Previous Next

Zend Framework 1.10

以前のバージョンから Zend Framework 1.10 またはそれ以降に更新する際は、 下記の移行上の注意点に注意すべきです。

Zend_Controller_Front

A wrong behaviour was fixed, when there was no module route and no route matched the given request. Previously, the router returned an unmodified request object, so the front controller just displayed the default controller and action. Since Zend Framework 1.10, the router will correctly as noted in the router interface, throw an exception if no route matches. The error plugin will then catch that exception and forward to the error controller. You can then test for that specific error with the constant Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_ROUTE:

/**
 * Before 1.10
 */
    public function errorAction()
    {
        $errors = $this->_getParam('error_handler');

        switch ($errors->type) {
            case Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_CONTROLLER:
            case Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_ACTION:
    // ...

/**
 * With 1.10
 */
    public function errorAction()
    {
        $errors = $this->_getParam('error_handler');

        switch ($errors->type) {
            case Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_ROUTE:
            case Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_CONTROLLER:
            case Zend_Controller_Plugin_ErrorHandler::EXCEPTION_NO_ACTION:
    // ...

Zend_Feed_Reader

With the introduction of Zend Framework 1.10, Zend_Feed_Reader's handling of retrieving Authors and Contributors was changed, introducing a break in backwards compatibility. This change was an effort to harmonise the treatment of such data across the RSS and Atom classes of the component and enable the return of Author and Contributor data in more accessible, usable and detailed form. It also rectifies an error in that it was assumed any author element referred to a name. In RSS this is incorrect as an author element is actually only required to provide an email address. In addition, the original implementation applied its RSS limits to Atom feeds significantly reducing the usefulness of the parser with that format.

The change means that methods like getAuthors() and getContributors no longer return a simple array of strings parsed from the relevant RSS and Atom elements. Instead, the return value is an ArrayObject subclass called Zend_Feed_Reader_Collection_Author which simulates an iterable multidimensional array of Authors. Each member of this object will be a simple array with three potential keys (as the source data permits). These include: name, email and uri.

The original behaviour of such methods would have returned a simple array of strings, each string attempting to present a single name, but in reality this was unreliable since there is no rule governing the format of RSS Author strings.

The simplest method of simulating the original behaviour of these methods is to use the Zend_Feed_Reader_Collection_Author's getValues() which also returns a simple array of strings representing the "most relevant data", for authors presumed to be their name. Each value in the resulting array is derived from the "name" value attached to each Author (if present). In most cases this simple change is easy to apply as demonstrated below.

/**
 * Before 1.10
 */
$feed = Zend_Feed_Reader::import('http://example.com/feed');
$authors = $feed->getAuthors();

/**
 * With 1.10
 */
$feed = Zend_Feed_Reader::import('http://example.com/feed');
$authors = $feed->getAuthors()->getValues();

Zend_File_Transfer

Security change

For security reasons Zend_File_Transfer does no longer store the original mimetype and filesize which is given from the requesting client into its internal storage. Instead the real values will be detected at initiation.

Additionally the original values within $_FILES will be overridden within the real values at initiation. This makes also $_FILES secure.

When you are in need of the original values you can either store them before initiating Zend_File_Transfer or use the disableInfos option at initiation. Note that this option is useless when its given after initiation.

Count 検証

リリース 1.10 より前は MimeType バリデータが誤った命名を使っていました。 一貫性のために、下記の定数が変更されました。

変更された検証メッセージ
TOO_MUCH TOO_MANY Too many files, maximum '%max%' are allowed but '%count%' are given
TOO_LESS TOO_FEW Too few files, minimum '%min%' are expected but '%count%' are given

コード内でこれらのメッセージを翻訳している場合、新しい定数を使います。 利点として、正しいつづりを得るために、本来の文字列を翻訳する必要はもうありません。

Zend_Filter_HtmlEntities

In order to default to a more secure character encoding, Zend_Filter_HtmlEntities now defaults to UTF-8 instead of ISO-8859-1.

