Previous Next

利用できるリソースプラグイン

ここではZend_Applicationにおいて既定で利用可能なリソースプラグインの すべてについて、APIのようにドキュメントをご覧いただけます。

Zend_Application_Resource_Cachemanager

Zend_Application_Resource_Cachemanager may be utilised to configure a set of Zend_Cache option bundles for use when lazy loading caches using Zend_Cache_Manager

As the Cache Manager is a lazy loading mechanism, the options are translated to option templates used to instantiate a cache object on request.

例1 Sample Cachemanager resource configuration

Below is a sample INI file showing how Zend_Cache_Manager may be configured. The format is the Cachemanager resource prefix (resources.cachemanager) followed be the name to assign to an option cache template or bundle (e.g. resources.cachemanager.database) and finally followed by a typical Zend_Cache option.

resources.cachemanager.database.frontend.name = Core
resources.cachemanager.database.frontend.customFrontendNaming = false
resources.cachemanager.database.frontend.options.lifetime = 7200
resources.cachemanager.database.frontend.options.automatic_serialization = true
resources.cachemanager.database.backend.name = File
resources.cachemanager.database.backend.customBackendNaming = false
resources.cachemanager.database.backend.options.cache_dir = "/path/to/cache"
resources.cachemanager.database.frontendBackendAutoload = false

Actually retrieving this cache from the Cache Manager is as simple as accessing an instance of the Manager (Zend_Cache_Manager) retrieved from Zend_Application_Resource_Cachemanager and calling Zend_Cache_Manager::getCache('database'). The example below is taken from a controller where the bootstrap class can be accessed as a Front Controller parameter (which is automatically assigned during bootstrapping). As you can see, the Cache Manager Resource implements a getCacheManager() method to retrieve the bootstrapped instance of Zend_Cache_Manager.

$manager = $this->getFrontController()
            ->getParam('bootstrap')
            ->getResource('cachemanager')
            ->getCacheManager();
$dbCache = $manager->getCache('database');

See Zend_Cache::factory() method to get a description of the default values you can assign when configuring a cache via a configuration file such as out example INI file above.

Zend_Application_Resource_Db

Zend_Application_Resource_Dbは、 それに渡されるオプションに基づいてZend_Dbアダプタを初期化します。 デフォルトで、Zend_Db_Table用のデフォルト・アダプタとして、 アダプタを設定します。 複数のデータベースを同時に利用したい場合、 Multidb リソース・プラグイン を利用できます。

以下の構成キーが認識されます:

  • adapter: Zend_Dbアダプタ・タイプ

  • params: アダプタ・インスタンスを取得するときに使う構成パラメータの連想配列です。

  • isDefaultTableAdapter: アダプタをデフォルト・テーブル・アダプタとして確立するべきかどうか。

  • defaultMetadataCache: the name of the cache template or an instance of Zend_Cache_Core to use as metadata cache for Zend_Db_Table.

例2 DBアダプタ・リソース構成サンプル

下記は、DBリソースを初期化するために使えるINI構成サンプルです。

[production]
resources.db.adapter = "pdo_mysql"
resources.db.params.host = "localhost"
resources.db.params.username = "webuser"
resources.db.params.password = "XXXXXXX"
resources.db.params.dbname = "test"
resources.db.isDefaultTableAdapter = true

; Optionally you can also the cache template to use for metadata caching:
resources.db.defaultMetadataCache = "database"

注意: アダプタのインスタンスを取得する

このリソースでインスタンス化されるアダプタを デフォルト・テーブル・アダプタにしないことを選ぶなら、 あなたはどうやってアダプタ・インスタンスを取得しますか?

どんなリソース・プラグインでも、 ブートストラップからDBリソース・プラグインを取ってくることができます:

$resource = $bootstrap->getPluginResource('db');

一旦リソースオブジェクトを所有するなら、 getDbAdapter()メソッドを用いてDBアダプタを取ってくることができます:

$db = $resource->getDbAdapter();

Zend_Application_Resource_Dojo

Zend_Application_Resource_Dojo can be used to configure the Zend_Dojo viewhelpers.

