータベース・クエリを呼ぶテストのための退屈な仕事であるかもしれません。 しかし、少数のクエリだけが実行されるヘルパーが、テストにはまさに適切なヘルパーです。 あなたはユーザー担当のコードに返されなければならない結果の正確な順序を知っています。

$adapter   = new Zend_Test_DbAdapter();
$stmt1Rows = array(array('foo' => 'bar'), array('foo' => 'baz'));
$stmt1     = Zend_Test_DbStatement::createSelectStatement($stmt1Rows);
$adapter->appendStatementToStack($stmt1);

$stmt2Rows = array(array('foo' => 'bar'), array('foo' => 'baz'));
$stmt2     = Zend_Test_DbStatement::createSelectStatement($stmt2Rows);
$adapter->appendStatementToStack($stmt2);

$rs = $adapter->query('SELECT ...'); // Returns Statement 2
while ($row = $rs->fetch()) {
    echo $rs['foo']; // Prints "Bar", "Baz"
}
$rs = $adapter->query('SELECT ...'); // Returns Statement 1

本当のデータベース・アダプタいずれの振る舞いでも、 できる限り fetchAll()fetchObject() 、 及び fetchColumn などのように、 そのようなメソッドができる限りテスト・アダプタとして動作するように シミュレーションされます。

結果スタックにINSERT、UPDATE及びDELETE命令を入れることもできます。 しかしながらそれらは、 $stmt->rowCount() の結果を指定できる命令だけを返します。

$adapter = new Zend_Test_DbAdapter();
$adapter->appendStatementToStack(
    Zend_Test_DbStatement::createInsertStatement(1)
);
$adapter->appendStatementToStack(
    Zend_Test_DbStatement::createUpdateStatement(2)
);
$adapter->appendStatementToStack(
    Zend_Test_DbStatement::createDeleteStatement(10
));

クエリ・プロファイラはデフォルトで有効で、 正しく実行されたか検査するために、 実行した SQL 文とそのバウンドされたパラメータを取得できます。

$adapter = new Zend_Test_DbAdapter();
$stmt = $adapter->query("SELECT * FROM bugs");

$qp = $adapter->getProfiler()->getLastQueryProfile();

echo $qp->getQuerY(); // SELECT * FROM bugs

テスト・アダプタは、指定されたクエリが本当に、 スタックから次に返されるSELECT、DELETE、INSERTまたはUPDATEタイプかどうかは 決して調べません。 データを返す正しい順位は、テスト・アダプタのユーザーによって実装されなければなりません。

テスト・アダプタでは、 listTables()describeTables() 及び lastInsertId() メソッドの使用をシミュレーションするための メソッドの指定も行います。 さらに、 setQuoteIdentifierSymbol() を使用して、 引用符で囲むために使用するべき記号を指定できます。既定では何も使用されません。