Additionally, because the actual mechanism is dealing with character encodings and not character sets, two new methods have been added, setEncoding() and getEncoding(). The previous methods setCharSet() and setCharSet() are now deprecated and proxy to the new methods. Finally, instead of using the protected members directly within the filter() method, these members are retrieved by their explicit accessors. If you were extending the filter in the past, please check your code and unit tests to ensure everything still continues to work.

Zend_Filter_StripTags

Zend_Filter_StripTags contains a flag, commentsAllowed, that, in previous versions, allowed you to optionally whitelist HTML comments in HTML text filtered by the class. However, this opens code enabling the flag to XSS attacks, particularly in Internet Explorer (which allows specifying conditional functionality via HTML comments). Starting in version 1.9.7 (and backported to versions 1.8.5 and 1.7.9), the commentsAllowed flag no longer has any meaning, and all HTML comments, including those containing other HTML tags or nested commments, will be stripped from the final output of the filter.

Zend_Translate

Xliff アダプタ

過去には Xliff アダプタはソースの文字列をメッセージ Id として使いました。 Xliff 標準に沿って、翻訳単位 Id が使われるべきです。 この振る舞いは Zend Framework 1.10 で修正されました。 今では既定では翻訳単位 Id はメッセージId として使われます。

しかし、 useId オプションを FALSE に設定することにより、 正しくなくて古い振る舞いをまだ得られます。

$trans = new Zend_Translate(
    'xliff', '/path/to/source', $locale, array('useId' => false)
);

Zend_Validate

書かれたバリデータ自身

かかれたバリデータ自身の内部からエラーを返すよう設定するときは、 _error()メソッドを呼ばなくてはいけません。 Zend Framework 1.10 以前では、パラメータを与えなくてもこのメソッドを呼び出せました。 そこで、最初に見つかったメッセージテンプレートを使いました。

この振る舞いには、一つ以上の異なるメッセージを返すバリデータを使うときに問題があります。 また、既存のバリデータを拡張すると、予期しない結果を得ることもあります。 このせいで、あなたが期待した通りではないメッセージにユーザーが遭遇することにもなりました。

My_Validator extends Zend_Validate_Abstract
{
    public isValid($value)
    {
        ...
        $this->_error(); // 異なるOS間での予期されない結果
        ...
    }
}

この問題を防ぐために、 _error()メソッドにパラメータを与えないで呼び出すことは、 もはやできなくなります。

My_Validator extends Zend_Validate_Abstract
{
    public isValid($value)
    {
        ...
        $this->_error(self::MY_ERROR); // 定義されたエラー、予期されない結果ではありません
        ...
    }
}

日付バリデータの簡略化

Zend Framework 1.10 以前では、同一の2つのメッセージが、 日付バリデータ内でスローされていました。 これらは、NOT_YYYY_MM_DDFALSEFORMATでした。 Zend Framework 1.10 現在では、 与えられた日付が設定されたフォーマットに一致しない場合、 FALSEFORMATメッセージだけが返されます。

Alpha、Alnum及びBarcodeバリデータの修正

Zend Framework 1.10 以前では、バーコード・アダプタ2種類と、 Alpha 及び Alnum バリデータ内のメッセージが同一でした。 このため、カスタムのメッセージ、翻訳、 またはこれらのバリデータの複数のインスタンスを使うときに問題がありました。

Zend Framework 1.10 では、定数値は、一意であるように変更されました。 マニュアルで提案されたように定数を使ったときには、変更がありません。 しかし、コードで定数の内容を使ったときには、 それらを変更しなければなりません。 下記の表では変更された値を示します。