例3 Sample Dojo resource configuration

Below is a sample INI file showing how Zend_Dojo can be enabled.

resources.dojo.enable = true ; Always load the Dojo javascript files

The Zend_Dojo resource plugin utilises the options for the Zend_Dojo_View_Helper_Dojo_Container::setOptions() to configure the viewhelpers. Please see the Zend_Dojo chapter for full descriptions and available options.

Zend_Application_Resource_Frontcontroller

おそらく、あなたがZend_Applicationでロードする 最も一般的なリソースはフロントコントローラ・リソースです。 そして、それはZend_Controller_Frontを構成する能力を提供します。 このリソースは、 任意のフロントコントローラ・パラメータを設定したり、初期化するプラグインを指定したり、 そのほかにも能力を提供します。

一旦初期化されると、 リソースはブートストラップの$frontControllerプロパティを Zend_Controller_Frontインスタンスに割り当てます。

利用できる構成キーは以下を含みます。大文字と小文字の区別をしません:

  • controllerDirectory: コントローラ・ディレクトリを単独で指定している文字列値か、 またはモジュールからコントローラ・ディレクトリへの連想配列。

  • moduleControllerDirectoryName: コントローラを含むモジュールの配下でサブディレクトリを示す文字列値

  • moduleDirectory: モジュールが見つかるかもしれないディレクトリ

  • defaultControllerName: デフォルト・コントローラの基底名。(通常は "index")

  • defaultAction: デフォルト・アクションの基底名。(通常は "index")

  • defaultModule: デフォルト・モジュールの基底名。(通常は "default")

  • baseUrl: アプリケーションに対して明示された基底URL (通常は自動検出)

  • plugins: フロントコントローラのプラグイン・クラス名配列 このリソースは、各々のクラスを(コンストラクタ引数なしで)インスタンス化して、 それからフロントコントローラでインスタンスを登録します。 If you want to register a plugin with a particular stack index, you need to provide an array with two keys class and stackIndex.

  • params: フロントコントローラに登録する連想配列

  • returnresponse: whether or not to return the response object after dispatching the front controller. Value should be a boolean; by default, this is disabled.

認識されていないキーが与えられると、 setParam()に渡すことで、 フロントコントローラ・パラメータとして登録されます。

例4 フロントコントローラ・リソース構成サンプル

下記は、フロントコントローラ・リソースを設定する方法を示すINIスニペット・サンプルです。

[production]
resources.frontController.controllerDirectory = APPLICATION_PATH "/controllers"
resources.frontController.moduleControllerDirectoryName = "actions"
resources.frontController.moduleDirectory = APPLICATION_PATH "/modules"
resources.frontController.defaultControllerName = "site"
resources.frontController.defaultAction = "home"
resources.frontController.defaultModule = "static"
resources.frontController.baseUrl = "/subdir"
resources.frontController.plugins.foo = "My_Plugin_Foo"
resources.frontController.plugins.bar = "My_Plugin_Bar"
resources.frontController.plugins.baz.class = "My_Plugin_Baz"
resources.frontController.plugins.baz.stackIndex = 123
resources.frontController.returnresponse = 1
resources.frontController.env = APPLICATION_ENV

; The following proxies to: Zend_Controller_Action_HelperBroker::addPath('Helper_Path', $helperPrefix);
resources.frontController.actionHelperPaths.HELPER_Prefix = "My/Helper/Path"

例5 ブートストラップでフロントコントローラを取得

一旦フロントコントローラ・リソースが初期化されたら、 ブートストラップの$frontControllerプロパティを通じて フロントコントローラ・インスタンスを取ってくることができます。

$bootstrap->bootstrap('frontController');
$front = $bootstrap->frontController;

Zend_Application_Resource_Layout

Zend_Application_Resource_Layoutは、 Zend_Layoutを構成するために使用できます。 構成オプションは、Zend_Layout オプション毎にあります。

例6 レイアウト構成サンプル

下記は、レイアウト・リソースを設定する方法を示す、 INIスニペット・サンプルです。

resources.layout.layout = "NameOfDefaultLayout"
resources.layout.layoutPath = "/path/to/layouts"

Zend_Application_Resource_Locale

Zend_Application_Resource_Locale can be used to set an application-wide locale which is then used in all classes and components which work with localization or internationalization.