Previous Next
Zend Framework の紹介
概要
インストール
Zend Framework を学ぶ(主に英語)
クイックスタート(ごく一部のみ日本語)
Zend Framework & MVC Introduction
プロジェクトを作成
Create A Layout
モデルとデータベーステーブルの作成
Create A Form
おめでとう!
オートローディング(英語)
Introduction
Goals and Design
Basic Autoloader Usage
Resource Autoloading
Conclusion
プラグイン(英語)
Introduction
Using Plugins
Conclusion
Zend_Layout 入門(英語)
Introduction
Using Zend_Layout
Zend_Layout: Conclusions
Zend_View プレイスフォルダ入門(英語)
Introduction
Basic Placeholder Usage
Standard Placeholders
View Placeholders: Conclusion
Zend Form デコレータを理解して使う(ごく一部のみ日本語)
Introduction
Decorator Basics
Layering Decorators
Rendering Individual Decorators
Creating and Rendering Composite Elements
結論
Zend_Session, Zend_Auth, Zend_Acl 入門(英語)
Building Multi-User Applications With Zend Framework
Managing User Sessions In ZF
Authenticating Users in Zend Framework
Building an Authorization System in Zend Framework
Zend_Search_Lucene 入門(一部日本語)
Zend_Search_Lucene Introduction
Lucene Index Structure
インデックスのオープンと生成
索引付け
検索
サポートされるクエリー
検索結果のページ化
Zend_Paginator 入門(英語)
Introduction
Simple Examples
Pagination Control and ScrollingStyles
Putting it all Together
Zend Framework リファレンス
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server(日本語)
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Barcode
導入
Barcode creation using Zend_Barcode class
Zend_Barcode Objects
Zend_Barcode Renderers
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
The Cache Manager
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
SimpleCloud API: Zend_Cloud
Document Service Introduction
Queue Service Introduction
StorageService Introduction
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGenerator リファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini(日本語)
Zend_Config_Json
Zend_Config_Xml(日本語)
Zend_Config_Yaml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer(日本語)
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
Zend_Currency
Zend_Currency について
Using Zend_Currency
Options for currencies
What makes a currency?
Where is the currency?
How does the currency look like?
How much is my currency?
Calculating with currencies
Exchanging currencies
Additional informations on Zend_Currency
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter(日本語)
Zend_Db_Statement(日本語)
Zend_Db_Profiler(日本語)
Zend_Db_Select(日本語)
Zend_Db_Table(日本語)
Zend_Db_Table_Row(日本語)
Zend_Db_Table_Rowset(日本語)
導入
Zend_Db_Table_Definition(日本語)
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query(日本語)
Zend_Exception
例外の使用法
基本的な使用法
Previous Exceptions (前の例外)
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_Feed_Writer
Zend_Feed_Pubsubhubbub
Zend_File
Zend_File_Transfer(日本語)
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input(日本語)
Zend_Filter_Inflector(日本語)
Zend_Form
Zend_Form(日本語)
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response(日本語)
Zend_Http_UserAgent
The UserAgent Device Interface
The UserAgent Features Adapter
The WURFL UserAgent Features Adapter
The DeviceAtlas UserAgent Features Adapter
The TeraWurfl UserAgent Features Adapter
The UserAgent Storage Interface
The Session UserAgent Storage Adapter
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
基本的な使用法
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Using the Factory to Create a Log
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Markup
導入
さあ始めましょう
Zend_Markup パーサー
Zend_Markup レンダラー
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime(日本語)
Zend_Mime_Message(日本語)
Zend_Mime_Part(日本語)
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Zend_Oauth
Introduction to OAuth
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider(日本語)
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar(日本語)
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp(日本語)
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client(日本語)
Zend_Rest_Server(日本語)
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Serializer
導入
Zend_Serializer_Adapter
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection(日本語)
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet(日本語)
Zend_Service_Amazon(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Storage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs(日本語)
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler(日本語)
Zend_Service_Delicious(日本語)
Zend_Service_DeveloperGarden
Zend_Service_Ebay
Zend_Service_Ebay_Finding
Zend_Service_Flickr(日本語)
Zend_Service_LiveDocx
Zend_Service_Nirvanix(日本語)
Zend_Service_ReCaptcha(日本語)
Zend_Service_ShortUrl
Zend_Service_Simpy(日本語)
Zend_Service_SlideShare(日本語)
Zend_Service_StrikeIron(日本語)
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati(日本語)
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_WindowsAzure
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Blob
Zend_Service_WindowsAzure_Diagnostics_Manager
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Queue
Zend_Service_WindowsAzure_Storage_Table
Zend_Service_Yahoo(日本語)
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable(日本語)
Zend_Soap
Zend_Soap_Server(日本語)
Zend_Soap_Client(日本語)
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit(日本語)
Zend_Test_PHPUnit_Db(日本語)
Zend_Text
Zend_Text_Figlet(日本語)
Zend_Text_Table(日本語)
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool
Using Zend_Tool On The Command Line
Extending Zend_Tool
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend_Tool Project Providers
Zend_Tool_Project Internals
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
Zend_Uri
Zend_Uri(日本語)
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ(一部日本語)
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract(日本語)
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire(日本語)
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server(日本語)
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_JQuery
Introduction
ZendX_JQuery View Helpers
ZendX_JQuery Form Elements and Decorators
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework 移行上の注意
Zend Framework 1.10(一部日本語)
Zend Framework 1.9(一部日本語)
Zend Framework 1.8(日本語)
Zend Framework 1.7(日本語)
Zend Framework 1.6(日本語)
Zend Framework 1.5(日本語)
Zend Framework 1.0(日本語)
Zend Framework 0.9(日本語)
Zend Framework 0.8(日本語)
Zend Framework 0.6(日本語)
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework ドキュメント標準(一部日本語)
概要
ドキュメントファイル形式
推奨事項
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework パフォーマンスガイド
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報