利用可能なバリデータのメッセージ
バリデータ 定数
Alnum STRING_EMPTY alnumStringEmpty
Alpha STRING_EMPTY alphaStringEmpty
Barcode_Ean13 INVALID ean13Invalid
Barcode_Ean13 INVALID_LENGTH ean13InvalidLength
Barcode_UpcA INVALID upcaInvalid
Barcode_UpcA INVALID_LENGTH upcaInvalidLength
Digits STRING_EMPTY digitsStringEmpty
Previous Next
Zend Framework の紹介
概要
インストール
Learning Zend Framework
Zend Framework Quick Start
Zend Framework & MVC Introduction
Create Your Project
Create A Layout
Create a Model and Database Table
Create A Form
Congratulations!
Autoloading in Zend Framework
Introduction
Goals and Design
Basic Autoloader Usage
Resource Autoloading
Conclusion
Plugins in Zend Framework
Introduction
Using Plugins
Conclusion
Getting Started with Zend_Layout
Introduction
Using Zend_Layout
Zend_Layout: Conclusions
Getting Started Zend_View Placeholders
Introduction
Basic Placeholder Usage
Standard Placeholders
View Placeholders: Conclusion
Understanding and Using Zend Form Decorators
Introduction
Decorator Basics
Layering Decorators
Rendering Individual Decorators
Creating and Rendering Composite Elements
Conclusion
Getting Started with Zend_Session, Zend_Auth, and Zend_Acl
Building Multi-User Applications With Zend Framework
Managing User Sessions In ZF
Authenticating Users in Zend Framework
Building an Authorization System in Zend Framework
Getting Started with Zend_Search_Lucene
Zend_Search_Lucene Introduction
Lucene Index Structure
Index Opening and Creation
Indexing
Searching
Supported queries
Search result pagination
Getting Started with Zend_Paginator
Introduction
Simple Examples
Pagination Control and ScrollingStyles
Putting it all Together
Zend Framework リファレンス
Zend_Acl
導入
アクセス制御の洗練
高度な使用法
Zend_Amf
導入
Zend_Amf_Server
Zend_Application
導入
Zend_Application クイックスタート
Theory of Operation
コア機能
利用できるリソースプラグイン
Zend_Auth
導入
データベースのテーブルでの認証
ダイジェスト認証
HTTP 認証アダプタ
LDAP 認証
Open ID 認証
Zend_Barcode
導入
Barcode creation using Zend_Barcode class
Zend_Barcode Objects
Zend_Barcode Renderers
Zend_Cache
導入
キャッシュの仕組み
Zend_Cache のフロントエンド
Zend_Cache のバックエンド
The Cache Manager
Zend_Captcha
導入
Captcha の方法
CAPTCHA アダプタ
Zend_CodeGenerator
導入
Zend_CodeGeneratorサンプル
Zend_CodeGenerator リファレンス
Zend_Config
導入
動作原理
Zend_Config_Ini
Zend_Config_Xml
Zend_Config_Writer
Zend_Config_Writer
Zend_Console_Getopt
導入
Getopt の規則の宣言
オプションおよび引数の取得
Zend_Console_Getopt の設定
Zend_Controller
Zend_Controller クイックスタート
Zend_Controller の基本
フロントコントローラ
リクエストオブジェクト
標準のルータ
ディスパッチャ
アクションコントローラ
アクションヘルパー
レスポンスオブジェクト
プラグイン
モジュラーディレクトリ構造の規約の使用
MVC での例外
Zend_Currency
Zend_Currency について
Using Zend_Currency
Options for currencies
What makes a currency?
Where is the currency?
How does the currency look like?
How much is my currency?
Calculating with currencies
Exchanging currencies
Additional informations on Zend_Currency
Zend_Date
導入
動作原理
基本メソッド