There are basically three usecases for the Locale Resource Plugin. Each of them should be used depending on the applications need.

Autodetect the locale to use

Without specifying any options for Zend_Application_Resource_Locale, Zend_Locale will detect the locale, which your application will use, automatically.

This detection works because your client sends the wished language within his HTTP request. Normally the clients browser sends the languages he wants to see, and Zend_Locale uses this information for detection.

But there are 2 problems with this approach:

  • The browser could be setup to send no language

  • The user could have manually set a locale which does not exist

In both cases Zend_Locale will fallback to other mechanism to detect the locale:

  • When a locale has been set which does not exist, Zend_Locale tries to downgrade this string.

    When, for example, en_ZZ is set it will automatically be degraded to en. In this case en will be used as locale for your application.

  • When the locale could also not be detected by downgrading, the locale of your environment (web server) will be used. Most available environments from Web Hosters use en as locale.

  • When the systems locale could not be detected Zend_Locale will use it's default locale, which is set to en per default.

For more informations about locale detection take a look into this chapter on Zend_Locale's automatic detection.

Autodetect the locale and adding a own fallback

The above autodetection could lead to problems when the locale could not be detected and you want to have another default locale than en. To prevent this, Zend_Application_Resource_Locale allows you to set a own locale which will be used in the case that the locale could not be detected.

例7 Autodetect locale and setting a fallback

The following snippet shows how to set a own default locale which will be used when the client does not send a locale himself.

; Try to determine automatically first,
; if unsuccessful, use nl_NL as fallback.
resources.locale.default = "nl_NL"

Forcing a specific locale to use

Sometimes it is useful to define a single locale which has to be used. This can be done by using the force option.

In this case this single locale will be used and the automatic detection is turned off.

例8 Defining a single locale to use

The following snippet shows how to set a single locale for your entire application.

; No matter what, the nl_NL locale will be used.
resources.locale.default = "nl_NL"
resources.locale.force = true

Zend_Application_Resource_Log

任意の数のログ・ライタとともに Zend_Logインスタンスを 生成するものが Zend_Application_Resource_Log です。 構成は Zend_Log::factory() メソッドに渡され、 ログ・ライタとフィルタの組合せを指定できます。 それから、ログ・インスタンスはイベントを記録するために、 後でブートストラップから取得されることがあります。

例9 ログ・リソース構成サンプル

下記は、ログ・リソースを設定する方法を示す、 INIスニペット・サンプルです。

resources.log.stream.writerName = "Stream"
resources.log.stream.writerParams.stream = APPLICATION_PATH "/../data/logs/application.log"
resources.log.stream.writerParams.mode = "a"
resources.log.stream.filterName = "Priority"
resources.log.stream.filterParams.priority = 4

利用可能なオプションについての詳細は、Zend_Log::factory() ドキュメント をチェックしてください。

Zend_Application_Resource_Mail

Zend_Application_Resource_Mail は、 Zend_Mail 用のトランスポートをインスタンス化したり、 既定の名前やアドレス、さらに replyto の名前やアドレスを設定するために使われます。

トランスポートがインスタンス化されると、自動的に Zend_Mail に登録されます。ただし、 transport.register ディレクティブを FALSE に設定すると、この動作は行なわれなくなります。

例10 メール・リソース構成サンプル

下記は、メール・リソースプラグインを設定する方法を示す、 INIスニペット・サンプルです。

resources.mail.transport.type = smtp
resources.mail.transport.host = "smtp.example.com"
resources.mail.transport.auth = login
resources.mail.transport.username = myUsername
resources.mail.transport.password = myPassword
resources.mail.transport.register = true ; True by default

resources.mail.defaultFrom.email = john@example.com
resources.mail.defaultFrom.name = "John Doe"
resources.mail.defaultReplyTo.email = Jane@example.com
resources.mail.defaultReplyTo.name = "Jane Doe"

Zend_Application_Resource_Modules

Zend_Application_Resource_Modulesは、 アプリケーションモジュールを初期化するために使われます。 モジュールのルートにBootstrap.phpファイルがあるなら、 Module_Bootstrapという名前のクラスを含みます、 ( "Module" のところがモジュール名です) そして、モジュールをブートするためにそのクラスを使用します。

Zend_Application_Module_Autoloaderのインスタンスは、 それを初期化するためにモジュール名とディレクトリを使用して、 モジュールのためにデフォルトで作成されます。

Modules リソースはデフォルトでは何も引数を受け取らないので、 設定で有効にするには空の配列として作成しなければなりません。 INI 形式で設定する場合は次のようになります。

resources.modules[] =

XML 形式で設定する場合は次のようになります。


    
        
        
    

標準の PHP 配列を使用する場合は、単純に空の配列を作成します。

$options = array(
    'resources' => array(
        'modules' => array(),
    ),
);

注意: フロントコントローラ・リソース依存

モジュール・リソースは、フロントコントローラ・リソース に依存します。 もちろん、あつらえのフロントコントローラ・リソースクラスまたはクラス・イニシャライザ・メソッドによって そのリソース自身の代用を提供できます。 "Frontcontroller" で終るリソース・プラグイン・クラスや "_initFrontController" という名前のイニシャライザ・メソッドである限りは。 (大文字と小文字の区別をしません)

例11 モジュールの設定

構成ファイルのプレフィックスまたはサブセクションとして モジュール名を使用しているモジュール固有の構成を指定できます。

たとえば、アプリケーションに "news" モジュールがあると仮定します。 下記は、そのモジュールでリソースの構成を示すINIXMLの例です。

[production]
news.resources.db.adapter = "pdo_mysql"
news.resources.db.params.host = "localhost"
news.resources.db.params.username = "webuser"
news.resources.db.params.password = "XXXXXXX"
news.resources.db.params.dbname = "news"


    
        
            
                
                    pdo_mysql
                    
                        localhost
                        webuser
                        XXXXXXX
                        news
                    
                    true
                
            
        
    

例12 特定のモジュール・ブートストラップを取得する

時には、特定のモジュールのためにブートストラップ・オブジェクトを取得する必要があるかもしれません おそらくは別々のブートストラップ・メソッドを実行するためや、 それを構成するためのオートローダを引き出すために。 これは、モジュール・リソースの getExecutedBootstraps()メソッドを使用して行なえます。

$resource = $bootstrap->getPluginResource('modules');
$moduleBootstraps = $resource->getExecutedBootstraps();
$newsBootstrap = $moduleBootstraps['news'];

Zend_Application_Resource_Multidb

Zend_Application_Resource_Multidb is used to initialize multiple Database connections. You can use the same options as you can with the Db Resource Plugin. However, for specifying a default connection, you can also use the 'default' directive.

例13 Setting up multiple Db Connections

Below is an example INI configuration that can be used to initialize two Db Connections.

[production]
resources.multidb.db1.adapter = "pdo_mysql"
resources.multidb.db1.host = "localhost"
resources.multidb.db1.username = "webuser"
resources.multidb.db1.password = "XXXX"
resources.multidb.db1.dbname = "db1"

resources.multidb.db2.adapter = "pdo_pgsql"
resources.multidb.db2.host = "example.com"
resources.multidb.db2.username = "dba"
resources.multidb.db2.password = "notthatpublic"
resources.multidb.db2.dbname = "db2"
resources.multidb.db2.default = true

例14 Retrieving a specific database adapter

When using this resource plugin you usually will want to retrieve a specific database. This can be done by using the resource's getDb(). The method getDb() returns an instance of a class that extends Zend_Db_Adapter_Abstract. If you have not set a default database, an exception will be thrown when this method is called without specifying a parameter.

$resource = $bootstrap->getPluginResource('multidb');
$db1 = $resource->getDb('db1');
$db2 = $resource->getDb('db2');
$defaultDb = $resource->getDb();

例15 Retrieving the default database adapter

Additionally, you can retrieve the default database adapter by using the method getDefaultDb(). If you have not set a default adapter, the first configured db adapter will be returned. Unless you specify FALSE as first parameter, then NULL will be returned when no default database adapter was set.