Zend_Date API の概要
日付の作成
日付関数全般用の定数
動作例
Zend_Db
Zend_Db_Adapter
Zend_Db_Statement
Zend_Db_Profiler
Zend_Db_Select
Zend_Db_Table
Zend_Db_Table_Row
Zend_Db_Table_Rowset
導入
Zend_Db_Table_Definition
Zend_Debug
変数の出力
Zend_Dojo
導入
Zend_Dojo_Data: dojo.data エンベロープ
Dojo ビューヘルパー
Dojoフォーム要素とデコレーター
Zend_Dojo build layer support
Zend_Dom
導入
Zend_Dom_Query
Zend_Exception
例外の使用法
基本的な使用法
Previous Exceptions (前の例外)
Zend_Feed
導入
フィードの読み込み
ウェブページからのフィードの取得
RSS フィードの使用
Atom フィードの使用
単一の Atom エントリの処理
フィードおよびエントリの構造の変更
独自のフィードクラスおよびエントリクラス
Zend_Feed_Reader
Zend_Feed_Writer
Zend_Feed_Pubsubhubbub
Zend_File
Zend_File_Transfer
Zend_File_Transfer 用のバリデータ
Filters for Zend_File_Transfer
Zend_Filter
導入
標準のフィルタクラス群
フィルタチェイン
フィルタの書き方
Zend_Filter_Input
Zend_Filter_Inflector
Zend_Form
Zend_Form
Zend_Form クイックスタート
Zend_Form_Element を用いたフォーム要素の作成
Zend_Form によるフォームの作成
Zend_Form_Decorator による独自のフォームマークアップの作成
Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素
Zend Framework に同梱されている標準のデコレータ
Zend_Form の国際化
Zend_Form の高度な使用法
Zend_Gdata
導入
AuthSub による認証
Using the Book Search Data API
ClientLogin による認証
Google Calendar の使用法
Google Documents List Data API の使用法
Using Google Health
Google Spreadsheets の使用法
Google Apps Provisioning の使用法
Google Base の使用法
Picasa Web Albums の使用法
YouTube Data API の使用法
Gdata の例外処理
Zend_Http
導入
Zend_Http_Client - 高度な使用法
Zend_Http_Client - 接続アダプタ
Zend_Http_Cookie および Zend_Http_CookieJar
Zend_Http_Response
Zend_InfoCard
導入
Zend_Json
導入
Basic Usage
Zend_Json の高度な使用法
XML から JSON への変換
Zend_Json_Server - JSON-RPCサーバー
Zend_Layout
導入
Zend_Layout クイックスタート
Zend_Layout の設定オプション
Zend_Layout の高度な使用法
Zend_Ldap
導入
API概要
利用シナリオ
ツール
Zend_Ldap_Nodeを使用してLDAPツリーへのオブジェクト指向アクセス
LDAPサーバから情報を取得
LDIFへ、または、からのLDAPデータシリアライズ
Zend_Loader
ファイルやクラスの動的な読み込み
The Autoloader
Resource Autoloaders
プラグインのロード
Zend_Locale
導入
Zend_Locale の使用法
正規化および地域化
日付および時刻の扱い
サポートするロケール
Zend_Log
概要
ライター
フォーマッタ
フィルタ
Using the Factory to Create a Log
Zend_Mail
導入
SMTP 経由での送信
SMTP 接続による複数のメールの送信
異なる転送手段の使用
HTML メール
ファイルの添付
受信者の追加
MIME バウンダリの制御
追加のヘッダ
文字セット
エンコーディング
SMTP 認証
セキュアな SMTP トランスポート
メールメッセージの読み込み
Zend_Markup
導入
さあ始めましょう
Zend_Markup パーサー
Zend_Markup レンダラー
Zend_Measure
導入
計測値の作成
計測値の出力
計測値の操作
計測値の型
Zend_Memory
概要
メモリマネージャ
メモリオブジェクト
Zend_Mime
Zend_Mime
Zend_Mime_Message
Zend_Mime_Part
Zend_Navigation
導入
画面
Containers
Zend_Oauth
Introduction to OAuth
Zend_OpenId
導入
Zend_OpenId_Consumer の基本
Zend_OpenId_Provider
Zend_Paginator
導入
使用法
設定
高度な使用法
Zend_Pdf
導入
PDF ドキュメントの作成および読み込み
PDF ドキュメントへの変更内容の保存
ページの操作
描画
Interactive Features
ドキュメントの情報およびメタデータ
Zend_Pdf モジュールの使用例
Zend_ProgressBar
Zend_ProgressBar
Zend_Queue
導入
使用例
フレームワーク
アダプタ
Zend_Queueのカスタマイズ
Stomp
Zend_Reflection
導入
Zend_Reflectionサンプル
Zend_Reflectionリファレンス
Zend_Registry
レジストリの使用法
Zend_Rest
導入
Zend_Rest_Client
Zend_Rest_Server
Zend_Search_Lucene
概要
インデックスの構築
インデックスの検索
クエリ言語