Below is an example that assumes the Multidb resource plugin has been configured with the INI sample above:

$resource = $bootstrap->getPluginResource('multidb');
$db2 = $resource->getDefaultDb();

// Same config, but now without a default db:
$db1 = $resource->getDefaultDb();
$null = $resource->getDefaultDb(false); // null

Zend_Application_Resource_Navigation

Zend_Application_Resource_Navigationは、 Zend_Navigationインスタンスを構成するために使用できます。 構成オプションは、Zend_Navigation オプション毎にあります。

一旦ナビゲーション・インスタンスを構成すると、 それはデフォルトでインスタンスを Zend_View_Helper_Navigationに割り当てます、 そこから、後でそれを取得するかもしれません。

例16 ナビゲーション・リソース構成の例

下記は、ナビゲーション・リソースを設定する方法を示す、 INIスニペットの例です。

resources.navigation.pages.page1.label = "Label of the first page"
resources.navigation.pages.page1.route = "Route that belongs to the first page"

; Page 2 is a subpage of page 1
resources.navigation.pages.page1.pages.page2.type = "Zend_Navigation_Page_Uri"
resources.navigation.pages.page1.pages.page2.label = "Label of the second page"
resources.navigation.pages.page1.pages.page2.uri = "/url/to/page/2"

Zend_Application_Resource_Router

Zend_Application_Resource_Routerは、 フロント・コントローラで登録されるようにルータを構成するために利用できます。 構成オプションは、 Zend_Controller_Router_Route オプション毎にあります。

例17 ルータ・リソース構成の例

下記は、ルータ・リソースを設定する方法を示す、 INIスニペットの例です。

resources.router.routes.route_id.route = "/login"
resources.router.routes.route_id.defaults.module = "user"
resources.router.routes.route_id.defaults.controller = "login"
resources.router.routes.route_id.defaults.action = "index"

; 任意でチェイン・ネーム・セパレータも設定できます。
resources.router.chainNameSeparator = "_"

チェイン・ネーム・セパレータについての詳細は、 この節 をご覧ください。

Zend_Application_Resource_Session

Zend_Application_Resource_Session によって、任意にセッションSaveHandlerを初期化するだけでなく、 Zend_Sessionを構成できます。

セッション保存ハンドラを配置するためには、 単にリソースのsaveHandlerオプション・キーを渡してください。 (大文字と小文字の区別をしません) このオプションの値は、以下のうちの1つでしょう:

  • String: インスタンス化されるべきZend_Session_SaveHandler_Interfaceを 実装するクラスを示す文字列

  • Array: インスタンス化されるべきZend_Session_SaveHandler_Interfaceを実装しているクラスと そのコンストラクタに与えるオプションの配列を示す、 "class" 及び、任意で "options"キーを持つ配列

  • Zend_Session_SaveHandler_Interface: このインターフェースを実装するオブジェクト

渡されたオプション・キーはいずれも、 Zend_Sessionを構成するために、 Zend_Session::setOptions()に渡されます。

例18 セッション・リソース構成サンプル

下記は、セッション・リソースを設定する方法を示すINIスニペット・サンプルです。 Zend_Session_SaveHandler_DbTableインスタンスを構成するだけではなく、 Zend_Sessionオプションをいくつか設定します。

resources.session.save_path = APPLICATION_PATH "/../data/session"
resources.session.use_only_cookies = true
resources.session.remember_me_seconds = 864000
resources.session.saveHandler.class = "Zend_Session_SaveHandler_DbTable"
resources.session.saveHandler.options.name = "session"
resources.session.saveHandler.options.primary.session_id = "session_id"
resources.session.saveHandler.options.primary.save_path = "save_path"
resources.session.saveHandler.options.primary.name = "name"
resources.session.saveHandler.options.primaryAssignment.sessionId = "sessionId"
resources.session.saveHandler.options.primaryAssignment.sessionSavePath = "sessionSavePath"
resources.session.saveHandler.options.primaryAssignment.sessionName = "sessionName"
resources.session.saveHandler.options.modifiedColumn = "modified"
resources.session.saveHandler.options.dataColumn = "session_data"
resources.session.saveHandler.options.lifetimeColumn = "lifetime"

注意: 最初にデータベースを起動してください!

もしZend_Session_SaveHandler_DbTableセッション保存ハンドラを構成しているなら、 それが機能するためのデータベース接続を最初に構成しなければなりません。 いずれでも、Dbリソースを用いてこれを実行してください。 "resources.db" キーが "resources.session" キーよりも優先されることを確認してください。 あるいは、データベースを初期化するあなた自身のリソースを書くことによって。 そして、特にデフォルトZend_Db_Tableアダプタを設定します。

Zend_Application_Resource_View

Zend_Application_Resource_ViewZend_Viewの インスタンスを設定するために使用できます。設定オプションは Zend_Viewオプションに 従います。

一旦ビューのインスタンスを設定したら、 Zend_Controller_Action_Helper_ViewRendererのインスタンスを 作成して、Zend_Controller_Action_HelperBroker (後ほどそこから取得できるでしょう)でViewRendererを登録します。

例19 サンプルビューリソースの設定

下記はビューリソースを設定する方法を示す INI スニペットサンプルです。

resources.view.encoding = "UTF-8"
resources.view.basePath = APPLICATION_PATH "/views/"
Previous Next
Zend Framework の紹介
概要
インストール
Learning Zend Framework
Zend Framework Quick Start
Zend Framework & MVC Introduction
Create Your Project
Create A Layout
Create a Model and Database Table
Create A Form
Congratulations!
Autoloading in Zend Framework
Introduction
Goals and Design
Basic Autoloader Usage
Resource Autoloading
Conclusion
Plugins in Zend Framework
Introduction
Using Plugins
Conclusion
Getting Started with Zend_Layout
Introduction
Using Zend_Layout
Zend_Layout: Conclusions
Getting Started Zend_View Placeholders
Introduction
Basic Placeholder Usage
Standard Placeholders
View Placeholders: Conclusion
Understanding and Using Zend Form Decorators
Introduction
Decorator Basics
Layering Decorators
Rendering Individual Decorators
Creating and Rendering Composite Elements
Conclusion
Getting Started with Zend_Session, Zend_Auth, and Zend_Acl
Building Multi-User Applications With Zend Framework
Managing User Sessions In ZF
Authenticating Users in Zend Framework
Building an Authorization System in Zend Framework
Getting Started with Zend_Search_Lucene
Zend_Search_Lucene Introduction
Lucene Index Structure
Index Opening and Creation
Indexing
Searching
Supported queries
Search result pagination
Getting Started with Zend_Paginator
Introduction
Simple Examples
Pagination Control and ScrollingStyles
Putting it all Together
Zend Framework リファレンス
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Barcode
導入
Barcode creation using Zend_Barcode class
Zend_Barcode Objects
Zend_Barcode Renderers
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
The Cache Manager
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGenerator リファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
Zend_Currency
Zend_Currency について
Using Zend_Currency
Options for currencies
What makes a currency?
Where is the currency?
How does the currency look like?
How much is my currency?
Calculating with currencies
Exchanging currencies
Additional informations on Zend_Currency
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Db_Table_Definition
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
基本的な使用法
Previous Exceptions (前の例外)
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_Feed_Writer
Zend_Feed_Pubsubhubbub
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
Basic Usage
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Using the Factory to Create a Log
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Markup
導入
さあ始めましょう
Zend_Markup パーサー
Zend_Markup レンダラー
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Zend_Oauth
Introduction to OAuth
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Serializer
Introduction
Zend_Serializer_Adapter
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Storage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_DeveloperGarden
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_LiveDocx
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_WindowsAzure
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Test_PHPUnit_Db
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool
Using Zend_Tool On The Command Line
Extending Zend_Tool
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend Toolプロジェクトプロバイダー
Zend_Tool_Project内部
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_JQuery
Introduction
ZendX_JQuery View Helpers
ZendX_JQuery Form Elements and Decorators
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework 移行上の注意
Zend Framework 1.10
Zend Framework 1.9
Zend Framework 1.8
Zend Framework 1.7
Zend Framework 1.6
Zend Framework 1.5
Zend Framework 1.0
Zend Framework 0.9
Zend Framework 0.8
Zend Framework 0.6
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Documentation Standard
Overview
Documentation File Formatting
Recommendations
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework パフォーマンスガイド
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報