クエリ作成用の API
文字セット
拡張性
Java Lucene との相互運用
応用
ベストプラクティス
Zend_Serializer
Introduction
Zend_Serializer_Adapter
Zend_Server
導入
Zend_Server_Reflection
Zend_Service
導入
Zend_Service_Akismet
Zend_Service_Amazon
Zend_Service_Amazon_Ec2
Zend_Service_Amazon_Ec2: Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Windows Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: Reserved Instances
Zend_Service_Amazon_Ec2: CloudWatch Monitoring
Zend_Service_Amazon_Ec2: Amazon Machine Images (AMI)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic Block Storage (EBS)
Zend_Service_Amazon_Ec2: Elastic IP Addresses
Zend_Service_Amazon_Ec2: Keypairs
Zend_Service_Amazon_Ec2:リージョンおよび利用可能ゾーン
Zend_Service_Amazon_Ec2: Security Groups
Zend_Service_Amazon_S3
Zend_Service_Amazon_Sqs
Zend_Service_Audioscrobbler
Zend_Service_Delicious
Zend_Service_DeveloperGarden
Zend_Service_Flickr
Zend_Service_LiveDocx
Zend_Service_Nirvanix
Zend_Service_ReCaptcha
Zend_Service_Simpy
導入
Zend_Service_StrikeIron
Zend_Service_StrikeIron: バンドルされているサービス
Zend_Service_StrikeIron: 応用編
Zend_Service_Technorati
Zend_Service_Twitter
Zend_Service_WindowsAzure
Zend_Service_Yahoo
Zend_Session
導入
基本的な使用法
高度な使用法
グローバルセッションの管理
Zend_Session_SaveHandler_DbTable
Zend_Soap
Zend_Soap_Server
Zend_Soap_Client
WSDLアクセッサ
自動検出
Zend_Tag
導入
Zend_Tag_Cloud
Zend_Test
導入
Zend_Test_PHPUnit
Zend_Test_PHPUnit_Db
Zend_Text
Zend_Text_Figlet
Zend_Text_Table
Zend_TimeSync
導入
Zend_TimeSync の動作
Zend_Tool
Using Zend_Tool On The Command Line
Extending Zend_Tool
Zend_Tool_Framework
導入
CLIツールの使用
アーキテクチャ
Zend_Tool_Frameworkを利用してプロバイダを作成する
出荷されたシステムプロバイダー
Extending and Configuring Zend_Tool_Framework
Zend_Tool_Project
導入
プロジェクトを作成
Zend Toolプロジェクトプロバイダー
Zend_Tool_Project内部
Zend_Translate
導入
Zend_Translate のアダプタ
翻訳アダプタの使用法
ソースファイルの作成
翻訳用の追加機能
Plural notations for Translation
Zend_Uri
Zend_Uri
Zend_Validate
導入
標準のバリデーションクラス群
バリデータチェイン
バリデータの書き方
検証メッセージ
Zend_Version
Zend Framework のバージョンの取得
Zend_View
導入
コントローラスクリプト
ビュースクリプト
ビューヘルパー
Zend_View_Abstract
Zend_Wildfire
Zend_Wildfire
Zend_XmlRpc
導入
Zend_XmlRpc_Client
Zend_XmlRpc_Server
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_Console_Process_Unix
ZendX_JQuery
Introduction
ZendX_JQuery View Helpers
ZendX_JQuery Form Elements and Decorators
Zend Framework のシステム要件
導入
Zend Framework 移行上の注意
Zend Framework 1.10
Zend Framework 1.9
Zend Framework 1.8
Zend Framework 1.7
Zend Framework 1.6
Zend Framework 1.5
Zend Framework 1.0
Zend Framework 0.9
Zend Framework 0.8
Zend Framework 0.6
Zend Framework PHP 標準コーディング規約
概要
PHP ファイルの書式
命名規約
コーディングスタイル
Zend Framework Documentation Standard
Overview
Documentation File Formatting
Recommendations
Zend Framework MVC アプリケーションのために推奨されるプロジェクト構造
概要
推奨されるプロジェクト・ディレクトリ構造
モジュール構造
リライト設定ガイド
Zend Framework パフォーマンスガイド
導入
クラスの読み込み
Zend_Dbパフォーマンス
国際化(i18n)とローカライズ(l10n)
ビューのレンダリング
著作権に関する情報